ポケモン サトシ の お世話 小説

発行者: 13.04.2020

サトシ:「カラカラ!ホネブーメラン!」 カラカラ:「カラッ!」 シンジ:「エアームド! ホネの回転を見極めろ!」 エアームド:「グォォ!」 ギュルルル ガシッ!(ホネを掴むエアームド) サトシ:「なっ!」 ヒカリ:「ホネを足で、、」 シンジ:「これでもう戦えまい。 エアームド!ラスターカノン!」 バシュゥゥ!(直撃) カラカラ:「カラッ!!」 サトシ:「カラカラ!」 バシュゥゥ! (サトシに直撃するラスターカノン) サトシ:「ぐっっ!!」 ヒカリ:「サトシ!!」 シンジ:「どうした、、もうお終いか」 サトシ:「くっ、、シンジ、、、」 (立ち上がるサトシ) シンジ:「貴様はこんなにも つまらん奴だったとはな、、」 ヒカリ:「ふざけないで!トレーナーを 狙うなんて、あなたどこまで卑劣に 成り下がったのよ!トレーナーなら 正々堂々と戦いなさいよ!」 シンジ:「ふざけているのは貴様らの方だ!! 一度教えてやったにも関わらず 未だに正々堂々だのと口にして 向かってくるなど!!」 ヒカリ:「なんですって!!」 シンジ:「言ったはずだ。これは バトルではない、互いの命をかけた 殺し合いだとな!! エアームド!ラスターカノン!」 バシュゥゥ!! ドガァァ! サトシ:「ぐっっ!!」 ヒカリ:「サトシ!!」(寄り添うヒカリ) シンジ:「もう貴様らの遊びには 付き合ってられん、、今日で終わりにしてやる」 ヒカリ:「!!」 エアームドが攻撃態勢に入ると、 ヒカリは倒れたサトシを庇うように 立ちはだかった。 シンジ:「ふん、、そいつと一緒に 心中するか、、なら望みどおりに してやろう、、、エアームド!」 エアームド:「グォォ!」 カァッ(光を収束するエアームド) ヒカリ:「サトシ、、っ!!」 エアームドが再び ラスターカノンの態勢に入ると、 ヒカリは倒れるサトシを抱きしめたまま 背を向けた。 シンジ:「2人仲良く眠っていろ」 ヒカリ:「っっ!」 (サトシ、、) エアームド:「グォォ!」 バシュゥゥ! シンジ(馬鹿共が、、) 収束された閃光が一直線に向かう中、 ヒカリは目を瞑りサトシを強く抱きしめた。 そして、、、 ドォオォン!! カラカラ:「カラッ!」 放たれたラスターカノンは2人を直撃し、 サトシとヒカリは爆発に巻き込まれた。.

ご回答頂きありがとうございます! アンケート期間はまだまだ続いているので、是非ほかの人の意見も聞きたいので、呼びかけをしていただけたら幸いです! 次のコメントから、本編始まります!.

カラカラ:「、、、」 サトシ:「なぁカラカラ、、、」 カラカラ:「、、、」 サトシ:「どうして反応してくれないんだ?」 カラカラ:「、、、」 サトシ:「何も反応がないんじゃ、 お前の気持ちだってわからないだろ? 俺、お前と仲良くなりたいんだ!」 ヒカリ:「サトシ、、、」 カラカラ:「、、、カラッ」 サトシ:「カラカラ、、、俺たち、 友達になろうぜ!」 スッ サトシはカラカラに手を差し伸べた。 カラカラ:「カラッ!」 バシッ!! サトシ:「っ!」 差し伸べたサトシの手を、カラカラは 骨で叩いた。 ヒカリ:「サトシっ!」 カラカラ:「カラッ!」 パシューッ カラカラは再びモンスターボールの中に 入ってしまった。 ヒカリ:「サトシ、大丈夫?」 サトシ:「あ、あぁっ」 ヒカリ:「、、こうなったら仕方ないわっ。 ヒロシ君が来るまで待機しましょ?」 サトシ:「、、うん、、、そうだなっ」 2人はヒロシが戻ってくるまで 待機する事にした。 サトシ(カラカラ、、、).

