ストライク フリーダム ドラグーン

発行者: 27.04.2020

プラントを脱出して地球へと向かったキラのフリーダムガンダムは、戦闘が行われているアラスカ上空に降下して戦闘に介入し [67] 、撃破される寸前であったアークエンジェルを救出した [46] 。アークエンジェルを追い詰めていたイザーク・ジュール搭乗のデュエルガンダムも圧倒するが、余裕でコックピットを斬り裂けるところを私怨を抑え、両脚切断で済ませて離脱の猶予を与えている。地球連合軍の作戦の真相を伝えられたキラは両軍にアラスカ基地からの離脱を勧告した後、地球連合軍を脱退したアークエンジェルの防衛役を担いつつ脱出した [68] 。. 背部に装備された左右5対の能動性空力弾性翼を広域展開し、これらをリアルタイムで動作させることで姿勢制御を行い機動性及び旋回性を大幅に向上させる形態 [45] 。他のモビルスーツには真似のできない動きが可能で [38] 、その能力を活かし空中を舞うように戦うフリーダムの姿は、あくまでも美しく正に戦闘形態といえる姿である [18] 。英字表記である「High M.

機動兵装ウイングの武装プラットフォームに搭載されている八基の遠隔操作兵器。 カオスの機動兵装ポッドの前駆にあたるモデル。そのタイプと同様に使用者の空間認識能力に依存しない第2世代ドラグーンとなっていたが、キラ・ヤマトが使用する事を前提に専用のチューンナップを施した。キラという特定パイロットの空間認識をベースにした改造品であるため、再び特異な空間認識能力が必要とされる兵装に元通りになってしまった。 フルバースト時のマルチロックオンにおいて必要とされる情報処理との並列処理を含めるとスーパーコーディネイターであるキラでなければ性能を最大限に発揮させることは不可能である。 劇中ではキラ・ヤマトは何度かニュータイプ的演出(額に閃く発光現象)を発しているが、これは後に彼自身が空間認識力に目覚めていた設定として補完された もっとも、それ以前に前駆的な描写としてダータネルスに乱入した際にネオを感じ取ったり、デストロイと戦った際にやはりネオを感じ取ったりしているのだが 。 また、ビーム砲からビームサーベルを発生させる事も可能であり、格闘兵装としても使用出来る 劇中未使用。設定画はあるため後付けではない模様 。 上記のとおり攻撃端末としては非常に強力かつ優秀だが、そもそもSEEDシリーズのドラグーンのご多分に漏れず本機は1G環境下で自重を相殺するだけのスラスターを有していないため大気圏内では使用できない 同時代にはデストロイガンダムやカオスガンダムのような例外もなくはないが 。 以上の事から、本機は全領域型と銘打ってはいるが、仕様上は大気圏外戦闘を主眼としていることがわかる。.

Meteor -ミーティア- - 暁の車 - 焔の扉. ガンダムNEXT」早くも隠し機体が登場! 」 GUNDAM. ストライクフリーダム すとらいくふりーだむ. フリーダムガンダムとジャスティスガンダム用に試案が出されていた電磁レールガンやビーム兵器等の武装機器には、PS装甲との併用に関して早くから疑問点が浮上していた。そのためこれらは本体の性能向上を最優先として開発を進行しつつ、武装機器の開発は本体とは別の局によって進められていた。その状況の中で「YFXR 火器運用試験型ゲイツ改」を用いて武装機器の試験運用が行われたが、その結果は思わしいものではなく、これにより核エンジン搭載の流れへと繋がった [58] 。. 登場人物 SEED キラ - アスラン - ラクス - カガリ - マリュー - ムウ - バルトフェルド - イザーク - ディアッカ - ニコル - ナタル - フレイ - クルーゼ.

