黒執事 シエル 双子 リジー

発行者: 05.03.2020

エリザベスはまだ嘘を付いている可能性 今回エリザベスは遂に 真シエルと坊ちゃんに対する気持ちを全て吐露したかのように見えました。 しかし、 エリザベスはまだ全てをエドワードに話したわけではない 可能性があります。 今回のエリザベスの発言の中で気になった点はこのセリフです。 エリザベス 「あたし自分がこんなにひどい女の子だなんて知りたくなかった!」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用 エリザベス 「シエルたちが良くないことをしてるのは何となくわかってた。でも、でもまたシエルが死んじゃったら、あたし…。」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用 これは、エリザベスにとって現在進行形のブーメランになっている可能性があります。 それこそが先ほど言った エリザベスがまだエドワードに打ち明けていない嘘 と関わるのではと考えています。 具体的に説明していきます エリザベスの嘘 エリザベスは現在進行形でまだ嘘を付いている可能性があります。 それは、 真シエルこそがシリウス様であり、坊ちゃんは無実であると知っているのに敢えて黙っている という点です。 スフィア・ミュージックホールが坊ちゃんに濡れ衣を着せた直後で、葬儀屋や真シエルは追い詰められた坊っちゃんを笑顔で見つめている描写があるのですが、エリザベスは坊っちゃんの方を観ようとせずその表情は思いつめるように暗いものとなっています。 真シエルにうまく言いくるめられ、真実を知らない可能性も無くはありませんが 私はエリザベスは、 坊ちゃんが今回の連続殺人事件の件について無実だと分かっていながら、何らかの真シエルの口上に乗り、最終的に罪を着せることに賛同したのではないか と考えています。 その罪の意識から エリザベスは坊ちゃんの顔を見ることが出来ないのではと感じました。 何処か怒っているような様子なのは、坊ちゃんに嘘を付かれていたという怒りの気持ちとのはざまにいるからという可能性もあります。 エリザベスは真シエルと葬儀屋が良くないことをしていることに気づいていると言いました。 また自分の思考の醜さを恥じる描写もありました。 これらは過去のことだけでなく、現在進行形で未だにエリザベスを苦しめている可能性があります。.

僕だけが帰っても誰も喜ばない お父様はもういない オマケの僕だけが戻ってっきたらきっとがっかりする じいやは ・・・(一部抜粋) 黒執事27巻第話「その執事、折衝」より引用.

当ブログでは任意同行に応じた場合 女王の番犬として坊ちゃんがスフィアを調べていたことを知っているアバーラインと直接話せることになることから、 坊ちゃんにとって今より有利な状況に好転するのではないか と考察してきました。. ですがおそらく それ以上でもそれ以下でもありません。 今までも何度も当ブログで言及してきていますが 恐らく、真シエルにとって 坊ちゃんは特別すぎる のです。.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. ではどうしてここまでこじれてしまったのその原因を考えてみると、 やはり最後は 真シエルの歪んだ坊ちゃんへの接触方法にあったのではないか、、、 とどうしても考えてしまいます。. あらすじ:黒執事28巻第話「その執事、御用」月刊Gファンタジー 年10月号 扉絵:ずっとあなたが好きだった?ファントムハイヴ邸の廊下を二人で走るエリザベスと真シエル、それとすれ違うようにタナカに連れられ一人寂しそうに歩く坊ちゃん ・坊ちゃんは、スフィア・ミュージックホール連続殺人事件の重要参考人として、警察に署まで同行を願われそれに従う。 ・坊ちゃんの潔白を主張するフィニアンを制し、バルドは警察に連行される坊ちゃんに「今後俺たちは誰に給料をもらえばいいか」と問いかける。 ・セバスチャンはそれに対し「後ほど取りにこい」と意味深な返事をする。 ・ブラバットとセバスチャン坊ちゃんは護送馬車で警察に連行されてしまった。 ・警察は本邸に残った死神に話を聞こうとするが、いつの間にかオセロとグレルは忽然と姿を消していた。追う警察。 ・ミッドフォード侯爵は真シエルに本邸で事情を聴くことに。エリザベスとエドワードは屋敷へ帰る。 ・エリザベスの心境の告白が始まる。 ・好きな人を見分けることが出来なかった罪悪感、坊っちゃんに笑われていたのではという疑心暗鬼。そして三年前に戻ってきていたのがシエルではないとわかったとして、自分があれほど喜べたか自信が無いという悲痛な告白だった。 ・今までの恋心も、何もかもを「全部、偽物」と否定し、第話は終了する 考察に続きます 次話のネタバレ考察はこちらとなります www.

