比叡山 焼き討ち 理由

発行者: 14.03.2020

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. この節には 独自研究 が含まれているおそれがあります。 問題箇所を 検証 し 出典を追加 して、記事の改善にご協力ください。議論は ノート を参照してください。 ( 年4月 ).

戦国武将研究会 参考・引用・出典 ライター様募集 プライバシーポリシー 運営者情報 お問い合わせ. その後 本能寺の変 で信長は倒れ、光秀も 山崎の戦い で敗れると、生き残った僧侶達は続々と帰山し始めた。その後羽柴秀吉に山門の復興を願い出たが、簡単には許されなかった。山門復興こそ簡単には許さなかったが、詮舜とその兄賢珍の2人の僧侶を意気に感じ、それより陣営の出入りを許され、軍政や政務について相談し徐々に秀吉の心をつかんでいったと思われている。. 名前空間 ページ ノート. 当時の史料である 年 (元亀元年)の『多聞院日記』にも「(比叡山の僧は)修学を怠り、一山相果てるような有様であった」と記されており、『信長公記』にもこのような記述がある。 「山本山下の僧衆、王城の鎮守たりといえども、行躰、行法、出家の作法にもかかわらず、天下の嘲弄をも恥じず、天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し、金銀まいないにふけり、浅井・朝倉をひきい、ほしいままに相働く」 『信長公記』 。 そして何より、延暦寺が京の鬼門を封じている非常に重要な寺社であるにも関わらず、正親町天皇や朝廷も正式に抗議をしていない。 このため後世の比叡山側への同情は薄く、小瀬甫庵も『太閤記』で「山門を亡ぼす者は山門なり」と批判している。 儒学者 である 新井白石 が『 読史余論 』で「その事は残忍なりといえども、永く叡僧(比叡山の僧)の兇悪を除けり、是亦天下に功有事の一つ成べし」として以降、比叡山焼き討ちは肯定的に評価されてきた。.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

24. : Wikipedia.

いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。. 目次 Contents 1 三好三人衆との野田城・福島城の戦い 2 比叡山焼き討ちに繋がった志賀の陣 3 比叡山延暦寺の焼き討ち 4 一大勢力だったこの時代の寺社. 気になる戦国女性 お初~常高院-浅井初とは【浅井三姉妹】豊臣家と徳川家の橋渡し役.
  • 加えて『信長公記』でも焼き討ちの理由は比叡山が浅井、朝倉方についたのでその憤りを散ぜんがためと記しており、「年来の御胸朦(わだかまり)を散ぜられおわんぬ」としている。すなわち焼討ちは敵対した者に対する攻撃であったというのが本質である [7] 。『信長公記』の記す「天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し」云々の下りは(事実ではあるが)大義名分であり、討伐するための論理である [8] という指摘がある。. 織田信長 おだ-のぶなが の人物像といえば、残忍で冷徹などというイメージが、一般的なのではないだろうか。 残忍で冷徹な信長の逸話の中で、 比叡山 延暦寺 の焼き討ちがあげられるが、この行為は現在の信長のイメージを決定付けたといっても過言ではない。 比叡山延暦寺の焼き討ちが起こった経緯から、この時代の寺社の本質を探り、なぜ信長が焼き討ちを決行したのかを考察したい。.
  • しかし織田軍の武将の中に、この考え方に賛同しない者もいた。佐久間信盛と武井夕庵らが、「この山と申す事は、人王五十代 桓武天皇 、延暦年中に 伝教大師 と御心を合せ、御建立ありしよう以来、王城の鎮守として既に八百年に及ぶまで、遂に山門の嗷訴をだに不用と云う事なし、然るに今の世澆季とは申しながら、斯る不思議を承り候事、前代未聞の戦にて御座候」 『甫庵信長記』 と「前代未聞の戦」という言葉を使い諌めたが、信長はこれに反論し全山焼き討ちが決定されたと思われている。ただこの部分は「『 信長公記 』にも見えないから事実か否か明らかではない」と指摘されている [3] 。. メールでお知らせ 新規記事追加をメールで受信.