形式番号ZGMF-X20A。 フリーダムガンダム の後継機として開発された モビルスーツ であり、フリーダムの特性を受け継ぎつつ、最新技術を惜しみなく投入し、機体性能をフリーダムの数倍にまで高められた。 元々は ザフト において先代機フリーダムと同時期に開発が開始されていた量産試作機であった。だが、ドラグーン・システム及び後のヴォワチュール・リュミエールシステムとなる次世代推進機関の開発が予定より遅れたため戦時完成には間に合わず、さらにユニウス条約が施行された影響で、現存する開発データなどは全て封印されることとなった。 しかし、それら設計データは後にクライン派によって秘密裏に奪われ、ファクトリーなる秘密工廠にて魔改造の日々を送る事となる 簡易型ドラグーンと次世代スラスターの研究はザフトで継続され、それぞれ特化した性能に分割した レジェンドガンダム や デスティニーガンダム に花開いていくこととなる 。ファクトリーにおける改造によって、ハイパーデュートリオンエンジン、VPS装甲、VL、ビームシールドといった最新技術でアップデートされており、どこまで原型を留めているのか怪しいパワーアップを遂げている。武装類にしても アビスガンダム らに投入されたセカンドステージのMSの技術を加味した上で、 キラ・ヤマト 専用の超高性能ワンオフ機として再設計を施され、現在の姿として日の目を見る事となった。しかしながら、多数の最新技術を投入した結果、腰部レールガンが使用不可能となる収納形式や、 大気圏内 では ヴォワチュールリュミエール が稼働させられない など、一部の設計に混乱も生じてしまっている。 総論として、極大コストをかけた個人用のカスタムメイド機であるが、 C.

M Complex [16] [ 2]. ZGMF-X20A VPSVL MS C. 11 EXVS2 2 BD MCSSEED 2. 39 25MS2 3! modeHigh Maneuver Aerial Tactical Mode [17] .

SEED - DESTINY - STARGAZER. 最終更新 年4月11日 土 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

~とにかくまずカッコイイ! 大人気機体が新しい造形と豊富なギミックでプレバリューたっぷりに登場!~

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. エンジェルダウン作戦が発動し、ザフトのミネルバとウィラード隊がアークエンジェル討伐に向かい [88] 、猛攻に晒されるアークエンジェル。退路を切り開くキラのフリーダムガンダムに、シンのインパルスガンダムが襲い掛かる [90] 。 レイとともにフリーダム撃破の研究をしていたシンは、レイにフリーダムの特徴的な戦闘方法で「キラはコックピットを絶対に狙わない」その戦い方にシンの勝機が隠されていた。不殺の戦いを余儀なくされていたキラは苦戦し [92] [注 47] 、これまでの戦いを分析しつくしたシンのインパルスガンダムはフリーダムガンダムの攻撃をことごとくかわし [88] 、インパルスガンダムが頭部を破壊されても分離した上半身パーツをぶつけ新たなパーツに換装して戦闘を続行し [95] 、対ビームコーティングが施された機動防盾や分離合体可能な機体の長所を生かしたトリッキーな攻撃で、徐々にフリーダムガンダムにダメージを与える。アークエンジェルは海への脱出を目指し、後を追うフリーダムガンダムだったが、防戦一方となった際にミネルバの主砲がアークエンジェルの照準を定めるのに気を取られ [92] [96] 、その一瞬の隙を見逃さなかったインパルスガンダムがエクスカリバーによる突撃を敢行したことによって撃墜される [96] 。インパルスの刺突直前に原子炉閉鎖ボタンを押していたため核エンジン爆発という最悪の事態は免れたが [96] 、フリーダムはボディの一部分を残し大破する。その後、マリューの機転によりアークエンジェル右側エンジンをパージし爆発させることで撃沈したとザフトにカモフラージュした事で [96] [注 48] 追っ手を振り撒く事に成功し、キラはカガリに救出される [88] 。.

MOBILE SUIT NEO OPERATION SYSTEM Generation Unsubdued Nuclear Drive Assault Module Complex [17] [注 2] Series AVIC-T1 Freedom LA-SE3P. 原作同様フリーダムを失ったキラの機体として登場するのだが、参戦時期が非常に遅い(終盤に入ったところである)。 さらに武装も癖が強い上にEN消費率が激しく、お世辞にも使い勝手は良いとは言えない。 一応 ランド・トラビス を主人公にした場合は、フリーダムがスポット参戦する時期に改造を行っておけばその改造を引き継ぐのだが、 セツコ・オハラ を主人公にした場合は大抵初期から参戦しているシン・アスカが主力として活躍しているであろう上、ルートによってはシンとデスティニーが離脱せずに最後まで活躍し、武装面でもデスティニーの方が使い勝手が良い為、若干冷遇されているといえる。 余談だが、没データとして敵使用のデータが存在する。 第2次Z破界篇では合体攻撃が追加されるなど、やや優遇されている。またシリーズを重ねると燃費も改善されていった。 MAP兵器も完備しているため、スタメンで採用しても十分活躍は出来るだろう。 第3次Z天獄篇ではZシリーズ初の序盤から参戦となった。.

