エジプト 神話 最高 神

発行者: 15.03.2020

詳細は 古代エジプトの創世神話 ( 英語版 ) を参照. 神話での矛盾について一般的に示唆される理由の1つは、宗教的な思想が時代の経過や地域によって異なることである [36] 。様々な神々の現地の熱狂信奉者(カルト)が彼ら自身の守護神を中心とした神学を発展させた [37] 。様々なカルトの影響が移り変わるうちに、一部の神話体系は国家支配に到った。 エジプト古王国 期(紀元前年)における最も重要な体系が ヘリオポリス を中心としたラーとアトゥムのカルトであった。彼らは世界を創造したと言われる神話上の家族エネアド( エジプト九柱の神々 )を形成した。それは当時の最重要な神格を含むものだったが、中でもアトゥムとラーには優位性を与えた [38] 。エジプト人はまた、古い宗教思想を新しいものと重ね合わた。例えば、 メンフィス エジプト を中心とするカルトがある神 プタハ も世界の創造者であると言われていた。プタハの創造神話は、プタハの創造的命令を実行するのはエネアドだと語ることで、より古い神話を取り入れている [39] 。したがって、同神話ではプタハをエネアド九柱神よりも古くて偉大なものとしている。多くの学者は、この神話をヘリオポリスの神よりもメンフィス神の優位性を主張する政治的試みと捉えている [40] 。このように概念を組み合わせることで、エジプト人は非常に複雑な神々と神話の組み合わせを生み出していった [41] 。.

太陽神 ラー - アメン - アテン - ホルス.

詳細は「 エジプト美術 」を参照. エジプト神話の発展は追跡が困難である。エジプト学者はだいぶ後年に登場した文書の原資料に基づき、その最初期段階に関する学術的な推測をしなければならない [2] 。神話における明白な影響の1つに、エジプトの自然環境がある。太陽が日々昇っては沈み、土地に光をもたらし、人間の活動を規則的にした。 ナイル川 は毎年氾濫し、土壌の肥沃度を新たにして エジプト文明 を維持させる生産性の高い農業を可能にしていた。このように、エジプト人は水と太陽を生命の象徴と見なし、時間を一連の自然サイクルとして考えた。この秩序だったパターンは絶えず崩壊の危険にさらされた。例年と異なる低い洪水は飢饉をもたらし、高い洪水は穀物と建物を破壊した [3] 。恩恵深い ナイル渓谷 は、エジプト人が野蛮な秩序の敵と見なした人々が住む過酷な砂漠に囲まれていた [4] 。これらの理由から、エジプト人は自分たちの土地を安定しているが孤立した場所あるいは混沌に囲まれて危機に瀕している「 マアト 」だと考えていた。これらのテーマ(秩序、混沌、そして更新)は、 古代エジプトの宗教 思想に繰り返し現れる [5] 。.

神々に関するエジプトの物語の多くは、神々が大地に顕現してそれを支配していた原始の時代に起こったものして特徴付けられる。この後、地上の権威が人間のファラオに移ったとエジプト人は信じていた [64] 。この原始の時代は、太陽の旅の始まりや現在の世界のパターン繰り返し以前のことのように思われる。 もう一方の時間の終末は、サイクルの終わりと世界の消滅である。これらの遠い時代は現在のサイクルよりも直線的な説話に適しているので、 ジョン・ベインズ en はそれらを真の神話が起こる唯一の時代と捉えている [65] 。ただ、ある程度は、時間の周期的な側面が神話の過去にも存在していた。エジプト人はその当時に設定された物語さえも不変の真実であると考えた。神話はそれらと関連した出来事が起こるたびに現実のものとなった。これらの出来事はしばしば神話を呼び起こした儀式で祝われた [66] 。儀式とは、定期的に神話の過去に戻って宇宙における生命を更新する時間を可能にするものだった [67] 。.

神話への言及はまた、 エジプト中王国 より始まる非宗教的な エジプト文学 にも現れている。これらの言及の多くは神話のモチーフへの単なる隠喩だが、一部の物語は完全に神話的説話に基づいている。これらのより直接的な神話の描写は、ヘイケ・シュテルンベルクなどの学者によれば、エジプト神話が最も完全に発達した状態になった時期である末期王朝およびグレコローマン時代に特に一般的となった [52] 。.

