ルール ザ ワールド 和訳

発行者: 21.03.2020

tags : 音楽   Lyrics   和訳   洋楽. 管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます

Photo by sozai-free px. Template by eriraha. ギターソロもローランドによるものですが、小難しいテクニックなどない、 シンプルなメロディを浮遊感たっぷりに奏であげて います。 楽曲全体は 重厚で荘厳な雰囲気 いっぱいなのに、 ポップスとしても成立 している、80年代を代表する1曲になりました。. では今日は、年にリリースされた、 TEARS FOR FEARS (ティアーズ・フォー・フィアーズ)の2ndアルバム、 SONGS FROM THE BIG CHAIR (邦題:シャウト)をご紹介したいと思います。. この曲はイギリスではアルバムリリースの約半年前に先行シングルとしてリリースされ、 第14位 を記録しています。 そしてアメリカでは、アルバムから3曲が大ヒットしたのを受けて、リミックスヴァージョンという形で4thシングルとしてカットされシングルチャートで 第27位 を記録しています。. 僕が初めて彼らの音に触れたのは SHOUT (シャウト)という楽曲だったと思います。 年に彼らの母国イギリスでシングルとしてリリースされたこの曲は 非常に強烈で印象的な楽曲 でした。 チャートに上がると当然のようにPVなども繰り返し見ることになります。 それを見る限り、明るくポップな曲のあふれている時代に、なんか 悲壮感漂うのにポップ、という非常に相反する要素 がとても目立ったのを記憶しています。.

80. Unfair Everbody wants to rule the world. 1st 2No.

このクリエイターの人気記事

まさに絶妙のタイミングでイギリスから世界に飛び出したこのアルバムは、やはり 80年代洋楽を語る上で欠かすことができない名盤 と言えると思います。. まず、80年代ど真ん中だけに、 当時の流行 をしっかりと取り入れてますね。 最新のシンセ、ドラムマシンなどを駆使して、非常に 新鮮なアレンジがアルバムにあふれて います。 そして、アルバム全部の作曲にローランドが関わってますが、彼の メロディメイカーとしての才能も見事に開花 したと言えるのではないでしょうか。 やはり、 メロディが良いので、ポップアルバムとして非常に聴き易く、耳障りがよい のです。.

あと、どうしても加えておきたい点ですが、ブライアン・イーノの影響によるものと思われますが、 アンビエント・ ミュージック(環境音楽)的な雰囲気 がアルバム全体に漂ってますね。 ここに、聴いて心地よい秘密が隠されてるのではないかと僕は思っています。 楽器もヴォーカルも、 浮遊感を感じる部分が非常に多く感じられ ます。 また、とりわけルール・ザ・ワールドのあの、 美しい音響の空間処理 は、楽曲の持つ クオリティを1段も2段も上げている と思えます。. 最新の機材、美しいメロディ、柔らかくも芯のあるヴォーカル、そして浮遊感漂う美しい音響空間、これらの融合が 極上のポップアルバムを作り上げた といえるのではないでしょうか。.

この曲のヘッド・オーヴァー・ヒールズの部分がアメリカで3rdシングルとしてカットされ、シングルチャート 第3位 、Adult Contemporaryチャート 第5位 、Mainstream Rockチャートで 第7位 を記録しています。 イギリスでは4thシングルで、 第12位 を記録しています。.

  • 最新の機材、美しいメロディ、柔らかくも芯のあるヴォーカル、そして浮遊感漂う美しい音響空間、これらの融合が 極上のポップアルバムを作り上げた といえるのではないでしょうか。.
  • そうですよね 曲調を聴いただけでは普通のポップ・テイストなので まさかこんな意味深な歌詞だとは思いません。 まさに「ドライブ・ミュージック」ですが どこまで解釈を入れていいのか、入れない方がいいのか 迷いながら訳しました。(笑). そのようにローランドはこの曲に対して消極的だったのですが、プロデューサーの クリス・ヒューズの説得により レコーディングが進められます。 結果として、アルバムの中では異彩を放ってはいるものの、またも 80年代を代表するような優秀な作品が世に出る ことになりました。.

2 80. 14 34th 27. 2nd No. posted with. SHOUT PV .

【歌詞和訳】Coldplay「Viva La Vida(美しき生命)」

この曲はいきなりサクソフォンのソロから始まります。 サックスの音の周りをシンセサウンドが彩る イントロに続いてパーカッションが加わり、再びサックスが響き渡ります。 前曲と全く異質な始まりを見せますが、歌メロが入る頃には、やはりティアーズ・フォー・フィアーズのサウンドになってるところがいいですね。 ローランドのヴォーカルがここでも、楽曲の中心で歌い上げられます。 サックスの音も、途中から異質に感じなくなり、 楽曲に溶け込んだ風に感じられる のが不思議です。.

メールアドレス(公開されません) 必須. 小生は80年代アーティストへの評価・拘りは70年洋楽に比較すると薄いですが、「ティアーズ・フォー・フィアーズ」は大好きなバンドでした。有名な曲は「ルール・ザ・ワールド」「シャウト」ですが、一番傾倒しているのは「シーズ・オブ・ラブ」です。この曲を初めて聴いた時「これはまさにビートルズの中期サウンドではないか!」と目を丸くしました。まさに「リヴォルバー」「サージェントペッパーズ」「マジカルミステリーツアー」の頃のサイケデリックなビートルズが再現されており、曲調とアレンジはまるで「I am the Walrus」をモチーフにしているかのようなアップテンポな軽快曲だと思いました。大作「シーズ・オブ・ラブ」の制作は5年間もかけているから本当に驚きました。2人はまさにビートルズの再現を意識して音源の録音編集に拘り妥協を許さず創造を極めたのでしょう。.

posted with カエレバ.

