キリスト教 地獄 階層

発行者: 26.03.2020

等活地獄(とうかつじごく) 地獄の世界の中で、一番浅い場所に位置するエリア。殺生をすると、ここに落ちます。この地獄に落ちると、死者同士で鉄の爪で相手を引き裂き、骨になるまで戦います。ちなみにこの「等活地獄」は、さらに細かく7つの場所に分かれています。 「 屍泥処(しでいじょ) 」 熱い糞尿の湖に虫が這いつくばり、食いつかれ、皮を破り肉を食われる場所。 「 刀輪処(とうりんじょ) 」 高い鉄壁の中が猛火に包まれていて、大雨のように熱鉄が降っている場所。 「 おう熱処 」 豆を炒るように鉄の甕(かめ)で熱さられる場所。 「 多苦処 」 縄で縛られ、杖で打たれ、険しい岩山から落とされる場所。 「 あん冥処 」 大嵐の吹き荒れる場所。 「 不喜処 」 大火災が昼夜燃え、炎の口をもつ鳥や犬や狐に食われる場所。 「 極苦処 」 鉄の棒で全身を貫かれる場所。 …こんな感じで、以降も残忍な描写が続きます。 2.

新生 していない者が落ちる地獄について解説し、キリストを信じてこの 神の怒り から、迫り来る滅びから、逃れるようにと説教した、 ジョナサン・エドワーズ の『 怒れる神の御手の中にある罪人 』が有名。. 罪人が絶滅、消滅するとし、地獄、火の池での永遠の刑罰を否定する教理は霊魂消滅説(絶滅説)と呼ばれる。 キリスト教弁証家 の アルノビウス が4世紀にこの説を説いたが、一般には受け入れられず、第5ラテラノ総会議 年 にて 異端 とされた。しかし19世紀になって、霊魂不滅を信じる一般的風潮にもかかわらず一部の神学者の間でこの説は受け入れられ、 エドワード・ホワイト は著書にてこの説を強調した [34] [35] 。.

ウェストミンスター信仰告白32章「人間の死後の状態について、また死人の 復活 について」で死後どうなるか告白する。悪人の霊魂は死後、大いなる日のさばきまで、「苦悩と徹底的暗黒のうちにありつづける。」 また、正しくない者のからだは、イエス・キリストが再臨してから、「キリストの力によって恥辱によみがえらせられる。」 33章「最後の審判について」で、神がこの日を定めた目的について告白する。「邪悪で不従順な捨てられた者の永遠の刑罰において神の正義の栄光が表されるためである。」「神を知らずイエス・キリストの福音に服さない悪人は、永遠の苦悩に投げ込まれ、主のみ前とみ力の栄光とからの永遠の破滅をもって罰せられるからである。」 [19].

カトリックの前近代までの地獄観では、新約聖書の記述などから、しばしば極少数のみが救われて天国や 煉獄 に入り、死者のほとんどは地獄に堕ちてしまう、と解釈されることがあり、歴史上、複数の教皇や 聖人 が言及してきた。しかし、このような解釈は、現代のカトリック教会ではごく一部の超保守派を除くとほとんど支持されておらず、『カトリック教会のカテキズム』には、地獄に落ちる具体的な人数や割合については書かれていない。 教皇 ヨハネ・パウロ2世 は、「地獄の問題は オリゲネス から始まって、常に思想家達を悩ませてきた」としながら、教会の長として教理上は地獄の存在を肯定せざるを得ないものの、「そこに誰が入っているかは誰一人として分からず、果たしてキリストを裏切った ユダ がそこにいるかどうかさえわからない。」と述べたことがある [14] 。.

人を愛する神の姿が、人々を永遠の地獄(後述)に落として懲罰を与える姿とどのように両立するかという問題に対して、 シリアのイサアク が回答を与えている。イサアクによれば、神に愛されない人も場所もない。人が悪を選ぶのであれば、その人は自ら神の憐みを失っている。至福の人・義人には神の愛は喜びとなり、ゲエンナ(地獄)に落ちる人々にとっては愛が災禍となって鞭に変わる。このように、神の愛があるかないかの差異が人それぞれにあるのではなく、愛される人々の状態によって神の愛の結果が変わるといったことをイサアクは指摘している。内面の状態の顕現という点で言えば、この世の終末における人々の 復活 も、存在するものの内面の状態の顕現として顕れるとされており、その事は エジプトのマカリオス や 新神学者シメオン の言葉にも表現されている [32] 。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 黒縄地獄(こくじょうじごく) 殺生、盗みをすると落ちるエリア。鬼たちによって熱鉄に臥せられ、熱鉄の縄で筋をつけられ、熱鉄の斧でその縄目の通りに切り裂かれる恐ろしい地獄。そのほかにも熱鉄の山に登らされて、落ちた下にある大釜で煮られることも。体が元に戻っては同じことが繰り返され、これが年も続くのです。 3.