残虐性が浮き彫りになった戦況について

織田信長の戦い 赤塚 萱津 村木砦 稲生 浮野 桶狭間 堂洞 河野島 稲葉山城 観音寺 大河内 金ヶ崎 姉川 野田・福島 志賀 比叡山 槇島 一乗谷 小谷城 若江 長島 高屋 長篠 越前 天王寺 第1次木津川口 手取川 紀州征伐 有岡 第2次木津川口 伊賀攻め 甲州征伐 本能寺. 兼康は、これまでとは視点を変えて「織田信長の人物像をはじめとする戦国時代の歴史観を再構築しなくてはならない時期が訪れつつある」と結論付けている [5] 。.

永禄11年 年 信長上洛を拒んだために 京都 を追われた三好三人衆 三好長逸・ 三好政康 ・岩成友通 は京都の奪還を図り、畿内の織田軍が手薄なのを狙って、野田城・福島城 大阪市 を築城し、兵を挙げた。 まもなく三人衆軍は、信長がいない間に古橋城を落城させている。 三人衆の動きを聞いた信長は 岐阜城 を出立、天王寺に布陣し、元亀元年 年 8月、野田城・福島城の戦いが始まる。 野田城・福島城は、四方を海や川で囲まれた堅城で信長も、まずは無理を避け誘降策を採ったようである。 このような中で、これまで中立を保っていた 石山本願寺 の門主・ 本願寺顕如 ほんがんじ-けんにょ が近江の一向衆門徒に一通の檄文を送る。 この時点で、顕如の動きを知らないはずの摂津・野田城、摂津・福島城の前線では、織田軍が浦江城、畠中城を落城させるなど、次第に攻防が激しくなる。 織田軍は、浦江城、畠中城を攻略の拠点としながら鉄砲を使った攻城戦を繰り広げた。 三人衆軍は、たまらず信長に和睦を申し込み、受け入れられなかったが、顕如軍の参戦で戦況は一変した。 それ以前も信長は、本願寺側に一方的な明け渡しを要求していた経緯があり、危機感を感じての参戦であったと思われる。 顕如軍の参戦で、勢いづいた三人衆軍だったが、織田軍が塞き止めた堤防を破り野田城・福島城一帯が海水に浸り、戦況は膠着する。 その頃顕如、三人衆と連携していたと思われる、 浅井長政 あさい-ながまさ 朝倉義景 あさくら-よしかげ 率いる浅井・朝倉連合軍が京都へ向かい進軍を開始。 浅井・朝倉軍が動くと、織田家家臣、近江・宇佐山城主の 森可成 が素早く備え、京都への進軍を阻止すべく奮闘するが、そこへ同じく顕如と連携していた、比叡山延暦寺 ひえいざん-えんりゃくじ の僧兵も加わり、可成と援軍を率い駆けつけた弟・織田信治が討ち取られる。 その報を受けた信長は、浅井・朝倉軍を優先する形をとり京都へと戻り、浅井・朝倉軍は一時比叡山に後退をする。 こうして、摂津で起こった野田城・福島城での攻防戦は終了した。.

この記事が気に入ったら いいね!しよう. 最終更新 年3月13日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

[ 1]. 113 292. [3] .

織田信長~悪名高い「比叡山焼き討ち」が後に何をもたらしたか

名前 必須. メールでお知らせ 新規記事追加をメールで受信. 織田信長 明智光秀 池田恒興 柴田勝家 佐久間信盛 木下秀吉 武井夕庵 中川重政 丹羽長秀.

212. 313 UTC - Cookie. [5] 16 915 [5] [6]. [3] .