ニャース「思い出したのにゃ。苦労人であるヒコザルのトレーナーだったやつなのにゃ。」  ムサシ「確か砂利ボーイがシンジって呼んでたわね! ssで判断する奴って草 文句言うなら、アニメをしっかり見てからにしろ それぞれ違う個性があるんだ もう少し考えてから文を書け、分かったか?. サトシが草原へ誘導している間、 ヒカリはというと、、、 警備員A:「本当にここらへんですか?」 ヒカリ:「んーとー、、、あっちかな?」 警備員B:「一体、どうやったら 首から下げてるネックレスを落とすんですか?」 ヒカリ:「んーとー、、、てへっ!」 ヒカリ(そろそろ連絡が来る頃かしらっ) ヒカリは落とし物をしたフリをして 警備員を正門からかけ離していた。 警備員A:「そろそろ仕事に戻らないと、、」 ヒカリ:「えぇーー!あたしまだ ネックレス見つかってないのにぃー!!」 ヒカリ(まずいわっ!) 警備員B:「でも、我々も仕事でね〜、、。 お気持ちは察しますが、あとは他の人に 頼んで下さい」 ヒカリ:「、、、うっ、、」 警備員A:「?」 警備員B:「?」 ヒカリ:「うえーん!!」 警備員A:「わっ!」 ヒカリ:「大事な ネックレスだったのに〜〜!!」 ヒカリは時間稼ぎの最終手段、 嘘泣きをした。 警備員B:「泣かれてもな〜、、」 ヒカリ:「あたしの事捨てないで〜!」 ヒカリ(もうちょっと!もうちょっとのはず!) 警備員A:「仕方ないな〜」 警備員B:「わ、わかりましたっ。 もう少し探しますよっ」 ヒカリ:「わーーい!!」 警備員A:「ここかな?」 なんとか警備員を止めると、、、 bbbbb bbbbb(緊急ブザー) ヒカリ(きた!) 緊急ブザーの振動が鳴った。 警備員B:「どこだ〜?」 ヒカリ:「あぁーー!!」 警備員B:「わっ!」 警備員A:「ありましたか?」 ヒカリ:「カバンの中にありました〜!」 警備員A:「えぇ〜、、、」 警備員:「はぁっ、、、」 ヒカリ:「ごめんなさい!、、 探してくれてありがとうございました!」 ダダダッ ヒカリはダッシュでヒロシ達の元へ向かった。.

エニシダ「さて、話を戻そうか。」 デント「そうですね。話を止めてしまってすみませ ん。」 サトシ「で、頼みって何ですか?」 エニシダ「実はね三年後にカロスでバトルフロンテ ィアを作ることに決まったんだ。」 サトシ「へぇ。それが何か俺と関係が?」 エニシダ「その開幕式に、バトルフロンティアを完 全制覇した君にカロスリーグの前回大会 優勝者のアラン君と戦ってもらいたいん だ。」 サトシ「え?アランと?」 エニシダ「あぁ、アラン君には許可を得てる。あと は君次第だ。」 セレナ「いいんじゃない?前にアランに負けてしま ったんだし。リベンジよサトシ。」 サトシ「バトルとなったら話は別だ。売られたバト ルは買うしかないぜ。」 エニシダ「そう言ってくれるとありがたい。」.

DPXY w w. 4 Dr.

