女の子 食べ たい

発行者: 04.04.2020

コメント 1. jpアソシエイト。 サポートをする.

男は鉄パイプを構え、さっきまでとは別人みたいな表情で私を睨んでいた。少しでも私が動いたら、すかさず反撃に転じるとでも言うように。 「食べないでくれ。お願いだ……」  険しく狭められた眉根、こわばった? 人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0.

男は鉄パイプを構え、さっきまでとは別人みたいな表情で私を睨んでいた。少しでも私が動いたら、すかさず反撃に転じるとでも言うように。 「食べないでくれ。お願いだ……」  険しく狭められた眉根、こわばった? の上で彼の血と混じり合い、透明な渦を描いた。 「私、エイジくんのこと、ずっと食べたいと思ってた」  はは、とエイジくんは口の形だけで笑った。ぜろ、と空気と血の混じり合う音が響く。 「両思いじゃん」 「……エイジくんの命、もらっていい?」  うん、と言うようにエイジくんは目を伏せ、私の頭を引き寄せた。熱い唇と唇が触れる。他人同士だからできる愛の証。彼の手がそっと確かめるように、私の鱗に覆われていない胸に触れる。ぎこちない動きで、かさついた指先が肌の上を移動する度に、溶け落ちるような甘い痺れが触れた箇所から全身に広がってゆく。  私はエイジくんの上にまたがった。これまで何回もやってきた、慣れた動作。私の足の間で、破裂しそうなくらいに尖ったエイジくんのあれが、ただ一つ、明確な意志を示している。エイジくんの腰を抱きしめるように太ももで固く挟みながら、ゆっくりと彼を中に引き入れた。熱い波が身体を駆け抜け、内臓の表皮がざあっと粟立つ。全ての細胞が屹立するような喜びが、お腹の奥から沸き上がる。ああ、そうだ、私は、これが、欲しかったんだ。ずっと、ずっと。 「エイジくん、エイジくん、エイジくん」  エイジくんはもう、答えない。痛みになのか、快楽なのか、分からない朦朧とした顔で、必死に腰を動かす私の顔を見上げている。今まで見た事の無い、優しい表情。その目には空に浮かぶ月が映っている。エイジくんの潤んだ瞳の中で、月たちは濁った姿ではなく、まるで水の底に沈んだように綺麗な白い姿を取り戻している。  ヒトミちゃんの良くしなる白い体が脳裏に浮かんだ。祈るように、全てを手放すように、男の上で命を燃やしていた彼女。白い乳房。白い?

シリーズ累計 万部を記録、現代中国最大のヒット小説・劉慈欣『三体』 発売日が【7月4日】に決定!. コメント 1. マミちゃんは一心不乱に腰を動かしている。地面に組み敷かれたエイジくんの首からはおびただしい血が流れ、力の抜けた上半身はマミちゃんが体をくねらせるたび、できの悪いシーソーみたいにばいんばいん、地面に叩きつけられている。 「エイジくん!」  私は叫んだ。  マミちゃんが顔を上げる。先生の悪口を言う時の、授業の文句を言う時の、あの底意地の悪い笑顔が、大粒の汗とともに彼女の顔に浮かんでいる。  マミちゃんは立ち上がった。ずる、とエイジくんのペニスが引き抜かれる。死にかけているにも関わらず、それは真っ赤に充血したまま、彼女の両脚の間にそそり立っている。 「やっぱり、今日も来たんだ」  マミちゃんはにか、と口を開けた。口端にはべっとりと血が付いている。 「なんで」 「いっつも狩猟ほっぽらかして、どこに行ってるのかと思ってたんだよねぇ。……それで、この前尾けてみたらこれだよ。笑っちゃう」  エイジくんはゴム人形みたいに四肢をだらんと投げ出し、苦しそうに喘いでいる。喉の傷からひゅう、ひゅう、と呼吸を漏らし、その度に血がごぼ、と口から溢れ出る。私はマミちゃんの口についている赤い血が、エイジくんの首から流れ出てるものと同じだって認めたくなくて、仁王立ちになったマミちゃんとその足元に横たわるエイジくんの姿を何度も何度も見比べる。 「びっくりした?誰も気づいてないと思った?……残念でした。獲物は早いもの勝ちだよ」 「獲物、じゃない」  怒りと恐怖で動けなくて、混乱で言葉が出なくて、私はやっとの事で拾った単語に反応するよりなかった。 「エイジくんは、獲物じゃない」  あっはははは。マミちゃんの耳障りな笑い声が、乾いた空に響き渡る。 「あんたって本当に甘いよねえ、ユミ」  マミちゃんが自慢の足で地面を蹴った。あっと言う間も無く彼女の意地悪な顔が眼前に広がる。とっさのことに、私は身動きすらできない。彼女の太い指が下あごに食い込む。 「私、あんたのそういうとこ、大っ嫌い」  ぎり、と強い力で締め上げられ、呼吸ができない。目の前が真っ赤に染まり、血の通わなくなった頭蓋と鼓膜の間にマミちゃんの声が反響し、脳を揺さぶる。 「じゃあなに?なんなのさ?この男と、死ぬまで出来損ないの子供育てて、幸せに暮らしました、ってか?.