同年2月、孤立していた 佐和山城 が降伏し、城主の 磯野員昌 が立ち退いたため、信長は 丹羽長秀 を城主に据え、岐阜城から湖岸平野への通路を確保した。5月には浅井軍が一向一揆と組んで、再び 姉川 に出軍し 堀秀村 を攻め立てたが、木下秀吉が堀を助けて奮戦し、一向一揆・浅井連合軍は敗退した。同月、信長は伊勢で 長島一向一揆 に参加した村々を焼き払うと、8月18日には長政の居城となっていた 小谷城 を攻め、9月1日に 柴田勝家 ・ 佐久間信盛 に命じ、六角義賢と近江の一向一揆衆の拠点となっていた 志村城 、 小川城 を攻城した。志村城ではもの首級をあげ、ほぼ全滅に近かったと思われている。それを見て小川城の城兵は投降してきた。また金ヶ森城も攻城したがこちらは大きな戦闘も無く落城した。. Twitter で フォローしよう! Follow jpreki. 皆様のコメント 井上九郎右衛門 井上之房 ~黒田家4代に仕えた家老 に 宇佐神宮とは 神聖で広大な境内と国宝の本殿などの見どころ 国内観光箇所 より.

延暦寺 の根本中堂. 先の比叡山の攻防戦では、比叡山側は信長が横領した寺領の返還を約束する講和も拒絶し、浅井・朝倉連合軍を援けたりもしたので、軍事的拠点を完全に破却しようと考えたとしている [2] 。 信長包囲網 で各勢力から包囲される中、近江の平定と比叡山の無力化が戦線打破の重要課題と考えられていた。比叡山の無力化とは、比叡山が信長方に属さない以上、軍事的役割の抹殺つまり比叡山の徹底的破壊を意味している。.

Contents 1 2 3 4. [ 1]. 3. 2 912 930 .

日本の歴史を動かした戦国武将伝 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康など約1100記事、比較的マイナーな武将も詳しくご紹介 senjp.com

浅井・朝倉軍は勢いよく京都に向かったが、織田軍の動きが迅速だったため、比叡山への後退を余儀なくされ、元亀元年 年 9月、志賀の陣が始まる。 織田軍の、予想を上回る素早さに比叡山に逃げ込んだという方が良いであろう。 京都を出立した織田軍は、坂本で比叡山を包囲し、延暦寺側との交渉に入る。 信長は「織田につくか、中立を保て」と通告するが返事はなく、これより3ヶ月に及ぶにらみ合いが始まることになる。 織田軍が、比叡山でくぎ付けにされるのを好機と捉えた六角義賢は、近江の一向衆と挙兵したり、摂津の三人衆は京都を虎視眈々と窺う動きを見せていたが、六角は 丹羽長秀 、三人衆は 和田惟政 がなんとか抑えている。 その中でも、信長を苦しめたのが、伊勢長島で顕如の檄を受けた一向衆の蜂起であった。 一向衆の勢力は、加担した小豪族も合わせると数万に及び、長島城を落城させると、 桑名城 の 滝川一益 を敗走させ、小木江城主で弟・織田信興も討ち取る。 この一向衆の蜂起は、 長島一向一揆 ながしま-いっこういっき と呼ばれ、これを含め三度にも及び、泥沼の様相を呈する。 このような状況下で、手も足も出なくなった信長は、朝廷や 足利義昭 の仲介で和睦を決断し、志賀の陣は終了した。.

同年2月、孤立していた 佐和山城 が降伏し、城主の 磯野員昌 が立ち退いたため、信長は 丹羽長秀 を城主に据え、岐阜城から湖岸平野への通路を確保した。5月には浅井軍が一向一揆と組んで、再び 姉川 に出軍し 堀秀村 を攻め立てたが、木下秀吉が堀を助けて奮戦し、一向一揆・浅井連合軍は敗退した。同月、信長は伊勢で 長島一向一揆 に参加した村々を焼き払うと、8月18日には長政の居城となっていた 小谷城 を攻め、9月1日に 柴田勝家 ・ 佐久間信盛 に命じ、六角義賢と近江の一向一揆衆の拠点となっていた 志村城 、 小川城 を攻城した。志村城ではもの首級をあげ、ほぼ全滅に近かったと思われている。それを見て小川城の城兵は投降してきた。また金ヶ森城も攻城したがこちらは大きな戦闘も無く落城した。.

戦争 : 信長包囲網.

12 51 1 13. [3] .

また読む:

うた プリ 梶 裕貴

韓国 イージス 艦 8 ビット

モンスト クー・ フーリン ガチャ

フェネック け もの フレンズ

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020