一方、その頃カツラは、、、 サトシ家にて カツラ:「ふぁっくしょい!!」(くしゃみ) カタカタカタッ カツラ:「ふむ。、、、」 カタカタカタッ カツラはパソコンを開いていた。 yourtube《元ジョーイさんをナンパしてみた》 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ナンパ師:「お姉さん!待って下さい! お話だけでも!、、、」 元ジョーイ:「、、、」 ナンパ師:「お姉さーん!」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー カツラ:「、、この女性、、、となると。」 カツラは以前観ていた投稿動画をチェックし、 何か考えていた。 カツラ:「あとは、交渉か、、、」 カタカタカタッカタカタカタッ カツラ:「ふむ。、、若いもん達に 頑張ってもらうとするか。」.
  • サトシ:「店長さんと何か話してたのか?」 ヒカリ:「え?、、あぁ、まぁねっ。 それより、サトシ何持ってるの?」 サトシ:「これこれっ! 、、、ポケモンパンだってよ!」 ヒカリ:「ドードのカレーパン、、、 ポケモンシール付き!?」 サトシ:「あぁ!スーパートランセルにしか 売ってないみたいだぜ!」 ヒカリ:「あたしも買おーっと!」 ヒカリはパンコーナーに行き、 ゼニガメの蒸しケーキを選んだ。 サトシ:「他に買うもんはないのか?」 ヒカリ:「あとは〜、、あたしも 飲み物買いたいなっ」 サトシ:「だったらこっちだぜっ!」 タタタッ ヒカリ:「あ、ちょっとサトシっ、 店の中走んないでよ〜っ」 タタッ 飲み物コーナーにて サトシ:「どれにするんだ?」 ヒカリ:「うーん、、、これっ!」 スッ ヒカリはハチミツティーを選んだ。 サトシ:「じゃあ、払ってくるか! 俺払ってくるよ!」 ヒカリ:「あっ、いいわよ! あたしがサトシを巻き込んじゃったし、 今日はあたしがおごるわっ!」 サトシ:「気にすんなよっ、ほらっ」 バッ(買い物かご) ヒカリ:「あっ、、、」 サトシはヒカリの買い物かごを取った。 サトシ:「よしっ、特訓特訓っ」 ヒカリ:「あっ、、ありがとうっ」 ヒカリ(サトシ、、、) サトシ:「ははっ、気にすんなよっ。 、、その代わりポケモンシールは貰うぞっ」 ヒカリ:「かご返して」 結局、会計はヒカリがおごる事にした。 レジにて、、、 サトシ:「ヒカリっ!」 ヒカリ:「ん?」 サトシ:「、、、ポケモンパン、 もう1個買ってもいいか!?パンは ヒカリにやるからさ!」 レジで順番待ちをしている間に、 サトシはポケモンパンの事を考えていた。 ヒカリ:「はぁっ(呆)、、、今日だけねっ。 そろそろあたしの番だから早めに 選んで来てね?」 サトシ:「もちろんさっ!」 ダダッ(走) ヒカリ:「ついでにヒロシ君の分もお願ーいっ」 サトシは走ってポケモンパンを取りに行った。 ヒカリ:「シールでもポケモンの事になると ああなっちゃうのねっ」 店員:「お待ちのお客様〜」 ヒカリ:「あっ、ちょっとだけ 待ってもらってもいいですか?」 幸い、ヒカリの後ろに客はおらず、 ヒカリは少しだけ待ってもらった。 出口にて、、、 ウィィンッ(出口ドア)???
  • ヒロシ:「やぁ、サトシ!久しぶりだなっ」 サトシ:「久しぶりもなにも、すっげー 久しぶりだなぁ!」 かつて同じ目標を志し、 カントーリーグで戦ったライバル、ヒロシ。 ヒカリに続く久しぶりの再会を、 サトシは心から喜んだ。 サトシ:「ところで、お前ここで何してるんだ?」 ヒロシ:「まぁ、色々となっ。とりあえず ここじゃ何だから、タマムシ食堂へ行こう。」 サトシ:「あ、あぁ!」 2人はタマムシ食堂へ向かった。.

クチバシティにて サトシ:「くっ、、」(膝をつくサトシ) あの後サトシはメタモンの攻撃を 受けながらも、カラカラと一緒に 攻防を繰り広げていた。 しかし、容赦なく相手を狙う女性と 絶対に手を出さないサトシとでは 圧倒的な差があり、ダメージが蓄積される中 サトシにはカラカラに指示を出す気力が 残っていなかった。 謎の女性:「メタモン!ほねブーメラン!」 メタモン:「メタッ!」 ギュルルル! カラカラ:「カラッ!」 ガキィンッ!(防ぐカラカラ) 膝をつくサトシを狙うメタモンと、 サトシの正面で技を防ぐカラカラ、、、。 謎の女性:「あまり、私をがっかり させないでおくれ、、、。シルフを倒すと 意気込んだものの、戦いの本質を 理解出来ないんじゃ、命を捨てに行くのと 一緒さ、、」 メタモン:「メタッ!」 ドガッ!(カラカラを弾き飛ばすメタモン) カラカラ:「カラッ!!」 メタモン:「メタッ!」 ガッ! メタモンはカラカラを弾き飛ばした後、 膝をつくサトシを袋叩きにした。 サトシ:「ぐっ、、」 謎の女性:「、、どうやら、お前さんは ここまでのようだ、、、メタモン!」 メタモン:「メタッ」(手を止めるメタモン) 謎の女性:「そこを離れなさい」 サトシ:「、、、」(倒れこむサトシ) 謎の女性:「最初から戦う気の無い奴に、 シルフに立ち向かう資格などない。 このままではどっちにしろ命を失うのと 同じさ」 メタモン:「メタ、、」 謎の女性:「ならせめて、こやつが シルフに殺られても情報が漏れぬよう、 私の手で始末してやろうではないか」 謎の女性はナイフを取り出し、 サトシにトドメを刺そうとした。.