こうした理由から、エジプトの儀式には神話上の出来事を象徴する行動がしばしば含まれていた [66] 。寺院の儀式には、セトやアペプのような悪しき神々を表現している模型の破壊や、イシスがホルスのために行なった病気を癒すための非公開な魔法呪文の詠唱 [92] 、 開口の儀式 en などの葬礼儀式などがあり [93] 、そして死者のために執り行う儀式はオシリス復活の神話を想起させるものだった [94] 。しかし、神話の劇的な再現を含む儀式はあったとしても稀だった。2人の女性がイシスとネフティスの役割をこなしたオシリス神話を暗示する儀式のような境界的事案があるが、これらの演出が一連の出来事を成したか否かについて学者たちの見解には賛否がある [95] 。エジプトの儀式の大半は神々に供え物をするといった基本的な活動に焦点を当てており、神話のテーマは儀式の焦点ではなくイデオロギーの背景として役立っていた [96] 。にもかかわらず、神話と儀式は互いに強く影響を及ぼした。イシスとネフティスとの儀式のように、神話は儀式を触発する。そして、神々や死者に供えられた食べ物や他の品物がホルスの目と同等とされた供物儀式の場合のように、もともと神話的意味の無かった儀式が意味があるものと再解釈されることもあった [97] 。.

ラーはオシリスの再生力と一緒になるや、新たな活力を備えて旅を続ける [67] 。この再生が夜明けのラー出現を可能にしている。これは太陽が生まれ変わったと見られ、ヌトがラーを飲み込んだ後にラーを産むという比喩で表現されており、創造の瞬間における初日の出を繰り返していると見られる。この瞬間、昇っていく太陽神は再び星々を飲み込み、それらの力を吸収する [79] 。この活性化状態について、ラーは子供であったり スカラベ の神 ケプリ として描かれており、いずれもエジプトの図像において再生を表すものである [86] 。.

[] [] []. 5 3 3 3 2 [75]. 3 [73]. [69]. [77] [78] [31] !

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。Amazon Kindleで販売中!. それだけでなく、「統治はその能力のあるものが担うべきだ」という考え(ボケ老人にしては正論)を持っており、 能力が未知数のホルスよりも実績のあるセトの方が適任である 、と考えていたのです。. 何度も繰り返したように、 長い間エジプトの主神といえばラーでしたが、数多くの耄碌(もうろく)エピソードが物語る通り老いてボケてしまい、神々の王の座を譲ることに なりました。.

つまり、 「ナイルの恵み」を神として表現した場合の男性的側面がオシリスで女性的側面がイシス、「砂漠の力」を神として表現した場合の男性的側面がセトで女性的側面がネフティスだった 、ということになります。. 最終更新 年2月7日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 神話への暗示は、エジプトの芸術や建築で非常に普及した。神殿の設計では、神殿の軸となる中央通路が空を横切る太陽神の道に例えられており、通路の終わりにある聖域は彼がそこから昇った創造の場所を表していた。神殿の装飾はこの関係を強調した太陽の紋章で満たされていた。同様に、墓の回廊はドゥアトを通る神の旅に、そして埋葬室がオシリスの墓と関連付けられた [] 。 ピラミッド はエジプトのあらゆる建築様式の中で最も有名で、所有者の死後の再生を確実にすることを意図した記念碑にふさわしい創造の丘および最初の日の出を表しているとして、神話の象徴から触発を受けたものかもしれないとする説がある [] 。エジプトの伝統における象徴は再解釈されることが度々あるため、神話的な象徴の意味が神話それ自体のように時間と共に変化したり増えたりする [] 。.

詳細は 古代エジプトの創世神話 ( 英語版 ) を参照. 空の性質とドゥアトの場所は不明瞭である。エジプトのテキストは夜間の太陽について、大地の下側を旅するともヌトの体内を移動するとも様々に説明している。 エジプト学者の ジェームズ・P・アレン en は、これら太陽の動きの説明は似ていないが共存する考えだと確信している。アレンの見解では、ヌトはヌンの水面の見える表面を表しており、星はこの表面に浮かんでいる。 従って、太陽は円を描くように水を横断航行し、毎晩水平線を越えてドゥアトの逆側にある土地の下にアーチを描いて空に到達する [57] 。しかし レオナルド・H・レスコ en は、エジプト人は空を堅い天蓋と捉えており、夜間に西から東へと空の表面の上にあるドゥアトを通って移動するとして太陽を説明したと確信している [58] 。レスコのモデルを修正したジョアンヌ・コンマンは、この堅い天空が動く凹面ドームであり、凸面の大地を深く包括していると主張する。太陽と星はこのドームと一緒に動き、地平線の下でのそれらの通過は単にエジプト人が見ることができなかった大地の領域を超えたそれらの動きである。 これら地域がその後ドゥアトになったのだろうというのがコンマンの説である [59] 。.

