朝鮮 王朝 階級

発行者: 11.03.2020

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 李氏朝鮮 の社会の身分階級は、学者によって分類が違うこともあるが、一般的に 両班 ・ 中人 ・ 常人 ・ 賎人 の4つに大別されている。このような体制は、 高麗 の時から伝わる社会的な伝統の上に土台を置いたもので、李氏朝鮮の集権的な政治体制の確立及び制度の整備とともに次第に固まっていった。すなわち、李氏朝鮮の新興貴族たちは高麗の貴族の代わりに支配階級に成長しながら両班階級を形成したが、一方、それに属せなかった人々は中人階級に残るようになった。.

一方で、武臣に押さえ込まれていた文臣は、三別抄の壊滅により新たな勢力を形成する。これらは新興儒臣と呼ばれた。しかし、在地両班と違い、彼らは収入源になる田地を必要としたため、これを提供できない高麗王室に不満を持った。この中の急進派は 李成桂 の政権を後押しする勢力になる。.

李氏朝鮮 を建国した 李成桂 は、高麗の制度の欠陥を見直すことにし、まず地方で大きな権力を握っていた郷里の追放を試みた。郷里出身の文臣を官僚から追放し、科挙の受験資格を大幅に制限した。代わりに高麗末から擡頭してきた新興儒臣や在地地主などの地方両班などを中心とした勢力が対抗勢力として台頭した。この勢力が今の両班階級のもとになる。. 一方、末期になるにつれて、より一層ひどくなった官吏たちの収奪に対する反抗として、民乱を起こしたりした。 洪景来の乱 、 哲宗 の時の民乱、 甲午農民戦争 などの主体は農民だった。商工業に従事する人は、ほとんど全部が 奴婢 だった。彼らは一種の財産と見なされて売買・相続などの対象になった。奴婢は公賎と私賎の2つに大別することができたが、彼らの中にも多くの階層があった。.

やがて両班を一番上に、中人(チュンイン・雑科を出す階級)、常民(農民)、賤民と言う四段階の身分制度ができあがった。常民以上を良民と呼び、賤民は良民に戻る事が可能な 奴婢 (ノビ)とそれも不可能な 白丁 (ペクチョン)で構成され、居住や職業、結婚などに様々な制約が加えられていた。奴婢は国が所有する公奴婢と個人が所有する私奴婢にわかれ、市場で売買などが行われた。白丁は、稀に賤民から良人になったケースもあるが、稀有な例である。賤民は八賤、七賤とも言われ、白丁以外には、 僧侶 、 巫堂 (ムーダン)、 妓生 (キーセン)などが含まれる。. 名前空間 ページ ノート. 尹雄烈 左 とその両班身分の友人(年). 科挙制度 学問 家族制度 行政区画 経済 身分制度.

[2] [1] .

これは、武臣による 宰相 職兼任と武臣による軍隊の私兵化・軍閥化を促した。その頂点に立ったのが 年 から始まる 崔氏政権 である。崔氏はその武力を背景に、王の廃立まで自由にコントロールしていた。事実上の国家乗っ取りであり、この政権は、高麗が元に降伏する 年 まで続く。. 李氏朝鮮 を建国した 李成桂 は、高麗の制度の欠陥を見直すことにし、まず地方で大きな権力を握っていた郷里の追放を試みた。郷里出身の文臣を官僚から追放し、科挙の受験資格を大幅に制限した。代わりに高麗末から擡頭してきた新興儒臣や在地地主などの地方両班などを中心とした勢力が対抗勢力として台頭した。この勢力が今の両班階級のもとになる。.
  • ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.
  • ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

韓国時代ドラマ「トンイ」でみえてくる朝鮮王朝の徹底した階級制度

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 李氏朝鮮時代の両班は、科挙の内、文科・武科を受けて官僚になることができた。中人は雑科のみが受けられ、高位に登る事ができない。常民は科挙を受ける権利を基本的に持たない。この区分は時代が進む内に整備されていったと考えられている。また兵役の免除、刑の減免、地租以外の徴税・賦役の免除。社会的特権として、常民に道や宿の部屋を譲らせる権利やその他、家・衣服・墳墓・葬礼などに対して常民に比べ、さまざまな権利を有していた [2] [1] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. また、世襲の両班の嫡子は自動的に両班になる。中人は数代に渡り、高い地位に昇れば両班に格上げされる場合がある。常民が両班になるには、売官(官吏の地位を買う)もしくは両班の 族譜 を買う事になる。これらは李氏朝鮮後期、特に末期に増大する。.

他言語版 한국어 中文 リンクを編集. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

GFDL CC-SA .

やがて両班を一番上に、中人(チュンイン・雑科を出す階級)、常民(農民)、賤民と言う四段階の身分制度ができあがった。常民以上を良民と呼び、賤民は良民に戻る事が可能な 奴婢 (ノビ)とそれも不可能な 白丁 (ペクチョン)で構成され、居住や職業、結婚などに様々な制約が加えられていた。奴婢は国が所有する公奴婢と個人が所有する私奴婢にわかれ、市場で売買などが行われた。白丁は、稀に賤民から良人になったケースもあるが、稀有な例である。賤民は八賤、七賤とも言われ、白丁以外には、 僧侶 、 巫堂 (ムーダン)、 妓生 (キーセン)などが含まれる。. 最終更新 年3月31日 火 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

表 話 編 歴 李氏朝鮮 科挙制度 学問 家族制度 行政区画 経済 身分制度.

: ISBN. 214 UTC - Cookie ?

◇身分・階級 王と王族等◇

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. カテゴリ : 朝鮮の歴史 朝鮮の身分制度. 他言語版 한국어 中文 リンクを編集. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

  • 最終更新 年2月14日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.
  • 李氏朝鮮の科挙制度 は、文人を出す文科と武人を出す武科で構成され三年に一度行われていた。それ以外にさまざまな専門技術職を選抜する雑科が存在した(ここで言う技術職とは、 日本語 や 中国語 の翻訳技術、 医学 ・陰陽学などの特殊な技術に長けた者の事を指す)。科挙は基本的に良民全体に門戸が開かれていたが、これを受験するためには、それなりの経済力が必要となり、必然と文科や武科の科挙試験を合格し官僚になれたのは、これら両班階級が大多数だった。こうして李氏朝鮮では、両班階級が事実上官僚機構を独占し、特権階級になっていった。.
  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.
  • 両班 (りょうはん、 양반 〈ヤンバン・ 韓国 〉、 량반 〈リャンバン・ 北朝鮮 〉)は、 高麗 、 李氏朝鮮王朝 時代の官僚機構・支配機構を担った支配 階級 の身分のこと。 士大夫 と言われる階層とこの 身分 とはほぼ同一である [1] [2] 。.

[1] [2]. [2] [1] .

こんな記事も読まれています

李氏朝鮮 を建国した 李成桂 は、高麗の制度の欠陥を見直すことにし、まず地方で大きな権力を握っていた郷里の追放を試みた。郷里出身の文臣を官僚から追放し、科挙の受験資格を大幅に制限した。代わりに高麗末から擡頭してきた新興儒臣や在地地主などの地方両班などを中心とした勢力が対抗勢力として台頭した。この勢力が今の両班階級のもとになる。. ウィキメディア・コモンズには、 両班 に関連するカテゴリがあります。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

また読む:

名 探偵 ビリー 5

浮気 嫁 ライン 修羅場

大祓祝詞

ちゃお 漫画 家 一覧

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020