canで調理師免許を とって、ジョウトでレストランをやってたさ!」 ヒロシ:「へぇ〜!調理師か!」 ヒカリ:「タケシの料理美味しいもんね!」 タケシの話はまだ続いた。. K と書かれていた。 サトシ:「ドクターK? セレナはサトシからプレゼントを貰ってる。 ヒカリはどうっだったけ? 倉庫にて ピピー ピピー ピピー サトシ「オーラーイ オーラーイ ストーップ」 本社 シルフカンパニー から トラックが到着し、 サトシは本社から届いた 新商品を受け取った。 サトシ:「よし、さっさと タマムシデパートに持って行くか」 サトシは新商品を数本持って タマムシデパートに向かった。.

あれはストーンエッジの構えだ。」  ニャース「さすがはウルトラビーストなのにゃ。早速強力な技なのにゃ。」  ムサシ「ちょっと感心してる場合じゃないわよ。これってまずいんじゃ?」  きずいた時には3人にすでに技が飛んできていた。  コジロー「これってもしかして」  ニャース「この地方初めての」  どかーん  「「「やな感じー」」」.

wwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwww. side.

この作品の前後に投稿された作品

デント「んー。ホテルはここでいいかな?」 アイリス「いいんじゃない?」 ヒカリ「あ、あれなんだろ…」 ハルカ「どうしたのヒカリ?なんかいつもと雰囲気がちがうかも」 ヒカリ「ええ。あの空の穴がなんだろうなーって」 マサト「え?どれどれ?」 カスミ「あ、ホントだわあっちって確か…」 セレナ「ポケモン…スクール…」 デント「ああ!サトシ達が危ない!」 カスミ「いや、サトシとタケシなら大丈夫よ。私が一番知ってるんだから」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 数分後 サトタケ『ただいまー!』 ヒカリ「あ、帰ってきた!おかえり!」 セレナ「おかえりサトシ!」 デント「丁度晩御飯の時間に帰ってきたね!」 その時、誰かのお腹がなった サトシ「いやー!腹減った」 アイリス「ほんと、子供ねぇ」. リビングにて カツラ:「ふむ、、これまた大層なものを 作ってくれたの」 タケシ:「人間用のモンスターボールか、、」 マリナ:「映像に映っていた場所は シルフ内部かしら?随分と崩壊していた けど、、」 ヒロシ:「多分あそこは 元ポケモン育成施設です。 形こそは崩れているけど、あの形跡は ニドキングが暴れた跡、、。 厄介だな、、 ただでさえ戦力に差があるのに、 あれに捕まったら洗脳される、、。 カツラさん、あのモンスターボールの 機能を停止出来る発明品を作れませんか?」 カツラ:「出来るだけの事は やってみるつもりじゃ。 これ以上シルフが計画を実行出来ぬよう、 一刻も早く撲滅しなければならん。 タイムリミットは一カ月じゃ。 その間に準備を済ませ、シルフ撲滅作戦を 実行する、、、という訳で、 作戦を練ろうと思うのじゃが、、」 ヒロシ:「、、、」 マリナ:「、、あの2人はどこ?」 タケシ:「そういえば、サトシとヒカリが 居ないな、、さっきまで居たのに」 ヒロシ:「、、、まさか!!」 カツラ:「ふむ、ちぃとばかし危険じゃの。 ヒロシ君はあの2人に連絡をとってみてくれ。 マリナさんは回復薬を、 タケシ君はサイドンロボの準備じゃ」 カツラ達は身支度を済ませた後、 サイドンロボに乗り込んだ。.