地球連合軍は「オーブ解放作戦」を発動し [67] 、キラのフリーダムガンダムは地球連合軍のモビルスーツ部隊と交戦 [46] 。地球連合軍の新型モビルスーツである「フォビドゥンガンダム」「レイダーガンダム」「カラミティガンダム」はフリーダムガンダムを追い詰めるが、ザフト特務隊所属のアスラン・ザラが駆るジャスティスガンダムが戦闘に介入しフリーダムガンダムを庇う [73] 。2機は連携して3機の新型モビルスーツに立ち向かい [74] 、その連携攻撃は地球連合軍の攻撃を寄せ付けなかった。その後、3機の新型モビルスーツのパイロットは投与された薬物の効果が切れ撤退。地球連合軍も一時撤退する [68] 。 再びオーブへの侵攻が開始された。オーブ防衛のためにキラのフリーダムガンダムは発進し、アスランのジャスティスガンダムも護りたい者のために出撃した [68] 。地球連合軍の3機の新型モビルスーツも前回の屈辱とばかりに激闘しガンダム同士の熾烈な戦いが展開されたが、今度は新型モビルスーツのエネルギー切れのために地球連合軍はまたも撤退を余儀なくされる [68] 。 地球連合軍の圧倒的な物量の前には、オーブ陥落は時間の問題と言えた。オーブ連合首長国前代表首長であるウズミ・ナラ・アスハは、アークエンジェルやオーブの若者たちに希望を託し宇宙への脱出を促した [68] 。宇宙に飛び立とうとするオーブ軍の宇宙戦艦クサナギにフリーダムガンダムはつかまり、ジャスティスガンダムを引き寄せる [75] 。2機の連携攻撃により、追撃してきた3機の新型モビルスーツを撃退し、クサナギと共に宇宙を目指す。.

ユーラシア西部を鎮圧するため、地球連合軍のデストロイガンダムは倒的な火力と防御力で各地のザフト駐留部隊を鎮圧していた [88] 。ベルリンの街を破壊するデストロイガンダムの殺戮を止めるため、キラのフリーダムガンダムとアークエンジェルは現場に急行する [90] 。 キラはデストロイガンダムによるビームの砲撃をビームサーベルの斬撃で薙ぎ払うという神業を見せ、強敵を前にデストロイガンダムはモビルスーツ形態へと変形する [88] 。デストロイガンダムに加えウィンダムとカオスガンダムの布陣の前にはフリーダムガンダムも苦戦するが、オーブ兵とカガリがムラサメとストライクルージュで出撃し、カオスガンダムはムラサメ隊に撃破される [88] 。 地球連合軍所属のネオ・ロアノークのウィンダムは、脅威となるフリーダムガンダムと交戦し、対装甲貫入弾でフリーダムガンダムの対ビームシールドを破壊するが [88] 、ネオに懐かしいムウの気配を感じた 実際、ネオは前大戦末期に大西洋連邦に奪還されてムウにネオの記憶や人格を植え付けてある キラはウィンダムを撃墜し、アークエンジェルに回収させる [91] 。 デストロイガンダムに搭乗するステラ・ルーシェは、記憶を操作され戦うことしか知らない兵士となっていた。ステラを救いたいザフト所属のシン・アスカが、コックピットに居る彼女に声をかけたことでステラは人の心を取り戻したかに思われたが、彼女にとってネオのウィンダムを撃墜した脅威の象徴であるフリーダムガンダムの姿が視界に入ったことで再び兵士へと戻ってしまい、眼前に居るシンのインパルスガンダムをも敵と認識してデストロイガンダムのエネルギー砲で焼き尽くそうとする。だが、フリーダムガンダムがビームサーベルでその砲口を貫いたことでデストロイガンダムは大爆発を起こし、ステラは命を失った [88] 。.