jp.  SF. ……  .        .  15                .

人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0. コメント 1. の上で彼の血と混じり合い、透明な渦を描いた。 「私、エイジくんのこと、ずっと食べたいと思ってた」  はは、とエイジくんは口の形だけで笑った。ぜろ、と空気と血の混じり合う音が響く。 「両思いじゃん」 「……エイジくんの命、もらっていい?」  うん、と言うようにエイジくんは目を伏せ、私の頭を引き寄せた。熱い唇と唇が触れる。他人同士だからできる愛の証。彼の手がそっと確かめるように、私の鱗に覆われていない胸に触れる。ぎこちない動きで、かさついた指先が肌の上を移動する度に、溶け落ちるような甘い痺れが触れた箇所から全身に広がってゆく。  私はエイジくんの上にまたがった。これまで何回もやってきた、慣れた動作。私の足の間で、破裂しそうなくらいに尖ったエイジくんのあれが、ただ一つ、明確な意志を示している。エイジくんの腰を抱きしめるように太ももで固く挟みながら、ゆっくりと彼を中に引き入れた。熱い波が身体を駆け抜け、内臓の表皮がざあっと粟立つ。全ての細胞が屹立するような喜びが、お腹の奥から沸き上がる。ああ、そうだ、私は、これが、欲しかったんだ。ずっと、ずっと。 「エイジくん、エイジくん、エイジくん」  エイジくんはもう、答えない。痛みになのか、快楽なのか、分からない朦朧とした顔で、必死に腰を動かす私の顔を見上げている。今まで見た事の無い、優しい表情。その目には空に浮かぶ月が映っている。エイジくんの潤んだ瞳の中で、月たちは濁った姿ではなく、まるで水の底に沈んだように綺麗な白い姿を取り戻している。  ヒトミちゃんの良くしなる白い体が脳裏に浮かんだ。祈るように、全てを手放すように、男の上で命を燃やしていた彼女。白い乳房。白い?

たまには思う存分ガッツリストしよ!

