アトラル・ カ

発行者: 24.04.2020

モンスターハンターダブルクロス 甲虫種 ラスボス ??? ゴグマジオス :PV3のラストで見せたアトラル・ネセトの形態の特徴から、関連性があると思われていた。. アルセルタス ひじょうしょく.

攻撃方法は、鎌状の前足を用いた肉弾戦の他、 腹部から糸を出して 地中に埋もれた砦の瓦礫を引っ張り出して背中に乗せ、それを投擲するなどで攻撃をしてくる。アトラル・カ自身も瓦礫の種類をある程度理解しているようで、戦闘が進むと、フィールド上空に糸のドームを形成、取り出した撃龍槍をハンター目掛けて射出する、巨大な車輪を転がしながら突進するといった攻撃も仕掛けてくる 。 ちなみに最終形態で使用する巨大な車輪だが、これは故事成語の蟷螂之斧のエピソードをイメージしているのかもしれない。 また、耳栓必須の咆吼をしたり 甲虫種では初 、射出後に投網状に拡がる糸の球体を用いてこちらを糸まみれにしたり、体から防御力を低下させるガスを放出したりといった搦め手な戦法もとる。 とはいえ今までのラスボスとは一線を画す小柄な見た目のため 簡単に討伐できる ように思えるが、 ラスボス恒例の形態変化が存在するため、そう上手くはいかない 。. アトラル・カ とは、『 モンスターハンター 』 シリーズ に登場する モンスター である。. 砂漠広がる廃れた砦の真ん中で 両前足を広げて威嚇する 、 アルセルタス を一回り大きくした程度の大きさの カマキリ の 姿 であった・・・ 全体的に黄金色の体であるが、アクセント的に眼だけ紫色に輝き、 ハナカマキリ のような平たい体をしている。 そう、アトラル・カはその見た目通り 甲虫種 に分類されるモンスター だったのである・・・ 別名: 閣螳螂 、文字がつぶれて見えにくいが 閣 かく であり 闇 やみ ではない。螳螂は一般的には「かまきり」と読むが、予測変換から「とうろう」と読むのがこの場合正しい。 昨今のラスボスは 古 龍 が 定 石 と 化していた中 飛竜も いることにはいたが 、 甲虫種をラスボスに抜擢する という異例のパターンで攻めてきたことに驚いたハンターは少なくない。.

甲虫種 こうちゅうしゅ. アトラル・カの体力が一定量減少すると、定位置に移動したのち、一際大きい瓦礫の山を引っ張り出してくる。そして その中に入って 全身を糸で包んで繭状にした 直後、 瓦礫が巨大な四足歩行の竜へと組み変わり、攻撃を仕掛けてくる。 上記イラストの背景にある機械的な物体や、先述のPVのラストで映し出されたのがまさにそれである。この状態の名前はかつて「機竜形態」「墟城形態」「女王の玉座」などと呼ばれていたが、後に発売された『公式データハンドブック モンスターの知識書』にてアトラル・カとは別に 「アトラル・ネセト」 という名で掲載されている。同一の個体ではあるが、プログラム上は別のモンスターとして扱われているようだ。 解除するには一定のダメージを与える必要があるが、この形態は瓦礫を纏っているためかなりの硬さをもち、突進・足踏み・足下へのスタンプやそれに付随する瓦礫の隆起攻撃 くらうとかち上げられる 、首元からの糸のビームによる拘束など苛烈な攻撃を仕掛けてくる。しかし所々存在する糸を纏ったオレンジ色の部位は柔らかく、さらに特殊なダウンを発生させると繭状の本体に攻撃が可能となり大ダメージを与えることができる。幸い、ベースキャンプには支給品 爆弾、バリスタの弾や単発式拘束弾 、機竜形態での戦闘中に一定タイミングで届く各種砲弾入りのドングリロケット、果てには撃龍槍もある ただし射程は短く、使えるのは一度きり ことから、 この特殊ダウンを如何に発生させ フィールド上の迎撃装置の位置を把握しているか 、ダウン中にどれだけ本体にダメージを与えられるか が攻略の鍵となる。 ちなみに、形態変化はクエスト中に2回行われるが、上記プロセスを執るのは 1回目のみ である。2回目の形態変化は、 地中に潜った後、アトラル・ネセトへと既に変形した状態で出現する 。 アトラル・カ自体の攻撃力はそこまで大きくないものの、アトラル・ネセトは言わずもがな、撃龍槍などの巻きつけた物体を使った攻撃は致命打になりかねないので、回復の準備は入念にしておく必要がある。 なおアトラル・ネセトのダウン中にどれだけダメージを稼いだとしてもアトラル・カ自体の体力を減らすことはできない。これは前述したようにプログラム上はこの2体が別々のモンスターとして処理されているため。.