M Complex 」とも表記されている [注 2] 。メディアや関連商品では「フリーダムガンダム」と公称されるが、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ作中内の設定においては、同作の他の ガンダムタイプ 同様に「フリーダム」と呼称される。.

  • 一人のトリックスターの手引きとは知らずに、対立する地球連合軍とザフトは虐殺の宴を開こうとしていた。オペレーション・スピットブレイクの攻撃目標を事前に察知していた地球連合軍は、おびき寄せた敵を大量破壊兵器「サイクロプス」で一気に殲滅することを狙い、代替の効くMS以外の戦力やユーラシア連合軍やアークエンジェルなど一部の「厄介者」を囮として残し、この時既にアラスカ基地を放棄していた [71] 。 プラントを脱出して地球へと向かったキラのフリーダムガンダムは、戦闘が行われているアラスカ上空に降下して戦闘に介入し [67] 、撃破される寸前であったアークエンジェルを救出した [46] 。アークエンジェルを追い詰めていたイザーク・ジュール搭乗のデュエルガンダムも圧倒するが、余裕でコックピットを斬り裂けるところを私怨を抑え、両脚切断で済ませて離脱の猶予を与えている。地球連合軍の作戦の真相を伝えられたキラは両軍にアラスカ基地からの離脱を勧告した後、地球連合軍を脱退したアークエンジェルの防衛役を担いつつ脱出した [68] 。 アークエンジェルが脱出した直後、サイクロプスは発動し、両軍を飲み込み閃光と共にアラスカ基地は消滅した [68] 。キラによる呼びかけで僅かに犠牲者は減ったが、大多数の人間は助からなかった。またキラのフリーダムでアークエンジェルのブリッジを攻撃しようとしていたジンを脱出中に救助したが、救助の甲斐なくパイロットは直後に息絶えた。.
  • 最終更新 年4月11日 土 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

SEED DESTINY []. GAT-X MS [24] [ 6] [ 7] [ 8] C. [83] [84] [ 46] [84] [83] [84]. [89] .

ストライクフリーダムの設定について

フリーダムガンダム ふりーだむがんだむ. 共に宇宙に上がろうとするキラであったが、ラクスにアークエンジェルを託される [89] 。. キラ - アスラン - ラクス - カガリ - マリュー - ムウ - バルトフェルド - イザーク - ディアッカ - ニコル - ナタル - フレイ - クルーゼ. ギャビン隊・ライアル隊・マクリーン隊によって編成された空戦用モビルスーツ「バビ」の大群とアリステア隊の砲戦用モビルスーツ「ガズゥート」の部隊から成る、過剰ともいえる戦力の攻撃に晒されるシャトルであったが、フリーダムガンダムが援護に駆けつける。不殺の戦いを貫くキラのフリーダムガンダムは、シャトルを襲う攻撃を防いだ後、パイロットの命を奪わない程度にモビルスーツを破壊し、追撃の手を封じるために基地施設をレール砲で打ち抜いた。流れるような一連の戦闘は見事の一言 [88] 。.

[99] []. G [17] [ 10] [ 11] 3ZGMF GPS [26] [ 12] [ 13] G [21] GAT-X [33] [ 14] [36]. [84]. - RIVER - FIND THE WAY - Distance - Reason - Life Goes On - I Wanna Go To A Place [88] ストライク フリーダム ドラグーン.

この機体には 宇宙世紀 でいうムー バブル ・ フレーム に近い機構が搭載されており、防御 力 を 無 視して パイロット の反応 速度 に対応できるだけの フレーム 構造(装甲の 分割 、内部 フレーム の材質に VP S装甲を用いる)が採用されている。 キラ の持つ反応 速度 は半端ではなく、機体の可動構造を出来る限り人体の動きに近い可動構造にしており、この システム を採用していなければストライクフリーダムが キラ の操縦に追随できなかったのがわかっている。ただでさえ高性 能 であった フリーダムガンダム に今までの 戦闘 データ と新世代の機体 データ を 融合 することにより、 キラ・ヤマト のみが扱える専用機が 完成 したのである。.