17 [18]. : Wikipedia!

  • 他方、地獄を霊魂の死後の状態に限定せず、愛する事が出来ない苦悩・神の光に浴する事が出来ない苦悩という霊魂の状態を指すとし、この世においても適用出来る概念として地獄を理解する見解が 正教会 にある。この見解は ドストエフスキー の『 カラマーゾフの兄弟 』に登場するゾシマ 長老 の台詞にもみえる。地獄を死後の場所に限定せず、霊魂の状態として捉える理解は、楽園が霊魂の福楽であると捉える理解と対になっている [3] 。.
  • キリスト教 内でも地獄に対する捉え方が 教派 ・神学傾向などによって異なり、ゲヘンナとハデースの間には厳然とした区別があるとする見解と [4] 、区別は見出すもののそれほど大きな違いとは捉えない見解 [2] など、両概念について様々な捉え方がある。.

エジプトの地下の国「ツアト」 古代エジプトに伝わる『死者の書』によると、選ばれた霊魂が、太陽神ラーの慈しみによって天国へと導かれます。その天国では、神々の仲間入りができるうえに、パンは腐らず、ビールを永遠に好きなだけ飲むことができる。さらには自由に旅できる特典付きで、自分の墓や地上も自由に往復できるし、日が落ちると宇宙を旅することもできたんだそう(古代エジプトの「天国」は他の国々で見られないほど優しい待遇が満載!)。しかし、この天国に全ての人が行けるわけではなく、多くの霊魂は地下の国「ツアト」…すなわち地獄に行かなくてはなりません。ツアトの谷底には、毒ガスが立ち上り、救いの船に乗ることができないと蛇や鰐の餌食になってしまいます。運良く救いの船に乗られると、今度はオシリスの法廷…つまり閻魔大王のような存在に、地上での罪を審判されると言われています。ここで合格すると、天国へ向かうことができるのです。 3. キリスト教の聖書には、天国は「神の御国」と書かれていて、神によって完全な公平性と正義、秩序が保たれた世界とある。悲しみも苦しみも存在せず、幸せな場所らしい。 一方仏教において天国とは極楽浄土のことを指す。そこには七宝の池という宝が数え切れない宝の沈む池があり、池の水もご利益のある(具体的にどういうことなのかはわからないが)水だという。極楽浄土の樹木も金や銀、瑪瑙で作られていて、これら宝木は並木であり、宝石で編まれた網がかかっているのだそうだ。この網を羅網という。こういった極楽浄土の風景については、「大無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」に記されている。 このようにキリスト教の言う天国と比べて、日本でいう天国、つまり極楽浄土はだいぶ具体的であり、宝で埋め尽くされている点など、案外俗物的である。そもそも仏教において人間は輪廻転生に囚われていて、悟りによって輪廻転生の枠組みから超越する、いわばこの世からの解脱をすることによってのみ、極楽浄土にいける。死ぬだけではだめなのだ。キリスト教は基本的に信仰があれば天国にいけるものの、信仰がなければ地獄に落ちる。.

詳細は「 霊魂消滅説 」を参照. 西暦( ユリウス暦 ) 年 の 聖金曜日 ( 復活祭 直前の金曜日)、人生の半ばにして暗い森に迷い込んだダンテは、地獄に入った。作者であり主人公でもあるダンテは、私淑する詩人ウェルギリウスに案内され、地獄の門をくぐって地獄の底にまで降り、死後の罰を受ける罪人たちの間を遍歴していく。ウェルギリウスは、キリスト以前に生れたため、キリスト教の恩寵を受けることがなく、 ホメロス ら古代の大詩人とともに未洗礼者の置かれる 辺獄 (リンボ)にいた。しかし、ある日、地獄に迷いこんだダンテの身を案じたベアトリーチェの頼みにより、ダンテの先導者としての役目を引き受けて、辺獄を出たのである。. 使徒行伝 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

[13]. [11]. [33] .