Contents 1 エジプト人とは? 2 エジプト神話の特徴 3 ヘリオポリスの神々 4 ヘルモポリスの神話 5 太陽神たち 6 ラーと獅子頭の女神 7 ラーと女神イシス 8 オシリスとイシス 9 ホルスとセトの争い 10 まとめ.

  • 時間が経つにつれ、エジプト人は創造過程に関してより抽象的な見方を発展させた。 コフィン・テキストの時代までに、彼らは世界の形成を創造神の心中で最初に開発された概念の実現だと説明した。神の世界のものと現実世界のものとを結び付ける ヘカ ( 英語版 ) の力、あるいは魔法、は創造主の当初の概念とその物理的な実現とを結び付ける力である。ヘカ自体は神として擬人化されてはいるが、この創造の知的プロセスがその神にだけ関連付けられているわけではない。エジプト第3中間期(紀元前年頃)からの碑文は、そのテキストがだいぶ古い可能性もあるが、プロセスの詳細を記述していて、それが神 プタハ に帰するとしている。その神と鍛冶屋との緊密な関係が、当初の創造計画に物理的な形を与えるための適切な神格となった。新王国期からの賛美歌は、この創造計画の究極の源として神 アメン を、他の神々の背後にさえある神秘的な力だと説明している [73] 。. エジプト第1中間期 (紀元前年頃)に、ピラミッド・テキストは同様の素材を含むと共に非王族でも利用可能な コフィン・テキスト ( 英語版 ) (棺の文章)へと展開された。新王国期の 死者の書 や エジプト末期王朝 (紀元前年)以降の 呼吸の書 en のような後継の葬礼文書は、これらの初期のコレクションから発達したものである。また新王国期では、太陽神の夜の旅について詳細かつまとまった記述を含む、別のタイプの葬礼文書の発展も見られた。この種のテキストには『 アムドゥアト en 』『 門の書 en 』『 洞窟の書 en 』などがある [43] 。.
  • エジプト第1中間期 (紀元前年頃)に、ピラミッド・テキストは同様の素材を含むと共に非王族でも利用可能な コフィン・テキスト ( 英語版 ) (棺の文章)へと展開された。新王国期の 死者の書 や エジプト末期王朝 (紀元前年)以降の 呼吸の書 en のような後継の葬礼文書は、これらの初期のコレクションから発達したものである。また新王国期では、太陽神の夜の旅について詳細かつまとまった記述を含む、別のタイプの葬礼文書の発展も見られた。この種のテキストには『 アムドゥアト en 』『 門の書 en 』『 洞窟の書 en 』などがある [43] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

P en [57] H en [58] [59]. [83] [84] [85]エジプト 神話 最高 神. 24 [46] [47]. Mythpedia 8 1 1 55 2 2 1 5 14 14 44 14 3 27 4 1 1 2 1 1 1 16 6 90 7 28 2 15 3 20 7 3 5 5 19 14 1 16 1 4.

[52]. [50] .

古代エジプト神話―オシリス・セト・イシス・ホルス(関係図アリ)

名前空間 ページ ノート. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 神々や神話上の出来事を描いた絵図は、墓、神殿、葬礼文書の中に宗教的叙述と並んで広く出現している [43] 。エジプトの芸術作品で神話の場面が説話として順番に並ぶことは稀であるが、特にオシリスの復活を描いた個々の場面はたまに宗教的芸術作品に現れることがある [99] 。.

[] []. :Egyptian mythology. en [19] A [20] [21] [20] .

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ベインズほか一部のエジプト学者は、「神話」と呼ばれるほど十分に完成した説話がすべての時代に存在したが、それらを書き留めることをエジプトの伝統が良しとしなかったと主張している。 ヤン・アスマン en など他の学者達は、真の神話はエジプトでは稀であって、最初期の著述に現れるナレーションの断片から発展してその歴史の途中で出来上がった可能性があると述べている [19] 。しかしながら、近年ではヴィンセント・A・トビン [20] とスザンヌ・ビッケル [21] が、その複雑で柔軟な性質がゆえに、エジプト神話では長い説話が必要とされなかったと指摘している。トビンが主張するには、説話はそれらが説明する出来事について単純で固定された見方を形成する傾向があるので、説話は神話に対してさえ異質なものである。もしも神話にナレーションが必要とされないならば、神の性質または行動についての考えを伝えるどんな声明も「神話」と呼ばれうることになる [20] 。.

