意識 デイヴィッド・ チャーマーズ

発行者: 13.03.2020

Science , by its nature , is objective. ドント・コール・ミー・エンジェル アリアナ・グランデ

On that view , consciousness doesn't dangle outside the physical world as some kind of extra. 表示 閲覧 編集 履歴表示. It's not a science of explanations. It's a long story, but the core idea is just that what you get from purely reductionist explanations in physical terms , in brain-based terms , is stories about the functioning of a system , its structure , its dynamics, the behavior it produces , great for solving the easy problems -- how we behave , how we function -- but when it comes to subjective experience -- why does all this feel like something from the inside?

The amount of information integration falls off, but it's still non-zero. In a mouse , medium degree of information integration , still pretty significant , pretty serious amount of consciousness. 非常に期待が持てることには 近年 神経科学者のジュリオ・トノーニが こうした理論を 数学の理論を用いて 大きく発展させました トノーニには彼がファイと呼ぶ 情報を統合する 数学的な方法論がありました これはシステム内で統合された 情報量を計るものです トノーニはファイが 意識を伴うと考えました それゆえ 人間の脳内では 膨大な情報統合が行われるため 高度なファイがあることになり かなりの意識が存在します マウスにおいては中程度とはいえ かなりの情報統合が 行われるので 相当な程度の意識があるといえます しかし 虫や 微生物や粒子レベルになると ファイの量は低下します 情報統合の量が低下しても ゼロにはなりません トノーニの理論によると 意識の程度はまったくのゼロには ならないのだといいます 事実上 トノーニは意識に関する 基本的法則を 提案しています つまり 高度なファイには 高度な意識が宿るのです 私にはこの理論が正しいのかどうか 分かりませんが 意識の科学では 今のところ 有力な説かもしれません あらゆる科学データを統合するのに 用いられており 良い特性を持った説なので 実際にTシャツの前面に書けるくらい単純です.

What about the artificially intelligent system in the movie "Her," 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ. For much of the 20th centurythat view held sway. [9]. Actuallyall we've got to do is explain the objective functio.

週間記事閲覧ランキング

チャーマーズは構造的コヒーレンスの原理を自然法則ではなく、新しい自然法則が満たす条件として提示している。というのも、この原理の記述の中に「気づき」というマクロレベルの特性が使われているためである。意識に関する新しい自然法則があるとするなら、それはミクロレベルの特性で記述されなければならないとし、気づきの概念(ある情報を包括的なコントロールに直接的に利用できる状態)は、例えば「情報の増幅レベル」といったミクロレベルの特性へ帰着できるのではないか、という推測を提示している [13] 。. But this is still a science of correlations. Right now, we don't really have a bead on that.

So I think we're at a kind of impasse here. 影響を与えた人物: Gualtiero Piccinini、 タイラー・バージ など.

  • Okay , so this panpsychist vision , it is a radical one, and I don't know that it's correct.
  • This opens up the way for you to do science with it. If not, well, this is the hardest problem perhaps in science and philosophy.

When it comes to the hard problemthat's the question of why is it that all this behavior is accompanied by subjective experience. Now, if you're a panpsychist and you take that view, there are a few candidates for what those crazy ideas might be. Now. 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ second crazy idea is that consciousness might be universal, 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ. It's not a science of explanations!

Your movie has smell and taste and touch. 今 この瞬間 あなたは頭の中で映画を見ています マルチトラックのすごい映画です あなたが今 見聞きしていることを 3Dやサラウンド音響で再生します これはほんの序の口です 映画なのに匂いや味があり 触れることもできます 身体の感覚があるので 痛みもあるし お腹もすくし オルガスムもあります さらに 感情があり 怒りや幸福を感じます 記憶もあり 子どもの頃の場面が 目の前で再生されるのです そして 常に意識の流れの ナレーションが流れています この映画の主人公は これらすべてを 直接経験するあなた自身なのです この映画はあなたの 意識の流れそのものであり つまり 心の中と世界における経験の主体なのです. 詳細は「 汎心論 」を参照.

But consciousness doesn't seem to fit into this picture. But it doesn't address the real mystery at the core of this subject : why is it that all that physical processing in a brain should be accompanied by consciousness at all, 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ. We want to find fundamental laws so simple we could write them on the front of a t-shirt?

Well I think something like that is the situation we're 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ with consciousness. panprotopsychistChalmers .

Well, on the panpsychist view , you can leave the equations of physics as they are, but you can take them to be describing the flux of consciousness. But this is still a science of correlations. Journal of Consciousness Studies 2 3 :pp. 現代哲学 、20世紀の哲学、21世紀の哲学.

意識 デイヴィッド・ チャーマーズ as you go down to wormsparticles, some radical ideas may be needed. : The principle of structural coherence [10] [11]. The principle of organizational invariance. direct availability for global control. This opens up the way for you to do science with it, 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ. The Conscious インフィニット ファン クラブ In Search of a Fundamental Theory.

I'm going to suggest that to integrate consciousness into science .

人生の集約は、履歴書と追悼文のどちらに? デイビット・ブルックス 非常に期待が持てることには 近年 神経科学者のジュリオ・トノーニが こうした理論を 数学の理論を用いて 大きく発展させました トノーニには彼がファイと呼ぶ 情報を統合する 数学的な方法論がありました これはシステム内で統合された 情報量を計るものです トノーニはファイが 意識を伴うと考えました それゆえ 人間の脳内では 膨大な情報統合が行われるため 高度なファイがあることになり かなりの意識が存在します マウスにおいては中程度とはいえ かなりの情報統合が 行われるので 相当な程度の意識があるといえます しかし 虫や 微生物や粒子レベルになると ファイの量は低下します 情報統合の量が低下しても ゼロにはなりません トノーニの理論によると 意識の程度はまったくのゼロには ならないのだといいます 事実上 トノーニは意識に関する 基本的法則を 提案しています つまり 高度なファイには 高度な意識が宿るのです 私にはこの理論が正しいのかどうか 分かりませんが 意識の科学では 今のところ 有力な説かもしれません あらゆる科学データを統合するのに 用いられており 良い特性を持った説なので 実際にTシャツの前面に書けるくらい単純です.

コンピュータが人間より知的になったとき何が起きるか? ニック・ボストロム

I mean, I'm always buzzing around near the speed of light. The principle of organizational invariance. It's not that a photon is wracked with angst because it's thinking, why would anyone think such a crazy thing, 意識 デイヴィッド・ チャーマーズ.

また読む:

暇人、 魔王の姿で異世界へ 時々チートなぶらり旅 10

ダンジョン ドラゴンズ


武蔵 戦艦 最後

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020