霊、魂、陰謀論などに焦点を当てて書いています。海外記事の翻訳もしています。

地獄は永遠であるのかという問題については、 ロシア正教会 の渉外局長である 府主教 イラリオン・アルフェエフ が、 聖大土曜日 の カノン の祈祷文と、 ニッサのグリゴリイ(グレゴリオス) および シリアのイサアク の言葉を根拠としつつ、ゲエンナの世界は終わりを迎え、地獄は駆逐されるが、その終末がいつであるかは人の知恵では知りえない機密のうちに隠されているとする。 オリゲネス 主義者が断罪されたのは、アポカタスタシス(全面復活)思想を合理的に証明し、地獄の苦しみが永遠ではない事を証明しようとしたことによるのであり、これは神慮に属することを思想的投機の対象としてはならないためであったとする。死者のために祈る事の必要性と、神に不可能な事はない事についても、イラリオンは正教要理と同様の聖書の箇所、および ロマ書 と ペトル後書 を挙げつつ言及している。イラリオンによれば、正教教理はオリゲネス主義的なアポカタスタシスの理解を避けるが、 聖体礼儀 および 機密 体験による全ての人々の救いへの期待は否定しない [3] 。. 天国はどんな場所なのか キリスト教の聖書には、天国は「神の御国」と書かれていて、神によって完全な公平性と正義、秩序が保たれた世界とある。悲しみも苦しみも存在せず、幸せな場所らしい。 一方仏教において天国とは極楽浄土のことを指す。そこには七宝の池という宝が数え切れない宝の沈む池があり、池の水もご利益のある(具体的にどういうことなのかはわからないが)水だという。極楽浄土の樹木も金や銀、瑪瑙で作られていて、これら宝木は並木であり、宝石で編まれた網がかかっているのだそうだ。この網を羅網という。こういった極楽浄土の風景については、「大無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」に記されている。 このようにキリスト教の言う天国と比べて、日本でいう天国、つまり極楽浄土はだいぶ具体的であり、宝で埋め尽くされている点など、案外俗物的である。そもそも仏教において人間は輪廻転生に囚われていて、悟りによって輪廻転生の枠組みから超越する、いわばこの世からの解脱をすることによってのみ、極楽浄土にいける。死ぬだけではだめなのだ。キリスト教は基本的に信仰があれば天国にいけるものの、信仰がなければ地獄に落ちる。.

異なる地獄観 キリスト教が永遠の幸せ、終わりのない苦痛としているのとは対照的に、仏教の天国も地獄もやたら具体的で、まるで見てきたかのような細かい描写が伝えられている。死後の世界が実際にあるかどうかはわからない。死なないといけないからだ。しかし、なぜ死んだ人しかいけない場所が今生きている人々に伝わっているのだろうか?大変興味深い限りである。. 唯一無二の存在感!かっこよすぎる「北斎スーツケース」できました!【UKIYO-E 】.

[32]. [26] [27] [28]. : Wikipedia.

日本(仏教)で伝えられている地獄とは?

ちなみに、この頃の倫理観では、強盗よりも盗人の方が罪は重いとされる。 強盗は抗う余地があるが、盗人はそれが与えられないため、らしい。. アウグスティヌス ( 年 - 年 )は、『神の国』において同様のことを書いており、さらに死後の「肉体のない霊が不思議な方法であるにしても、実際に物資的な火であると言えないだろうか。なぜなら人間の霊は、勿論肉体とは違うが、今のところ肉体と結ばれているだけでなく、来世において肉体と解き放つことのできない方法で結ばれるからである」として、火の責め苦の現実性を強調し、また「『火と硫黄の池』とも言われるあのゲヘンナは、物資的な火であり、滅びた人の体を苦しめるだろう。人間も悪魔も苦しめるだろう。人間の場合は物資的な火があるものであり、悪魔の場合は存在物である。人間の体はその霊魂と共に、悪魔の霊は肉体なしに一緒に苦しみを受けるだろう」と 公審判 後の人と悪魔の受ける苦罰を描写していた [13] 。.

地獄界は、まず「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」と銘された 地獄の門 を抜けると、地獄の前庭とでも言うべきところに、罪も誉もなく人生を無為に生きた者が、地獄の中に入ることも許されず留め置かれている。その先には アケローン川 が流れており、冥府の渡し守 カロン の舟で渡ることになっている。地獄界の階層構造は、以下のようになっている。.

: Wikipedia. [33]. - [13]. 7 … 2.