死者の書 は、古代エジプト人が信仰した、この「第二の誕生」を得るための指南書であったと言われている。 ピラミッド についても墓ではなかったと言われ、死後の世界に旅立つ 太陽の船 に乗るための場として建造されたものとされる。神殿などに刻まれた名前も、名前こそが死後の再生に必要な要素であると信じられたために、できる限り後世に残すべく、数多く刻まれたものと考えられている。.

  • この項目「 エジプト神話 」は翻訳されたばかりのものです。不自然あるいは曖昧な表現などが含まれる可能性があり、このままでは読みづらいかもしれません。(原文: en:Egyptian mythology , 9 May ) 修正、加筆に協力し、現在の表現をより原文に近づけて下さる方を求めています。 ノートページ や 履歴 も参照してください。 ( 年6月 ).
  • エジプト人の時間に関する視点は彼らの環境による影響を受けた。毎日太陽が昇っては沈み、土地に光をもたらし、人間の活動を規則的にさせた。毎年ナイル川は氾濫し、土壌の肥沃度を刷新してはエジプト文明を維持させる生産性の高い農業を可能にした。これらの周期的な出来事は、全ての時間が(神々と宇宙を刷新する)マアトによって調整された一連の繰り返しパターンだと、理解するための着想をエジプト人に与えた [3] 。エジプト人は歴史上の時代が違えばその詳細も異なることを認識していたが、神話のパターンがエジプト人の歴史認識を支配していた [63] 。.
  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.
  • 讃えられた王の事績については詳しく書いてあるのですが、讃えている神の方については「みんな知ってるでしょ」という感じでその性格や系譜などについて説明してはいない のです。.

Mythpedia 8 1 1 55 2 2 1 5 14 14 ダージュ の 調律 14 3 27 4 1 1 2 1 1 エジプト 神話 最高 神 16 6 90 7 28 2 15 3 20 7 3 5 5 19 14 1 16 1 4 ! [79]. en en [ 4] []. [25] [26] [27]. [77] [78] [31] .

エジプト神話にとってもう一つの有力な資料に儀式がある。多くの儀式は神話に言及しており、時には神話に直接基づいている [6] 。しかし、文化としての神話が儀式以前に発達したのか、あるいはその逆なのかを断定するのは困難である [7] 。この神話と儀式の関係についての問いかけは、一般にエジプト学者および 比較宗教学 者の間で(どちらが先か)多くの議論を生むことになった。古代エジプトでは、最初期の宗教的実践の証拠は文字に記された神話よりも昔のものである [6] 。エジプト史初期の儀式は神話からのモチーフを幾つか含んでいた。これらの理由から、一部の学者はエジプトでは神話の前に儀式が出現したと主張している [7] 。しかし初期の証拠はごく僅かであるため、この問題は決して確実には解決しない可能性がある [6] 。. 神々の本当の領域は神秘的であり、人間では到達できない。神話の物語は象徴化を用いることでこの領域の出来事を理解しやすくしている [29] 。ただし神話記述のあらゆる細部に象徴的な意味があるわけではない。一部の図像や事案は、宗教的なテキストにおいても、より広い意義を持つ神話の単なる視覚的または劇的な装飾として意図されたものに過ぎない [30] [31] 。.

エジプトの信仰では、秩序ある世界の前からあった無秩序が形状のない無限の水の広がりとして世界を超えて存在しており、神 ヌン として擬人化されている。 ゲブ という神に擬人化された大地は平らな土地であり、通常その上には女神 ヌト によって表される天空が弓なりになっている。この両者は大気の擬人化である シュー によって隔てられている(右の絵図参照)。太陽神ラーは自らの光で世界を賑わせながら、ヌトの全身である空を通って移動すると言われている。夜にラーは西の地平線を越えて、形のないヌンと境を接する謎めいた領域 ドゥアト に踏み入る。夜明けに彼は東の地平線のドゥアトから出てくる [56] 。.

Amazon Kindle. - - - - - - - - - - - - - - - - - - !

また読む:

うた プリ ダンス

艦 これ 加賀 強い

ジ・ エンプレス ダンボール戦機

イナズマ イレブン 3 帝国 学園 チケット

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Shino 21.03.2020 03:56
どのような古代エジプトの信仰が神話であるのかを定義することは、学者にとっても難題である。エジプト学者 ジョン・ベインズ en により示された神話の基本的な定義は「神聖または文化的に中心となる 説話 」である [18] 。エジプトでは、文化および宗教の中心となる説話がほぼ全て神々の間で起きた出来事に関するものである。神々の行動に関する実際の説話は、特に初期からエジプトの文書では稀であり、そのような出来事への言及の大半は単なる顕彰かあるいは隠喩である。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020