頭ぶつけたのかな。 それとも本性が出ちゃったのかな。 でも、本性が出たとしてもなぁ。 さすがに、ヤバいんじゃないの? サトシ:「ヒカリは、お母さんに まだ連絡してないのか?」 ヒカリ:「えっ?」 ヒカリはサトシの急な問いに驚いた。 サトシ:「ポケモン捜査の事は伏せて、 お母さんにはちゃんとヒカリの近況報告を 伝えた方いいと思ってさ」 ヒカリ:「うーん、、、でも、 今更電話するのも、何か気が引けるなぁ、、」 サトシ:「きっとヒカリの事心配してるぜ?」 ヒカリ:「うーん、、、」 サトシ:「じゃあ、俺が代わりに電話するよ!」 ヒカリ:「いっ、いいわよそんなっ! 、、、あたしがするから!」 サトシ:「そうか?」 ヒカリ:「もうっ、、、サトシに そんな事言われるとは思わなかったわっ」 サトシは、今後ポケモン捜査で どうなるかわからない事を見越して、 ヒカリとお母さんの仲を 修復させようと考えていた。 ヒカリ:「、、、なんかごめんねっ」 サトシ:「えっ?」 ヒカリ:「なんかあたしのせいで サトシに気を遣わせちゃって、、」 ヒカリは、サトシが自分の為を思って 言ってくれた事に対し、嬉しさの反面、 罪悪感も感じていた。 サトシ:「何言ってんだよっ、 ヒカリだって本当はずっと気になってただろ? 、、、ずっと気になっていたと思うし、 このままじゃいけないって、考えてただろ?」 ヒカリ:「あ、、、うんっ」 ヒカリ自身も、連絡をとっていない 母、アヤコに対してずっと気になっていた。 ケンカ別れをし、最初は平気だったが 時間が経ち、大人になるに連れて 心の距離が離れて行く自分に、 どこかで不安を感じていたのだ。 ヒカリ:「あたしの事、今でも 考えてくれてたりするのかな、、、」 サトシ:「当たり前さ!遠く離れてても、 きっとヒカリの事を思ってるっ。 、、、親は伝説のポケモンと同じなんだぜ? たった1人しかいないんだっ!」 ヒカリ:「そうかな、、、え?」 サトシ:「ケンカしても何しても、 最後はバトルアンドゲットだ!」 サトシはサトシなりに前向きに背中を 押して上げようとした。 ヒカリ:「あははっ(呆笑) バトルアンドゲットか、、、。 少し意味不明だったけど、、、。 、、、よし!じゃあ電話してみるわっ!」 サトシ:「その意気だヒカリっ!」 また一つ、サトシはヒカリの心の中にあった わだかまりを消し去った。.

3 1020. A A A A A BB A A A A A.        !

Pixivへようこそ

デント「んー。ホテルはここでいいかな?」 アイリス「いいんじゃない?」 ヒカリ「あ、あれなんだろ…」 ハルカ「どうしたのヒカリ?なんかいつもと雰囲気がちがうかも」 ヒカリ「ええ。あの空の穴がなんだろうなーって」 マサト「え?どれどれ?」 カスミ「あ、ホントだわあっちって確か…」 セレナ「ポケモン…スクール…」 デント「ああ!サトシ達が危ない!」 カスミ「いや、サトシとタケシなら大丈夫よ。私が一番知ってるんだから」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 数分後 サトタケ『ただいまー!』 ヒカリ「あ、帰ってきた!おかえり!」 セレナ「おかえりサトシ!」 デント「丁度晩御飯の時間に帰ってきたね!」 その時、誰かのお腹がなった サトシ「いやー!腹減った」 アイリス「ほんと、子供ねぇ」.

警備員:「よし、車体に異常なし」 警備員は車体のチェックを済ませると、 駐車場から離れた。 ヒカリ:「警備員が駐車場から出たわ」 サトシ:「作戦開始だ!」 ヒカリ:「よしっ」 スッ(モンスターボール) ヒカリ:「ナゾノクサ、出てきてっ」 ポーンッ ナゾノクサ:「ナゾッ」 ヒカリ:「ナゾノクサっ、あまいかおりよ!」 ナゾノクサ:「ナゾッ」 フワッ ナゾノクサはあまいかおりを放った。 警備員:「、、、お?、、なんだこの匂い」 警備員は普段嗅ぎ慣れない匂いに釣られ サトシ達が隠れているカラオケ店の影に 向かった。.