マミちゃんは一心不乱に腰を動かしている。地面に組み敷かれたエイジくんの首からはおびただしい血が流れ、力の抜けた上半身はマミちゃんが体をくねらせるたび、できの悪いシーソーみたいにばいんばいん、地面に叩きつけられている。 「エイジくん!」  私は叫んだ。  マミちゃんが顔を上げる。先生の悪口を言う時の、授業の文句を言う時の、あの底意地の悪い笑顔が、大粒の汗とともに彼女の顔に浮かんでいる。  マミちゃんは立ち上がった。ずる、とエイジくんのペニスが引き抜かれる。死にかけているにも関わらず、それは真っ赤に充血したまま、彼女の両脚の間にそそり立っている。 「やっぱり、今日も来たんだ」  マミちゃんはにか、と口を開けた。口端にはべっとりと血が付いている。 「なんで」 「いっつも狩猟ほっぽらかして、どこに行ってるのかと思ってたんだよねぇ。……それで、この前尾けてみたらこれだよ。笑っちゃう」  エイジくんはゴム人形みたいに四肢をだらんと投げ出し、苦しそうに喘いでいる。喉の傷からひゅう、ひゅう、と呼吸を漏らし、その度に血がごぼ、と口から溢れ出る。私はマミちゃんの口についている赤い血が、エイジくんの首から流れ出てるものと同じだって認めたくなくて、仁王立ちになったマミちゃんとその足元に横たわるエイジくんの姿を何度も何度も見比べる。 「びっくりした?誰も気づいてないと思った?……残念でした。獲物は早いもの勝ちだよ」 「獲物、じゃない」  怒りと恐怖で動けなくて、混乱で言葉が出なくて、私はやっとの事で拾った単語に反応するよりなかった。 「エイジくんは、獲物じゃない」  あっはははは。マミちゃんの耳障りな笑い声が、乾いた空に響き渡る。 「あんたって本当に甘いよねえ、ユミ」  マミちゃんが自慢の足で地面を蹴った。あっと言う間も無く彼女の意地悪な顔が眼前に広がる。とっさのことに、私は身動きすらできない。彼女の太い指が下あごに食い込む。 「私、あんたのそういうとこ、大っ嫌い」  ぎり、と強い力で締め上げられ、呼吸ができない。目の前が真っ赤に染まり、血の通わなくなった頭蓋と鼓膜の間にマミちゃんの声が反響し、脳を揺さぶる。 「じゃあなに?なんなのさ?この男と、死ぬまで出来損ないの子供育てて、幸せに暮らしました、ってか?.

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」 シリーズ累計 万部を記録、現代中国最大のヒット小説・劉慈欣『三体』 発売日が【7月4日】に決定!. 人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0.

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」 コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。.

  • ヒトミちゃんは妊娠していたらしい。この世に生を受けてたった1ヶ月の小さな命と共に彼女は死んだ。  第三演習フィールドで実践訓練中の生徒たちを急襲した敵機は彼女の乗った演習用戦闘機を一瞬で粉々に破壊し、他に15人の生徒の命を奪って逃げた。こんな悲痛な出来事は我が校始まって以来、とセレモニーの壇上で校長は言ったけど、そんなこと私たちにとってはどうでもよかった。  本当に悲しい時って、涙も出ないんだ。  私は大破した機体から回収されたヒトミちゃんの遺体の、冷たいぺたんこのお腹を火葬焼却前に撫でた。こんな平べったい体の中に、新しい命が宿っているなんて信じられなかった。  逃げちゃえばよかったのに。  戦闘訓練にも狩猟にも、何もかもに一生懸命だった、まっすぐで賢いヒトミちゃん。そんなの、嫌だよっていって、逃げちゃえばよかったのに。私と一緒に、逃げればよかったのに。  入学したばかりの頃、訓練があまりに辛くて泣いたら、ヒトミちゃんが手を差し伸べて涙を拭いてくれた。ユミ、痛みっていうのはいつか消えるから、生理と一緒で、済んでしまった痛みっていうのは、また次にやってくる次の痛みに押し流されて消えるから、だから、私たちは、次の痛みに備えて、戦わなきゃいけないんだよ、って。  分からないよ、ヒトミちゃん。  私はたった一人で、これからいったい、なにと戦わなきゃいけないんだろう。戦って何を得るんだろう。この痛みは一体どうやったら消えるんだろう。  その答えはきっと、年分の人類のデータベースをさらっても、絶対に見つからない。. 人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0.
  • もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」

……   ……        . jp. SF6. jp !   ……        .

このクリエイターの人気記事

男は鉄パイプを構え、さっきまでとは別人みたいな表情で私を睨んでいた。少しでも私が動いたら、すかさず反撃に転じるとでも言うように。 「食べないでくれ。お願いだ……」  険しく狭められた眉根、こわばった? コメント 1. もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」

jp. SF6. ……  ?