LinnDrum 80. Photo by sozai-free px. 12. Re: 80 .

まとめとおすすめポイント

Template by eriraha. posted with カエレバ. 花見で地図や双眼鏡、メモ帳… 何だか、みすてぃむーんさんの日常にありそうな条件でしょ? あと、どうしても加えておきたい点ですが、ブライアン・イーノの影響によるものと思われますが、 アンビエント・ ミュージック(環境音楽)的な雰囲気 がアルバム全体に漂ってますね。 ここに、聴いて心地よい秘密が隠されてるのではないかと僕は思っています。 楽器もヴォーカルも、 浮遊感を感じる部分が非常に多く感じられ ます。 また、とりわけルール・ザ・ワールドのあの、 美しい音響の空間処理 は、楽曲の持つ クオリティを1段も2段も上げている と思えます。.

  • また再び ダークで力強いサウンド に戻ります。 シンセベースが16分のリズムを刻み、 非常に勢いのある楽曲 になっています。 この曲ではエレキギターが結構目立って楽曲を飾り立ててます。 間奏部の 切り裂くようなエレキのリフ も非常にかっこよいですね。 ところどころに挿入される オーケストラヒットも、非常にかっこよく効果的 に決まってます。 なかなか ハードでエッジの効いたロックテイスト のある曲になってますね。.
  • 小生は80年代アーティストへの評価・拘りは70年洋楽に比較すると薄いですが、「ティアーズ・フォー・フィアーズ」は大好きなバンドでした。有名な曲は「ルール・ザ・ワールド」「シャウト」ですが、一番傾倒しているのは「シーズ・オブ・ラブ」です。この曲を初めて聴いた時「これはまさにビートルズの中期サウンドではないか!」と目を丸くしました。まさに「リヴォルバー」「サージェントペッパーズ」「マジカルミステリーツアー」の頃のサイケデリックなビートルズが再現されており、曲調とアレンジはまるで「I am the Walrus」をモチーフにしているかのようなアップテンポな軽快曲だと思いました。大作「シーズ・オブ・ラブ」の制作は5年間もかけているから本当に驚きました。2人はまさにビートルズの再現を意識して音源の録音編集に拘り妥協を許さず創造を極めたのでしょう。.
  • Please Please Me With The Beatles A Hard Day's Night Beatles For Sale Help!
  • この曲はイギリスではアルバムリリースの約半年前に先行シングルとしてリリースされ、 第14位 を記録しています。 そしてアメリカでは、アルバムから3曲が大ヒットしたのを受けて、リミックスヴァージョンという形で4thシングルとしてカットされシングルチャートで 第27位 を記録しています。.

8070I am the Walrus 2 1st. Unfair Everbody wants to rule the world. Please Please Me With The Beatles A Hard Day's Night Beatles For Sale Help.

そうですよね 曲調を聴いただけでは普通のポップ・テイストなので まさかこんな意味深な歌詞だとは思いません。 まさに「ドライブ・ミュージック」ですが どこまで解釈を入れていいのか、入れない方がいいのか 迷いながら訳しました。(笑). また再び ダークで力強いサウンド に戻ります。 シンセベースが16分のリズムを刻み、 非常に勢いのある楽曲 になっています。 この曲ではエレキギターが結構目立って楽曲を飾り立ててます。 間奏部の 切り裂くようなエレキのリフ も非常にかっこよいですね。 ところどころに挿入される オーケストラヒットも、非常にかっこよく効果的 に決まってます。 なかなか ハードでエッジの効いたロックテイスト のある曲になってますね。.

ギターソロもローランドによるものですが、小難しいテクニックなどない、 シンプルなメロディを浮遊感たっぷりに奏であげて います。 楽曲全体は 重厚で荘厳な雰囲気 いっぱいなのに、 ポップスとしても成立 している、80年代を代表する1曲になりました。.

801. Photo by sozai-free px.

また読む:

ガーディアン オブ ギャラクシー 曲

お 風呂 上がり 二 重 に なる

ラブ ライブ その だ うみ

暗記 方法 一夜漬け

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Goro 22.03.2020 12:51
I Wish~洋楽歌詞和訳&解説 80年代の洋楽ロック・ポップス&ビートルズを中心に、歌詞の和訳と解説+エッセイでお届けします. Photo by sozai-free px.
Gina 23.03.2020 19:29
小生は80年代アーティストへの評価・拘りは70年洋楽に比較すると薄いですが、「ティアーズ・フォー・フィアーズ」は大好きなバンドでした。有名な曲は「ルール・ザ・ワールド」「シャウト」ですが、一番傾倒しているのは「シーズ・オブ・ラブ」です。この曲を初めて聴いた時「これはまさにビートルズの中期サウンドではないか!」と目を丸くしました。まさに「リヴォルバー」「サージェントペッパーズ」「マジカルミステリーツアー」の頃のサイケデリックなビートルズが再現されており、曲調とアレンジはまるで「I am the Walrus」をモチーフにしているかのようなアップテンポな軽快曲だと思いました。大作「シーズ・オブ・ラブ」の制作は5年間もかけているから本当に驚きました。2人はまさにビートルズの再現を意識して音源の録音編集に拘り妥協を許さず創造を極めたのでしょう。. ダークな雰囲気の歌なのですが、歌のメロディがいい ので、つい聴きいってしまいます。 シンセの音も、サックスのソロも、楽曲をいい感じに盛り上げて、良曲に仕上がってます。 アルバムの2曲目で、 とても重たいのに、聴き苦しくはない という、彼らの独特の世界になっています。 ここまで、 重厚なポップアルバム の様相を呈してお腹いっぱいになれます。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020