ダイパ以来アニポケ見てないからよく分からん まあ結論から言うとヒカリは友達セレナは惚れられてるてきなかんじ。 まあ俺はヒカリもセレナも好きだからどっちも支援 (セレナはぽけりんと言うサイトで知りました。) 長文失礼しました. サトシ「次は誰だ?」 ヒカリ「私よ!」 サトシ「次も負けないぞ!」 ヒカリ「出ておいで!マンムー!」 サトシ「マンムーか…じゃあ俺は、ルチャブル君に決めた!」 ヒカリ「ルチャブル?」 サトシ「ヒカリからでいいぜ!」 ヒカリ「なら…マンムー!こおりのつぶて!」 マンムー「ムー!」 サトシ「避けろルチャブル!」 ルチャブル「チャブル!」 サトシ「ルチャブル!フライングプレス!」 ルチャブル「チャブル!」 ヒカリ「マンムー!もう1度こおりのつぶて!」 マンムー「ムー!」 サトシ「やるなヒカリ!」 ヒカリ「サトシこそ!」 ハルカ「あんなに燃えている2人を見たの久しぶりカモ!」 サトシ「ルチャブル!もう1度フライングプレス!」 ヒカリ「避けてマンムー!」 ヒカリ「マンムー突進!」 サトシ「ルチャブル!とびひざげり!」 タケシ「互角か!」 サトヒカ「!!!」 カスミ「両者戦闘不能!よってこの勝負引き分け!」 ~数時間後~ ハルカ「そろそろみんなのポケモン、ポケモンセンターに連れていかないと…」 サトシ「それもそうだな、今日はこの辺にしておくか…」 その頃オーキド研究所に近づく一つの影があった….

8 8. side 2 1. 2 1. … DPXY. AM1030 A 1 2 2 PrrrrPrrrr.          . 2 2. K Dr. PM A A 1 .

[小説] カテゴリの記事

AM10:30 17番道路(元サイクリングロード)にて ブゥーーン(車内) (助手席) カンナ:「、、ついに始まったわね」 (運転) シバ:「、、、そうだな。 もう少し時間がかかると思っていたが、、。」 カンナ:「それだけカントーが 急成長したって事よ、、。 事業の拡大と組織力の強化に力を入れてきた この15年、、、いまやシルフは カントー 一 いち の財政力をもった 社会の中核。、、、大した社長さんよね。」 シバ:「、、そうだな。」 カンナ:「もう、表企業としての視察は終わり。 この先に、本当の新時代が 待っているのよ、、、ねぇ、ワタルッ」 (後列) ワタル:「、、、フッ、 社長直々のご命令だっ。これから 失敗は許されん、、、 お前らも、それを肝に命じておけ。」 カンナ:「あら、あたしたちが 失敗した事なんてあったかしら?」 ワタル:「フッ、、、それもそうだな。」 シバ:「もう少しで到着だぞ。」 カンナ:「、、、新時代への一歩ね」 ブゥーーンッ.

フォーレトスにて、、、 ピンポーン(インターホン) 職員A(元おとなのお姉さん):「、、はい。」 《インターホン越し》 サトシ:「あっ私先ほどお電話させて 頂きましたラポールタマムシ営業部、営業担当の サトシと申しますけどもー。」 職員A:「あっ少々お待ち下さい。」 サトシが玄関で数分待つと、 職員が出てきた。 ガチャッ 職員A:「こんにちわー。」 出てきたのは、中年の女性だった。 サトシ:「あっどうもすみません!予定の 時刻より遅れてしまいまして、、」 サトシ(この人が電話の人?いや、社長か?) 職員A:「いえ、大丈夫ですよ。先ほど お電話して頂いたのですか?」 サトシ:「はいっ 15時頃にお電話させて頂きましたけど、、」 職員:「あっそうなんですね!すみません!」 サトシ:「いえいえ!こちらも 遅れてしまってすみません!」 サトシ(おかしいな、さっき電話したのに、、) 職員A:「大変申し訳ないのですが、 只今社長から主任まで席を外しておりまして、、 ご用件はお聞きしておりますので 中へどうぞ。」 サトシ:「あっはい。」 サトシ(普通の職員か).