【初級編】Noodle Stand Tokyo/原宿

jpアソシエイト。 サポートをする. の上で彼の血と混じり合い、透明な渦を描いた。 「私、エイジくんのこと、ずっと食べたいと思ってた」  はは、とエイジくんは口の形だけで笑った。ぜろ、と空気と血の混じり合う音が響く。 「両思いじゃん」 「……エイジくんの命、もらっていい?」  うん、と言うようにエイジくんは目を伏せ、私の頭を引き寄せた。熱い唇と唇が触れる。他人同士だからできる愛の証。彼の手がそっと確かめるように、私の鱗に覆われていない胸に触れる。ぎこちない動きで、かさついた指先が肌の上を移動する度に、溶け落ちるような甘い痺れが触れた箇所から全身に広がってゆく。  私はエイジくんの上にまたがった。これまで何回もやってきた、慣れた動作。私の足の間で、破裂しそうなくらいに尖ったエイジくんのあれが、ただ一つ、明確な意志を示している。エイジくんの腰を抱きしめるように太ももで固く挟みながら、ゆっくりと彼を中に引き入れた。熱い波が身体を駆け抜け、内臓の表皮がざあっと粟立つ。全ての細胞が屹立するような喜びが、お腹の奥から沸き上がる。ああ、そうだ、私は、これが、欲しかったんだ。ずっと、ずっと。 「エイジくん、エイジくん、エイジくん」  エイジくんはもう、答えない。痛みになのか、快楽なのか、分からない朦朧とした顔で、必死に腰を動かす私の顔を見上げている。今まで見た事の無い、優しい表情。その目には空に浮かぶ月が映っている。エイジくんの潤んだ瞳の中で、月たちは濁った姿ではなく、まるで水の底に沈んだように綺麗な白い姿を取り戻している。  ヒトミちゃんの良くしなる白い体が脳裏に浮かんだ。祈るように、全てを手放すように、男の上で命を燃やしていた彼女。白い乳房。白い?

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」

  • jpアソシエイト。 サポートをする.
  • コメント 1.
  • 人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0.
  • SFマガジン年6月号に掲載された 小野美由紀 さんの 「ピュア」 を全篇公開します。タイトルの通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の物語です。.

……  . SF6女の子 食べ たい.         ……   ……        .  SF 1!        . jp.   ……        .

キーワード:白っぽい女の子食べたいモチィィィィ! (0件)

人類で最初に男を食べたのは、キャロラインと言う名のブラジル系アメリカ人モデルである。  彼女は性交後に恋人の頭部を丸ごと食べ、その後も出会った男たちの身体の一部を次々に食べながら逃亡した。 「子宮が命令するのよ」  彼女は獄中でそう語った。 「頭じゃないの。子宮がそういうのよーー男を食べろ。食べて子供を作れ、って」  当時の警察はキャロラインの言い分を異常性欲として片付けたが、その後意外なことが判明した。キャロラインは妊娠していた。それも5つ仔を。  獄中で出産したキャロラインはその後も男を食べたいと訴え続け、看守を7人、心理カウンセラーを3人食べ、最終的に9人の子を産んだ。アメリカの出生率が0.

もしも、女性が男性を食べないと妊娠できない世の中になったら? SF小説「ピュア」 男は鉄パイプを構え、さっきまでとは別人みたいな表情で私を睨んでいた。少しでも私が動いたら、すかさず反撃に転じるとでも言うように。 「食べないでくれ。お願いだ……」  険しく狭められた眉根、こわばった?

……   ……         .

また読む:

磯風陥落~ 淫欲に堕ちた黒髪の戦姫~

ウイング ガンダム ゼロ 改造


星 降る ドラゴンクエスト

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Yuko 09.04.2020 23:45
SFマガジン年6月号に掲載された 小野美由紀 さんの 「ピュア」 を全篇公開します。タイトルの通り、ある純粋な性と生を描く遠い未来の物語です。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020