グラン・ ヴァカンス 感想

発行者: 15.02.2020

続きを読む れた第一巻だったので、今後に期待。. 緻密で繊細で甘美でいてグロテスク。 グランヴァカンスがファンタジー的なアプローチだったのに対しラギッドガールはSF的なアプローチでグランヴァカンスを補完する。 全文に無駄がなく、所々に散りばめられたワードが様々な所に繋がっており、読み進めるうちにグランヴァカンスとラギッドガールの相互性に気がつく。 ネタバレ Posted by ブクログ 年05月09日.

仮想空間に造られたリゾート〈夏の区界〉。 南欧の港町をイメージして造られた古めかしい町で過ごすヴァカンス。 石畳の小路、おもちゃのような家、坂道、入道雲、鳴き砂の浜、 オリーブオイルとヴィネガー、格式高い〈鉱泉ホテル〉でのチェス大会。 これはそこに暮らすAIたちの話だ。 舞台だけ眺めると鳩山郁子の作 最初20ページ読んだあと、別の本読むために放置していたのだが、20ページ目までの感想は「メシがうまそう」 この後少しでも読み進めれば、メシがうまそうなどと呑気なことは言ってられない展開なのだが、この描写力で残酷ながら美しい人間臭くもAIの域を出られないAIの最期が描写されていく。 謎が多く散りばめら Posted by ブクログ 年07月10日. 続きを読む 静に世界をとらえてあるべきものの本当の意味を、むきだしにしてしまう。 読み終わった後の読後感がすごい。物語と内部と外部が読んでる間に自分を勝手に何度も通過する。. すごい。 緻密に作られた世界を美しく残酷に崩壊させる、またその手法も表現も 計算されつくした隙の無い文章・文法を使用。完璧としか… 一見ありがちな設定なのかと油断させておきながら、 気が付くとAIたちの深淵を覗く「罠」にこちらが嵌められていて、 その一体感みたいなものが更に作品にのめり込ませる状態。 続きを読む 前の「大絶途」以降ゲストの訪問が途絶えてしまう。理由は不明だが、その後もリゾートは閉園されることはなく、AIたちは誰一人としてゲストを迎えることなく千回にも渡る終わらない夏を繰り返して来た。 だが、その永遠の夏は突如として終焉の時を迎える。謎の存在<蜘蛛>の大群が押し寄せて彼らの空間を食い散らかして行く。徐々に住処と仲間を奪われていくAIたち。何が起こったのか?何が起ころうとしているのか?絶望に満ちた一夜の攻防戦の果てにあるものとは? なんか大作RPGをやっているような気分にさせられる小説でした。 内容自体はグロテスクな描写も多くすごく残酷だけど、文章やそこから想起されるイメージはとても美しい。そんなところがFFのようなRPGの幻想的な雰囲気を醸し出しているのかもしれない。 自分たちの暮らす空間や自分たち自身のプログラムそのものにも干渉することが出来る圧倒的な存在と対決する絶望感。そして突如いつもの生活を壊される不条理。そんなAIたちからすれば神とも思える存在ですら恐れを抱く天使という存在。続きがすごく気になる終わり方でした。 これだけ残酷な物語なのに、すごく綺麗にまとまってるなという印象です。.

Posted by 1210. Posted by 1102. 2020 AIAI. Posted by 0509.

引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる.

「SF・ファンタジー」ランキング

Posted by ブクログ 年11月02日. Posted by ブクログ 年02月06日. ネタバレ Posted by ブクログ 年11月02日. 次へ 戻る 1. 会員制の仮想リゾート<数値海岸>の<夏の海岸>ではAIが暮らしを営んでおり、現実世界の人間はお金を払うことでゲストとしてその仮想空間で様々なロールを演じることができる。そこはゲストに性的な快楽を与えるため空間であり、様々なシチュエーションが用意されている。 そこに暮らすAIたちであったが、年

SF AIAI. Posted by 1210.      ……  AI  AI                .

基本的に読書のこととか書く日記ブログです。

Posted by ブクログ 年08月10日. 評価の高い順 新しい順 並び替え. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. Posted by ブクログ 年01月04日.

Posted by 1014. Posted by 0710. AIAI Posted by 0503.

2017年09月09日

ーーー仮想リゾート〈数値海岸〉の一区画〈夏の区界〉。南欧の港町を模したそこでは、ゲストである人間の訪問が途絶えてから1,年、取り残されたAIたちが永遠に続く夏を過ごしていた。だがそれは突如として終焉のときを迎える。 仮想と現実の闘争を描く〈廃園の天使〉シリーズ第1作 初めて読む作家、飛浩隆 続きを読む いるのかもしれない。. ネタバレ Posted by ブクログ 年11月02日.

Posted by 0710. Posted by 0615. SFAI. Posted by 0526.

続きを読む 前の「大絶途」以降ゲストの訪問が途絶えてしまう。理由は不明だが、その後もリゾートは閉園されることはなく、AIたちは誰一人としてゲストを迎えることなく千回にも渡る終わらない夏を繰り返して来た。 だが、その永遠の夏は突如として終焉の時を迎える。謎の存在<蜘蛛>の大群が押し寄せて彼らの空間を食い散らかして行く。徐々に住処と仲間を奪われていくAIたち。何が起こったのか?何が起ころうとしているのか?絶望に満ちた一夜の攻防戦の果てにあるものとは? なんか大作RPGをやっているような気分にさせられる小説でした。 内容自体はグロテスクな描写も多くすごく残酷だけど、文章やそこから想起されるイメージはとても美しい。そんなところがFFのようなRPGの幻想的な雰囲気を醸し出しているのかもしれない。 自分たちの暮らす空間や自分たち自身のプログラムそのものにも干渉することが出来る圧倒的な存在と対決する絶望感。そして突如いつもの生活を壊される不条理。そんなAIたちからすれば神とも思える存在ですら恐れを抱く天使という存在。続きがすごく気になる終わり方でした。 これだけ残酷な物語なのに、すごく綺麗にまとまってるなという印象です。.

Posted by ブクログ 年12月10日. 仮想空間に造られたリゾート〈夏の区界〉。 南欧の港町をイメージして造られた古めかしい町で過ごすヴァカンス。 石畳の小路、おもちゃのような家、坂道、入道雲、鳴き砂の浜、 オリーブオイルとヴィネガー、格式高い〈鉱泉ホテル〉でのチェス大会。 これはそこに暮らすAIたちの話だ。 舞台だけ眺めると鳩山郁子の作

AIAI AI AI RPG FFRPG AI .

また読む:

ウラジミール・ プーチン 年齢

風光 る 沖田

家庭 菜園 囲い

コバルオン テラキオン ビリジオン 強い

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Ayame 21.02.2020 08:15
Posted by ブクログ 年05月26日.
Yoko 17.02.2020 05:18
仮想空間に造られたリゾート〈夏の区界〉。 南欧の港町をイメージして造られた古めかしい町で過ごすヴァカンス。 石畳の小路、おもちゃのような家、坂道、入道雲、鳴き砂の浜、 オリーブオイルとヴィネガー、格式高い〈鉱泉ホテル〉でのチェス大会。 これはそこに暮らすAIたちの話だ。 舞台だけ眺めると鳩山郁子の作 このレビューは参考になりましたか? はい 0 いいえ 0.
Anka 22.02.2020 03:14
ネタバレ Posted by ブクログ 年06月15日.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020