シルフカンパニーにて ナツメ:「、、、」クシュッ(くしゃみ) キョウ:「、、くしゃみとは珍しいな」 ナツメ:「、、、フン」 キョウ:「まぁ、計画の決行に向け 周囲も最終段階に入っているんだ。 噂の一つや二つ出ても 可笑 おか しくはないか」 ナツメ:「私には社員でなく 誰か他の人物のように感じたけど?」 キョウ:「ほほう、外部の人間か、、。 それはそれで興味深いな。 シルフのトップがお前だと気づく者、、か」 ナツメ:「、、そう言えば、 以前ワタル達と手合わせした集団がいたわね」 キョウ:「ポケモンを我々から 強奪しようとした連中か?」 ナツメ:「えぇ」 キョウ:「奴ら(ワタル達)は ただの一般市民と言っていたが、 その言葉は信用出来ぬな、、、。何せ 元四天王を相手に時間をかけさせた連中だ。 放っておくと我々の厄介になりかねん。 早めに始末する必要がある」 ナツメ:「彼ら(ワタル達)にも誇りが あるわ、、そっちの始末は 彼らに任せるつもりよ」 キョウ:「だが仮に奴ら(ワタル達)が しくじった場合はどうするつもりだ? 敵の身元がわからん以上、こっちの計画に 必ず支障をきたす可能性は十分にある。 今は火の粉程度の集団かも知れないが、 手を打たねば巨大な炎となるぞ」 カッ!(ナツメの超能力) バリンッ!!(割れる花瓶) ナツメの目に青色の光が灯ると、 花瓶が破裂した。 ナツメ:「、、そうなったら私が直々に潰すわ。 、、、15年前から待ち望んだこの計画、 誰にも邪魔させない」 ナツメはそう言うと、 シルフの窓から外を見渡した。.

2 2. SS SS. 2Dr.

また読む:

