アクセル ワールド 13 巻

発行者: 30.03.2020

アクア・カレントも遂に参戦。 いよいよ学園祭もスタート。 加速世界は勿論のこと、現実世界でもハルユキが成長中で見ていて嬉しい。 他校の生徒(全員女の子、しかも可愛い)を引き連れてイチャコラとかハルユキやるなw 綸のヒロイン力がヤバイ。 ISSキットに寄生された綸を救うため、急遽アクア・カレントの無限EKからの解放と、ISSキットの破壊に挑むことに。 またまた続きが気になる終わり方。. ラノベの感想 アクセル・ワールド 第13巻 水際の号火 電撃文庫.

音楽・TV・エンタメ (98). 購入して読む 無料で試し読み. 詩・短歌・俳句 (1,). 前巻の最後で登場したアクア・カレントさんがネガ・ネビュラス復帰。 んで、あれやこれやとあった後、ラノベの定番(?)である文化祭に突入。 もちろん無事に終わるわけもなく、あれやこれやと加速世界へ。 この著者さん、前の「災禍の鎧」編の辺りもそうだったけど、結構な大イベントを複数まとめて処理しようとするよなぁ。 今回の話もあと2冊(もしかしたら3冊?)くらいは続きそうなもよう。 まぁ、楽しく読ませていただきますが。. IT・Eビジネス・資格・読み物 (). 女子向けラノベ (2,).

10…. 30,! 23 1 15 1 2 ? 39.

心理学 (2,). 看護学 (). 加速世界に生きる少年少女の物語の第13弾。 光学誘導を得たクロウ。 そんな中、領土戦でなぜかプロミが攻めてきて…。 現実では文化祭が行われるその裏で魔の手が忍び寄る。 盛り上がってきますねぇ。 仲間がどんどん増えてくるし、色んな過去との結びつきも明らかになってくしるしね。 安定して読めます。 それとカレンさんは素敵なの。 P57の姿なんて最高なの。 間違いなくNo1!.

1巻(黒雪姫の帰還)のあらすじ

心理学 (2,). エンターテイメント (1,). ゲーム攻略本 (). コミック (69,). 宇宙学・天文学 (). コンピュータ・インターネット (2,). 占い (1,).

  • 電子書籍ストア 小説・文学 経済・ビジネス 男性コミック 女性コミック ライトノベル 暮らし・実用 雑誌 BL ボーイズラブ TL ティーンズラブ アダルト ジャンル一覧 新着予約一覧 無料一覧 セール一覧 特集一覧.
  • ゲーム攻略本 (). 会員登録 カートを見る お気に入り お知らせ.

言語・文化 (1,). サーベラス編保留。 あのアクア・カレントが登場。記憶の封印も解除。 水をプリズムにしてビームを回避したり、水を使って水路を偵察したり、多機能。 領土戦でのプロミネンスのブレイズハートとの戦いは面白かった。マイクで音符を出す攻撃、マイクに「バーニングハート」と叫んで、全身を炎で包んで熱血勝負を挑むアイドル。 文化祭をはさんで、ISSキットに寄生されたアッシュ。 次回は、アッシュを助けるために、アクア・カレントの奪還? ガイド (3,).

BL TL. My My My .

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

エッセイ・随筆 (7,). 教育 (1,). 展開的にには繋ぎ的な内容とはいえお話自体はきっちり面白かったです。なかでもハルユキがモテモテな理由がついに明らかになったところとか。 ただあいかわらずというか更にというかニコに退場フラグが立ってるのはやはり気になるのだった。. ラノベその他 (). スポーツ・アウトドア (3,).

13 … P57 No1. BL TL ! ISSEKISS .

「アクセル・ワールド(電撃文庫)」作品一覧

すべての趣味・実用 (88,). 小説 (61,). ホラー (1,).

My My My. IT .

また読む:

まだだ、 まだ終わらんよ 名言

フィギュア スケート 靴 ブレード

ドレミファ・ どーなっつ キャラクター


コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Tenchi 30.03.2020 10:37
外国文学 (1,).
Misaki 04.04.2020 00:48
薬学 (92). 中ボス?決戦前の萌え回。 リア充爆発しろの回でもあったが。 格闘ゲームを小説で表現するのは難しい、というのは別の小説で感じたものだけど、これはまたそれとはちょっと違ってて、ある意味設定勝ち、なのかなぁ、と。 まあ、話の先が気になるというか、見えてはいるけどどういう展開になるのか気になる、というか。 こういうのを惰性というのか嵌ったというのか、さてどっちだろう。.
Tama 04.04.2020 08:40
久々のアクセル・ワールド新刊。 この時をどれだけ待ったことか・・・! アクア・カレントが遂にネガ・ネビュラスに復帰しますますハルユキの周りがハーレムに・・・そういう話ではないか。 今まで必ず黒雪姫が表紙だったのが突然ニコになったのは単にリフレッシュとのことだが、本編ではちゃんとニコが大活躍するし、ましてニコが窮地に立たされることはないので安心して欲しい。 そう、「ニコは」・・・ 今回マゼンタ・シザーの新たな被害者が(と言っても、最初の口絵見れば誰かわかるけど)。ただ今回は今までのバーストリンカーと様子が違うようで・・・ 今回はニコに加えういういにも心境の変化が。アクセル・ワールドはひとりひとりの心の傷に立ち向かう様子が丁寧に書かれていてそこがすごいいいんだよね。その分長くなってしまってるのだろうけど、私は何年かかってもついていきますぞー!. 中ボス?決戦前の萌え回。 リア充爆発しろの回でもあったが。 格闘ゲームを小説で表現するのは難しい、というのは別の小説で感じたものだけど、これはまたそれとはちょっと違ってて、ある意味設定勝ち、なのかなぁ、と。 まあ、話の先が気になるというか、見えてはいるけどどういう展開になるのか気になる、というか。 こういうのを惰性というのか嵌ったというのか、さてどっちだろう。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020