このネ セト シリーズ 最大の特徴はその固有 スキル 。 全ての スキル ポイント を+2する効果の「秘術」と、 護石 の スキル ポイント が2倍になる効果の「 護石 強化」によって、 スキル 発動 難易度 が大きく下がるのだ。 さらに全部位に豊富な装飾品 スロット があるため、その装飾品および 護石 を入れ替えるだけで 自由 自在に スキル を組み替えることができる。さらに防御 力 も高いため、その スキル 自由 度の高さと防御性から テンプレ 装備の一つとして高い 人気 を誇っている。 ただし、この装備だけであらゆる スキル 構成が可 能 になるわけではないため、特化装備などはまた別の防具が採用されることが多い。上述の 自由 度による圧倒的な汎用性が売りの防具と言える。. ゲネル・セルタス だんなはたべもの.

[ ].

  • オルタロス おるたろす.
  • その戦いで外装を 完 全に破壊されると最終段階へ移行、外装に含まれていた巨大な 車 輪 型 の パーツ を 背中 に背負った本体との 最後の決戦 が始まる。 この 車 輪を 鉄 骨 や撃 龍 槍 と同様に地面に引きずるように振り回してさらに広範囲を薙ぎ払ったり、その 車 輪を ヨーヨー ののように転して ハンター を轢き倒そうとするといった新たな攻撃技を使うようになる他、前形態の撃 龍 槍 を用いた攻撃も宙 空 から放つ撃 龍 槍 弾の本数が増加、さらに浮かせた複数の撃 龍 槍 を垂直に立て、自身の周りに回転させて シールド 代わりに使うといったより テクニカル な パターン の攻撃でこちらを畳み掛けてくる。.

アトラル・カの弱点と有効アイテム表

甲 虫 種 アトラル・カ 別称 別称 閣螳螂 登場作品 モンスターハンターダブルクロス モンスターハンターのモンスターテンプレート. このネ セト シリーズ 最大の特徴はその固有 スキル 。 全ての スキル ポイント を+2する効果の「秘術」と、 護石 の スキル ポイント が2倍になる効果の「 護石 強化」によって、 スキル 発動 難易度 が大きく下がるのだ。 さらに全部位に豊富な装飾品 スロット があるため、その装飾品および 護石 を入れ替えるだけで 自由 自在に スキル を組み替えることができる。さらに防御 力 も高いため、その スキル 自由 度の高さと防御性から テンプレ 装備の一つとして高い 人気 を誇っている。 ただし、この装備だけであらゆる スキル 構成が可 能 になるわけではないため、特化装備などはまた別の防具が採用されることが多い。上述の 自由 度による圧倒的な汎用性が売りの防具と言える。. 砂漠広がる廃れた砦の真ん中で 両前足を広げて威嚇する 、 アルセルタス を一回り大きくした程度の大きさの カマキリ の 姿 であった・・・ 全体的に黄金色の体であるが、アクセント的に眼だけ紫色に輝き、 ハナカマキリ のような平たい体をしている。 そう、アトラル・カはその見た目通り 甲虫種 に分類されるモンスター だったのである・・・ 別名: 閣螳螂 、文字がつぶれて見えにくいが 閣 かく であり 闇 やみ ではない。螳螂は一般的には「かまきり」と読むが、予測変換から「とうろう」と読むのがこの場合正しい。 昨今のラスボスは 古 龍 が 定 石 と 化していた中 飛竜も いることにはいたが 、 甲虫種をラスボスに抜擢する という異例のパターンで攻めてきたことに驚いたハンターは少なくない。.