表示 閲覧 編集 履歴表示. アークエンジェルはオーブ連合首長国に入港し [46] 、修理されたストライクガンダムにムウ・ラ・フラガが乗り込みキラのフリーダムガンダムと模擬戦闘を行った [72] 。. 腹部に内蔵された大出力ビーム砲。 同系列の武装が アビスガンダム にも搭載されているが、電源系統がパワーアップしているためストライクフリーダムのものは威力・連射性能において大幅に上回る。 射角は限られるが、本機の搭載する武装の中でも特に高い威力を有し、構えずに撃てるため、乱戦などでは使い勝手が良いと思われる。 威力はデスティニーガンダムのMGX高エネルギー長射程ビーム砲と互角。 砲口にもPS装甲が用いられているため、耐弾性も高い。 また、コックピット直下にこの兵装が搭載されている為、パイロットを保護するためにコックピットとの間を遮蔽する超高精度鏡面壁とエネルギー防壁が完備されている。.

411 UTC - Cookie. - - - - - - - - - - - - - - - - - -. [88] [90] [88] 母親 殺す 方法 [88] [91] [88]. [ ], ストライク フリーダム ドラグーン. [84] [83] [84].

MA-M20. 39 25MS2 3. StayHome Fate Fate. - - - - - - - - - - - - .

ゲーム「機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダムNEXT」において 隠しボス として登場。 耐久力が減ると ミーティア を装備し、さらに耐久力が減るとミーティアが壊れ常時S. 鹵獲された 初期GAT-Xシリーズ のデータをもとに開発された、ザフトの核機動MS [24] [注 6] [注 7] [注 8] 。パトリック・ザラの勅命の下、極秘に開発計画が進行しジャスティスガンダムとともに、C. レイとともにフリーダム撃破の研究をしていたシンは、レイにフリーダムの特徴的な戦闘方法で「キラはコックピットを絶対に狙わない」その戦い方にシンの勝機が隠されていた。不殺の戦いを余儀なくされていたキラは苦戦し [92] [注 47] 、これまでの戦いを分析しつくしたシンのインパルスガンダムはフリーダムガンダムの攻撃をことごとくかわし [88] 、インパルスガンダムが頭部を破壊されても分離した上半身パーツをぶつけ新たなパーツに換装して戦闘を続行し [95] 、対ビームコーティングが施された機動防盾や分離合体可能な機体の長所を生かしたトリッキーな攻撃で、徐々にフリーダムガンダムにダメージを与える。アークエンジェルは海への脱出を目指し、後を追うフリーダムガンダムだったが、防戦一方となった際にミネルバの主砲がアークエンジェルの照準を定めるのに気を取られ [92] [96] 、その一瞬の隙を見逃さなかったインパルスガンダムがエクスカリバーによる突撃を敢行したことによって撃墜される [96] 。インパルスの刺突直前に原子炉閉鎖ボタンを押していたため核エンジン爆発という最悪の事態は免れたが [96] 、フリーダムはボディの一部分を残し大破する。その後、マリューの機転によりアークエンジェル右側エンジンをパージし爆発させることで撃沈したとザフトにカモフラージュした事で [96] [注 48] 追っ手を振り撒く事に成功し、キラはカガリに救出される [88] 。.

また、竹書房刊「PERFECT ARCHIVE 機動戦士ガンダムSEED DESTINY」における設定担当・森田繁のインタビューによれば、ストライクフリーダムの金色の関節は初期案で金色の新型フリーダムと銀色の新型ジャスティスを出すアイデアがあった名残なのだという [99] 。加えて、チーフメカ作画監督を務めた重田智は「METAL BUILD ストライクフリーダムガンダム」発売時のインタビューにおいて、当初監督の福田己津央は機体のパワーが全開になった際に全身黄金になる演出を想定していたが、他のロボット作品とアイデアが類似してしまう事から後の黄金の関節が設定付けられたと明かしている [] 。.

2 MS. OP INVOKE - moment - Believe - Realize - ignited -- - PRIDE - - Wings of Words - vestige -. [84] [ 46] ?

また読む:

な ぐも 眼科

リーアム・ ニーソン 現在

ちよ これ いと コード

漫画 エロ 先生

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020