サクラ大戦 マイケル・ サニーサイド

ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん

天江衣 キャラソン

アニメ おすすめ ロボット バトル

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Keiko 19.04.2020 14:03
あれはストーンエッジの構えだ。」  ニャース「さすがはウルトラビーストなのにゃ。早速強力な技なのにゃ。」  ムサシ「ちょっと感心してる場合じゃないわよ。これってまずいんじゃ?」  きずいた時には3人にすでに技が飛んできていた。  コジロー「これってもしかして」  ニャース「この地方初めての」  どかーん  「「「やな感じー」」」. サトシ:「あ、俺ちょっとトイレ!」 サトシはトイレに行く為、席を外した。 ヒロシ:「、、でもさっ」 ヒカリ:「え?」 ヒロシ:「やっぱサトシも凄いよなっ」 ヒカリ:「あっ、、、うんっ! 一緒に旅をしてみて、 本当にそう思ったなーーっ、、、 ポケモンの事になると誰よりも熱くなるし、 その上、ポケモンに何かあったら 自分の命に換えてでも助けようとする、、、 サトシにはホント、いろいろと 勉強させてもらったなっ」 ヒロシ:「そうそう、バトルだって ポケモンとのコンビネーション抜群だし、 サトシはカントーで1番のライバルだなっ」 ヒカリ:「ライバル、、か。 確かに、ライバルっていいよねっ!」 ヒロシ:「うんっ。、、、ヒカリちゃんは、 もし今ポケモンたちが戻ってきたら、 また旅を続けるの?」 ヒカリ:「えっ?」 ヒロシの急な質問に、ヒカリは 一瞬戸惑った。 ヒカリ:「あたしは、、、」 サトシ:「ダメだっ。トイレ人入ってた。」 ヒロシ:「あ、サトシ。」 トイレが混雑していた為、サトシは 戻ってきた。 ヒカリ:「そんなに混んでたの?」 サトシ:「あぁ、トイレに1人しか入れない 仕組みのパターンだった。」 ヒロシ:「なるほどっ。、、あ、 そう言えば、カツラさんと一緒に住んで どんな感じだ?」 話は急遽、カツラの話になった。 サトシ:「それがさ、 なんか良くわかんない人なんだよっ」 ヒロシ:「えっ?」 サトシ:「俺ん家なのに勝手に テープを引いて自分の陣地作っちゃうし、 真剣に調べ事してると思ったら yourtube観てるし。」 ヒロシ:「はははっ!相変わらずだなぁ!」 サトシ:「今日だって、本当は 心配なんだぜっ、、、 帰って何も変わってなきゃいいけど。」 ヒカリ:「大丈夫よっ!カツラさん、 ああ見えて結構しっかりしてるから!」 サトシ:「だといいけど、、、フォーレトスに いた時はどんな感じだったんだ?」 ヒカリ:「そうねー、、、あっ、 そう言えば、レクリエーションをやると、 何やっても1番だったわっ」 サトシ:「へぇー、そうなんだっ」 ヒロシ:「まぁ、高齢だけど 元気で全然動けるっぽいし。」 ヒカリ:「あと、たまにクイズを出して くるんだけど、いつも変な答えばっか なのよねっ。」 サトシ:「そこは昔と変わらないな。」 サトシとヒロシはその後も カツラの情報をヒカリに聞き出した。.
Mieko 20.04.2020 15:41
PM20:30 研究所にて、、、 サトシ:「ただいまー」 カツラ:「おかえりっ」 カタカタカタ(パソコン) ヒカリ:「ん〜〜!(伸び)疲れたーっ」 カツラ:「張り込みどうじゃった?」 サトシ:「何とか機器を取り付けてきました!」 カツラ:「そうか、、こ苦労じゃった」 ヒロシ:「、、カツラさん、 何でお洒落してるんですか?」 ヒカリ:「本当だわっ、朝と服装が違うっ」 サトシ:「どっか行ってきたんですか?」 カツラ:「いや、ずっと研究しておった。」 カタカタカタッ ヒカリ:「あー、、お腹減ったわっ」 ヒロシ(カツラさん、、、桜祭り行ったな) サトシ達は夕飯をとる事にした。 ヒカリ:「いただきまーす!」 三人:「いただきまーす」 カツラ:「ヒロシ君、テレビつけとくれっ」 ヒロシ:「はいはい」 ピッ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ニュース:「本日、午後17時40分頃、 シルフカンパニーにて警備員に変装した 男性が不法浸入し、警備員複数を 昏睡状態にする事件が発生しました。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ヒロシ:「おっ、やってるやってる」 カツラ:「シルフに浸入か、、度胸があるのっ」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ニュース:「接触した警備員の 情報によりますと、犯人は警備員の服に 帽子を被った20代の男性で 自身をトオルと名乗っており、 モニター室で監視員を昏睡状態にした後 監視カメラの電源を切断し、そのまま 仲間の女性と逃亡した模様です。 又、警察の調べによりますと、 被害者の監視員は皆1時間後に 目を覚まし、暴行された様子は無く、 社内から何も盗まれた形跡がない事から 大きな被害は出ておりません。 この件に関して警察は、不法浸入罪と 警備員傷害罪で犯人グループの捜査を 続けていく模様です。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ヒカリ:「あら、あたし達の顔が 出てないわっ。良かったー!」 カツラ:「どういう意味じゃ?」 サトシ:「これ、やったの俺達です」 カツラ:「何っ」 サトシはカツラに今日の出来事を 説明した。.
Kawa 20.04.2020 00:24
サトシ:「それじゃあ、お先しますっ」 社員複数:「お疲れ様でした。」 仕事を終え、会社を出たサトシは タマムシ駅に向かった。。 サトシ(今日も疲れたぜ、、) 疲れきった体でタマムシ駅に向かうサトシ だったが、何かの異変を感じた。 サトシ(、、、変だな、さっきから 誰かにつけられている気がする、、) 気配を感じ何度も後ろを振り返るが、 居るのは自分と反対方向へ進む人や タマムシ駅に向かう普通の学生ばかり。 サトシ(疲れてんのかなっ) 特に深く気にする事もなく、 サトシはタマムシ駅に向かった。 (木の影) 作業員:「、、、」.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020