オルタロス おるたろす. この形態では外装から細かい残骸弾を飛ばしてそれを フィールド に降らしてきたり、前脚に当たる部分を地面に 叩き つけてその 衝撃波 で前方一帯を吹き飛ばしたり、本体核から束ねた糸を ビーム のように放って ハンター を絡め取って 拘束 しようとするなど、本体だけの時より範囲の広い ダイナミック な攻撃を使うようになる。 弱点と言える部分はその外殻を繋いでいる 黄色 い糸の部分であり、そこを攻撃していくと糸が切れるのか外装全体が ダウン して外装の上に乗れるようになり、そこから本体である核部分をはじめとする外装各所への攻撃が可 能 となる。 なお、この外装には採掘可 能 ポイント がいくつかあり、 ダウン 時にはそこで様々な アイテム が採取できたりする。. 直接対決では カマキリ らしく前脚の 鎌 を 激 しく振りかざして来る他、その一方で鋏 角 種の ネルスキュラ のように 腹 から 金 色の糸 の幕を 放出 し、それを ハンター に浴びせて糸で 拘束 するといった至って 普通 の攻撃を繰り出すが、さらにその糸を使って地面から 鉄 骨 のような構造物 を引っ 張 り出すとそれを 背中 の上に器用に乗せて糸で固定、身体をくねらせてその構造物を相手に 叩き つける、引きずるように振り回すなど積極的に周りの残骸を用いた攻撃を駆使する。 それ以外には体から溶解性の液体を噴射して ハンター の防御 力 を下げて来たりもする。.

PV 2 1 2 2.

ある程度 ダメージ を与えていくと今度は多数の糸を使ってさらに山のように大量の 建造物の瓦礫 および 何かの残骸 を地中から引っぱり出しはじめ、そして自らもその糸に包まって 金 色の 繭 のような状態 に変化するとその残骸の山の内部に パイルダー オン 入り込んでしまう。. これもしばらくすると一旦はその外装から降り、再び直接対決に移行するが、今度は 鉄 骨 だけでなく一本の撃 龍 槍 を掘り起こし、それを 鉄 骨 の時と同じく体に乗せて武装、その撃 龍 槍 を振り回して攻撃してくるようになる。 さらに地面から新たに取り出した撃 龍 槍 を糸を使って 空 中に固定した後、次の 瞬 間に糸を切ってそれを ミサイル のごとくその敵に向けて高速で射出するというという間接的な 遠隔 攻撃まで使い、他には フィールド 全体に太い糸を 無 数に 張 り巡らし、それに触れた ハンター を糸で 拘束 すると同時にその上に岩を落とすという トラップ じみた戦法も絡めてくる。. このネ セト シリーズ 最大の特徴はその固有 スキル 。 全ての スキル ポイント を+2する効果の「秘術」と、 護石 の スキル ポイント が2倍になる効果の「 護石 強化」によって、 スキル 発動 難易度 が大きく下がるのだ。 さらに全部位に豊富な装飾品 スロット があるため、その装飾品および 護石 を入れ替えるだけで 自由 自在に スキル を組み替えることができる。さらに防御 力 も高いため、その スキル 自由 度の高さと防御性から テンプレ 装備の一つとして高い 人気 を誇っている。 ただし、この装備だけであらゆる スキル 構成が可 能 になるわけではないため、特化装備などはまた別の防具が採用されることが多い。上述の 自由 度による圧倒的な汎用性が売りの防具と言える。.

その見た目から「カマキリ」という渾名が広がることに時間はかからず、素材から作られる豪華な防具と(一部例外を除き)金属板のような武器が何かと強力だったことを皮切りに名(ネタ?)が知れ渡った結果、上述の防具一式に武器まで揃えたフルカマキリ仕様のハンターが増えオンラインではみんな防具が一緒という 「カマキリオンライン」 なる環境のような何かが到来。 その光景は「ミイラ盗りがミイラになる」改め「カマキリ駆除でカマキリになる」都市伝説染みた経緯に始まり擬態もとい防具の合成元に一式がベースにされてたり討伐クエスト自体が金策、ハンターランク上げ、お守り等の稼ぎを一括で行える有用性も相まって今後もMonster HunterならぬMantis Hunterが増える影響が想定される。.