地獄の中心ジュデッカのさらに中心、地球の 重力 がすべて向かうところには、神に叛逆した堕天使のなれの果てである魔王 ルチフェロ ( サタン )が氷の中に永遠に幽閉されている。魔王は、かつて光輝はなはだしく最も美しい天使であったが、今は醜悪な三面の顔を持った姿となり、半身をコキュートスの氷の中に埋めていた。魔王は、イエス・キリストを裏切ったイスカリオテのユダ、 カエサル を裏切った ブルートゥス と カッシウス の三人をそれぞれの口で噛み締めていた。.

府主教 イラリオン・アルフェエフ によれば、人が神から離れたことを実感する苦悩のシンボルとして「火」「寒冷」「渇き」「白熱の火炉」「焦熱の湖」などがあるが、西欧中世文学が創作した形象は物質的で粗野なものであり、永遠の苦悩の概念が歪められてしまったとされる。また 掌院 ソフロニイ は、 ハリストス(キリスト) は愛であること、最後の審判においてさえ神は人を愛し続けると述べている。ミケランジェロのフレスコ画『最後の審判』に示された神の怒り・裁き・侮辱・決闘応諾等の スコラ 的教えは、正教的理解と相容れる点が少ないとされる [3] 。. 大焦熱地獄(だいしょうねつじごく) 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄言、邪見、犯持戒人(尼僧・童女などへの強姦)をした者が落ちる地獄。炎の刀で体の皮が剥ぎとられ、沸騰した熱鉄を体に注がれてしまいます。 8. 堕天使ルシファー(サタン) が氷の中に永遠に幽閉されており、 ここで、銀貨30枚で主であるイエスキリストを売った ユダ 、 カエサルを裏切った ブルータス と カッシウス が、堕天使ルシファーに噛み続けられている。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いかがだったであろうか。 こうして全部を無理矢理まとめると、思った以上に長くなってしまったのが悔やまれる。 もっと簡単にまとめると、罪が重いとされる順番は 洗礼受けなかった者<愛欲者<貪食者<貪欲者<憤怒者<異端者<暴力者<悪意者<裏切り者 といった感じか。 本当に長くなった。 どうかこの記事をあなたたちの教養の糧にでもしてほしい。 これからキリスト教の勉強をしたいと思っている人、神曲を読もうと思っている人、 中世ヨーロッパの地獄観を知りたい人、自分が死んだらどこへ行くか気になる人(笑)には きっと役に立つ記事だと思う。 私的メモ。 叙事詩とは、物事や出来事を記述する形の韻文であり、(例:万葉集、マハーバーラタなど) 韻文とは、一定の韻律を持ち、形式の整った文章のことである。(例:川柳や俳句など).

Comedia [2] 15 16. 14 [17] [17] .

また読む:

愛知 峠 走り屋

左衛門 佐 ガルパン

くすぐった がり 原因

主人公 最強 実力 隠し アニメ

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Katashi 02.04.2020 07:51
地獄に落ちろという悪口、または捨て台詞が存在するが、相手に悪意を向けていることは確実だ。これは相手がどんな目に会うことを期待した言葉なのだろうか。キリスト教でいう地獄では永遠に消えることのない炎があり、神を信じずに死んだ人間はそこで焼かれる。日焼けサロンも真っ青である。霊体であるため死ぬことはできず、永遠に身を焼かれる苦しみを味わうことになるそうだ。 仏教はどうだろうか。キリスト教では地獄は地下に存在する世界らしいが、仏教には明確に地獄という場所があるわけではないという。それでも八大地獄というものがあり、八つの階層があり、下に行くほど生前で重い罪を犯している人間が送られる。具体的には、等活地獄、黒縄地獄、衆合地獄、叫喚地獄、大叫喚地獄、焦熱地獄、大焦熱地獄、無間地獄の八つだ。 最も軽いとされる等活地獄では、生前に人殺した者が堕ちる。ここに堕ちると、なんだかイライラしてしまい、等活地獄に落ちたもの同士永遠に争い続けるそうだ。4番目に軽い叫喚地獄は、生前人を殺し、盗みをし、さらに性犯罪を犯し、酒を飲むと堕とされる。ここでは鬼にいびられながら鍋に投げ込まれ煮られたり、溶けた銅を口に流し込まれるという。.
Tamiko 29.03.2020 14:35
悪意の種類により、それぞれ以下の マーレポルジェ(悪の嚢) に振り分けられる.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020