エリザベスはまだ嘘を付いている可能性 今回エリザベスは遂に 真シエルと坊ちゃんに対する気持ちを全て吐露したかのように見えました。 しかし、 エリザベスはまだ全てをエドワードに話したわけではない 可能性があります。 今回のエリザベスの発言の中で気になった点はこのセリフです。 エリザベス 「あたし自分がこんなにひどい女の子だなんて知りたくなかった!」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用 エリザベス 「シエルたちが良くないことをしてるのは何となくわかってた。でも、でもまたシエルが死んじゃったら、あたし…。」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用 これは、エリザベスにとって現在進行形のブーメランになっている可能性があります。 それこそが先ほど言った エリザベスがまだエドワードに打ち明けていない嘘 と関わるのではと考えています。 具体的に説明していきます エリザベスの嘘 エリザベスは現在進行形でまだ嘘を付いている可能性があります。 それは、 真シエルこそがシリウス様であり、坊ちゃんは無実であると知っているのに敢えて黙っている という点です。 スフィア・ミュージックホールが坊ちゃんに濡れ衣を着せた直後で、葬儀屋や真シエルは追い詰められた坊っちゃんを笑顔で見つめている描写があるのですが、エリザベスは坊っちゃんの方を観ようとせずその表情は思いつめるように暗いものとなっています。 真シエルにうまく言いくるめられ、真実を知らない可能性も無くはありませんが 私はエリザベスは、 坊ちゃんが今回の連続殺人事件の件について無実だと分かっていながら、何らかの真シエルの口上に乗り、最終的に罪を着せることに賛同したのではないか と考えています。 その罪の意識から エリザベスは坊ちゃんの顔を見ることが出来ないのではと感じました。 何処か怒っているような様子なのは、坊ちゃんに嘘を付かれていたという怒りの気持ちとのはざまにいるからという可能性もあります。 エリザベスは真シエルと葬儀屋が良くないことをしていることに気づいていると言いました。 また自分の思考の醜さを恥じる描写もありました。 これらは過去のことだけでなく、現在進行形で未だにエリザベスを苦しめている可能性があります。.

com. … 28.

引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる. エリザべスは真シエルに利用されているか これらを黙認していることは、 エリザベスは真シエルに都合よく利用されているのではないかと感じました。 というのも、 後ほど説明しますが、この三角関係の中で坊ちゃんの気持ちはエリザベスに向いているからです。 エリザべスにとって、真シエルは坊っちゃんよりも大切な存在ですが、それでも双子を長男か次男かで差別してしまう自分自身を嫌っていることも事実です。 そんな複雑な気持ちの中で、「双子を選ばなくていい未来を僕が作る」と真シエルに囁かれていたとしたら、どうしてもその策に乗らざるを得なかったのかもしれません。.
  • 真シエルにうまく言いくるめられ、真実を知らない可能性も無くはありませんが 私はエリザベスは、 坊ちゃんが今回の連続殺人事件の件について無実だと分かっていながら、何らかの真シエルの口上に乗り、最終的に罪を着せることに賛同したのではないか と考えています。. これは完全に私の根拠のない予想ですが、 真シエルはもしかしたら、最後は坊っちゃんを守って死んでしまうのではないかと感じています。 www.
  • セバスチャン 「…ご覧の通り今すぐは無理ですね。 後程取りに来てください。 」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用. こればかりは何とも言えませんが、真シエルの死者蘇生は葬儀屋なしにはどうしても説明不可能なため、深くまで話すことはないものの一応責任者として同席するかもしれないなと何となくですが予想しています だとしたら相当シュールで面白い図にもなるなと感じています笑.

『黒執事』シエルの正体は双子確定?

エリザべスは真シエルに利用されているか これらを黙認していることは、 エリザベスは真シエルに都合よく利用されているのではないかと感じました。 というのも、 後ほど説明しますが、この三角関係の中で坊ちゃんの気持ちはエリザベスに向いているからです。 エリザべスにとって、真シエルは坊っちゃんよりも大切な存在ですが、それでも双子を長男か次男かで差別してしまう自分自身を嫌っていることも事実です。 そんな複雑な気持ちの中で、「双子を選ばなくていい未来を僕が作る」と真シエルに囁かれていたとしたら、どうしてもその策に乗らざるを得なかったのかもしれません。.

com 真シエルのやり方は間違っていたけれど、坊ちゃんを守りたいという一心の、その「愛」は本物だったという姿勢がもし今後少しでも垣間見れたらとても切ないなあと感じています。 餅月. モブ警察 「あんなに派手なのに!?いつの間に逃げたんだ!?」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用. ですがおそらく それ以上でもそれ以下でもありません。 今までも何度も当ブログで言及してきていますが 恐らく、真シエルにとって 坊ちゃんは特別すぎる のです。. 次話のネタバレ考察はこちらとなります www.