アトラル・カの基本情報

本種から作られる装備は「 ネ セト シリーズ 」と呼ばれる。 アトラル・カの 金 色の甲殻をふんだんに用いた、 古代エジプト 文明 風 のき らび やかな デザイン が特徴。. オルタロス おるたろす. 攻撃方法は、鎌状の前足を用いた肉弾戦の他、 腹部から糸を出して 地中に埋もれた砦の瓦礫を引っ張り出して背中に乗せ、それを投擲するなどで攻撃をしてくる。アトラル・カ自身も瓦礫の種類をある程度理解しているようで、戦闘が進むと、フィールド上空に糸のドームを形成、取り出した撃龍槍をハンター目掛けて射出する、巨大な車輪を転がしながら突進するといった攻撃も仕掛けてくる 。 ちなみに最終形態で使用する巨大な車輪だが、これは故事成語の蟷螂之斧のエピソードをイメージしているのかもしれない。 また、耳栓必須の咆吼をしたり 甲虫種では初 、射出後に投網状に拡がる糸の球体を用いてこちらを糸まみれにしたり、体から防御力を低下させるガスを放出したりといった搦め手な戦法もとる。 とはいえ今までのラスボスとは一線を画す小柄な見た目のため 簡単に討伐できる ように思えるが、 ラスボス恒例の形態変化が存在するため、そう上手くはいかない 。.

初挑戦時にムービーが流れ、アトラル・カの全貌が露わになる。のだが、 そこに映し出されたのは・・・ これより先はモンスターハンターダブルクロスの「重大な」ネタバレが含まれています。 閲覧は自己責任でおねがいします。. ちなみにこの形態時には アイテム お届け隊の要領で定期的に ギルド から 支援 用の補給物資として 大砲 の弾および バリスタ の矢が送られてくる。.

3 Way. StayHome Fate Fate .

初登場作品は『 モンスターハンターダブルクロス 』。 鈍い 金 色の甲殻で覆われた カマキリ に似た姿をした モンスター 。 派 手な装飾 風 の襟巻に 紫色 の複眼を備えた頭部、 翼 にも見える形状の前脚の 鎌 、そして上向きに 爪 が伸びているような感じのバケット 型 の 腹 部が特徴。 ちなみに羽は 無 く、 飛翔 したりする事は出来ないと推測される。. 砂漠広がる廃れた砦の真ん中で 両前足を広げて威嚇する 、 アルセルタス を一回り大きくした程度の大きさの カマキリ の 姿 であった・・・ 全体的に黄金色の体であるが、アクセント的に眼だけ紫色に輝き、 ハナカマキリ のような平たい体をしている。 そう、アトラル・カはその見た目通り 甲虫種 に分類されるモンスター だったのである・・・ 別名: 閣螳螂 、文字がつぶれて見えにくいが 閣 かく であり 闇 やみ ではない。螳螂は一般的には「かまきり」と読むが、予測変換から「とうろう」と読むのがこの場合正しい。 昨今のラスボスは 古 龍 が 定 石 と 化していた中 飛竜も いることにはいたが 、 甲虫種をラスボスに抜擢する という異例のパターンで攻めてきたことに驚いたハンターは少なくない。.

ただし、この撃 龍 槍 を取り出した際に 閃光 玉を使ったり、あるいはひるませたりすると出した撃 龍 槍 を落としてしまい攻撃が不発になってしまう。.

また読む:

時計 仕掛け の オレンジ アレックス

ラーメン 発見 伝 佐倉

ゴットイーター アニメ 10話

吐く 叶う 名言

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Yoshifumi 24.04.2020 18:33
本種から作られる装備は「 ネ セト シリーズ 」と呼ばれる。 アトラル・カの 金 色の甲殻をふんだんに用いた、 古代エジプト 文明 風 のき らび やかな デザイン が特徴。. ゲネル・セルタス だんなはたべもの.
Kiyo 02.05.2020 09:52
注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020