  • ではどうしてここまでこじれてしまったのその原因を考えてみると、 やはり最後は 真シエルの歪んだ坊ちゃんへの接触方法にあったのではないか、、、 とどうしても考えてしまいます。.
  • 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. モブ警察 「あんなに派手なのに!?いつの間に逃げたんだ!?」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用.

28 … 28. com. www. G 10 [] posted with .

ゲーム・アニメ・漫画などリアルでは語れない事を発信(BL含&分別)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 僕だけが帰っても誰も喜ばない お父様はもういない オマケの僕だけが戻ってっきたらきっとがっかりする じいやは ・・・(一部抜粋) 黒執事27巻第話「その執事、折衝」より引用. 真シエルの心情 坊ちゃんに対し:大切な弟。たった一人の家族 エリザべスに対し:婚約者 真シエルにとって 確かにエリザベスは婚約者です。 ですがおそらく それ以上でもそれ以下でもありません。 今までも何度も当ブログで言及してきていますが 恐らく、真シエルにとって 坊ちゃんは特別すぎる のです。 真シエルの坊ちゃんへの執着については 詳しくは下記記事をご覧ください。 www.

… 28. G 10 [] posted with ,NAOE,, Amazon.

リジーとアグニが知った真実とは?

坊ちゃんと一緒にいたいが為に、 仮に本当に真シエルがファントムハイヴ家襲撃事件にかかわっているようなことがあったとしたら、 さすがに擁護しきれません。 そりゃあ坊ちゃんもその異常性を恐れるでしょう・・・. 結論から申し上げますと、 エリザベスは真シエルに、 自分についてくれば、結果的に双子が一緒に幸せに暮らせる形を作ろうと思っているからついてきてほしい。と言われている可能性があるのではないかと感じました。. こんにちは、餅月です! 今回は 『黒執事』28巻第話「その執事、御用」 の考察をしていきたいと思います。 前回のネタバレ&考察はこちらの記事をご覧ください。 www. まとめ このように、 現在の3人の想いを考えてみると、全員が完全にすれ違っていることが分かります。 この三人のすれ違いもまた、今後の黒執事の展開に大きく影響を及ぼしてくる可能性が高いです。 特に真シエルは、坊ちゃんを手に入れるためにエリザベスの好意を利用しているのかとさえ疑ってしまいます。 ですが、最終的にはこの三人はそれぞれを想い合っていることもまた事実なのではないでしょうか。 お互いがそれぞれのことを考えすぎるあまり &真シエルの異常性が上手く操作されてしまったこともあり 、現在のような悲しい三角関係になってしまっているのではないかなと感じています。 ではどうしてここまでこじれてしまったのその原因を考えてみると、 やはり最後は 真シエルの歪んだ坊ちゃんへの接触方法にあったのではないか、、、 とどうしても考えてしまいます。 元はといえば真シエルも坊ちゃんも仲良しだったのです。 そして真シエルも坊ちゃんのことを本気で守ろうとしていました。 そしてそれは今も変わらないものだと思います。 ですが恐らく 根本的にやり方を間違えている・・・・・ 坊ちゃんと一緒にいたいが為に、 仮に本当に真シエルがファントムハイヴ家襲撃事件にかかわっているようなことがあったとしたら、 さすがに擁護しきれません。 そりゃあ坊ちゃんもその異常性を恐れるでしょう・・・ これは完全に私の根拠のない予想ですが、 真シエルはもしかしたら、最後は坊っちゃんを守って死んでしまうのではないかと感じています。 www.

www. com. … 28 … 28. com www.

アニメ・漫画・ゲーム・映画などの雑感

エリザベス 「あたし自分がこんなにひどい女の子だなんて知りたくなかった!」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. エリザベス 「シエルたちが良くないことをしてるのは何となくわかってた。でも、でもまたシエルが死んじゃったら、あたし…。」 黒執事28巻第話「その執事、御用」より引用.

… 28.

また読む:

嫌い な 先生 対処

腹筋 ローラー 首

宝くじ 40億 漫画 無料

日本 古代 史 年 表

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020