まとめ サイト 怖い

発行者: 03.06.2020

金縛り体験談 5、6年くらい前のことでしょうか。正確には覚えていないのですが。 ちょっとややこしくなるのですが、その前の5、6年くらい前から……つまり今から10年くらい前から5年くらい前まで、私はしばしば金縛りに合っていました。 多感であった思春期の 俺は混乱してしまってTさんを見たが、顔がTさんの顔じゃないみたいになってた。 頼れる人間がいなくなった俺はもう泣きそうになりながらドアを閉め、何とかこの場を離れるためにダメ元でエンジンをかけようとした。. 最期に会いに来てくれた愛犬 一人暮らしをしていた大学生の時のことです。 夜中にふと目が覚めました。ベッドに横になって本を読んでいたのが、いつの間に寝てしまったのか。本の内容が夢と繋がって現実と区別がつかないような不思議な感覚でした。過ごしやすい夜でしたが、自分が

高校の先生が気にしている学校リスト これは今から10年前の話です。 私は家から近い高校に通っていました。私の通っていた高校にはいくつも不思議な噂がありました。居残りで夜遅くまで学校に残っていたら誰もいないはずの教室から声が聞こえた。夜、先生が見回りをしていたらいきなり教室の 岡山県 主婦 藤井 愛(38)(仮名) 私が小学校2年生の時の体験談です。 その頃私は、岡山県の山の中に暮らしていました。 隣の民家まで優に200メートルはあるような、正真正銘の田舎です。 学校に通うのも、行きは下り坂なので40分ほどですが、帰りは登り坂を1時間近くかけて毎日通っていました。 ある日 […].

山梨県 主婦 藤野 伊依(33)(仮名) 私が小学4年生の時、美知子ちゃんという女の子が転校して来ました。 初めのうちは、割と皆んなの中に溶け込んで、私も仲が良かったのですが、しばらくすると、彼女の変わった「癖」のせいで、クラスの皆んなから距離を置かれる様になって来ました。 彼女の「癖」とは、「私に […]. 自分が死んだことを理解していなかった祖父 これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡くなってすぐの頃です。 私の兄は、祖父が一番可愛がった孫でした。 その兄が、夜中にうなされることがたびたび起きました。 それも夢の中に祖 ひな祭り 東京都 主婦 横山 陽菜(37)(仮名) 2年前の冬、以前から病気療養していた母が亡くなりました。 私は悲しみに暮れながら、家主を失った千葉の実家で、遺品の整理に追われていました。 思い出の品々を処分するのは本当に心が痛みましたが、私の家は都内の狭いマンションですので、すべてを引き取ることができなか […] 続きを読む.

T T. 17 A A […].    33 […].

  • 親友の人形 神奈川県 会社員 水野 芳恵(34)(仮名) これは、疎遠だった親友の紗和子から、13年ぶりに連絡があった時に体験した、ちょっと気味の悪い話です。 紗和子とは高校からの付き合いで、社会人になってからもずっと、お互いが生活の一部のような存在でした。 彼女には、高校2年の頃から交際していた、8歳年上の彼 […] 続きを読む.
  • 高校2年の夏補習での体験談 これは私が高校2年生の時に体験した、少し不思議な話です。 私の実家は長崎にあり高校も長崎のミッション系の学校に通っていました。 その学校は、かねてより色々な霊現象が起こる学校として噂されており、入学したての頃は 「誰もいないトイレでヒ よし、見るしかない。 どんな物が兄に恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる! 僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。 その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。 僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、 すごい勢いで祖父が、 『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見た 『破ァ!!』 刹那

著作権保護にご協力ください!

東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになり […]. 夜の学校での恐怖体験 中学生のころ、クラスの女子の間で心霊やオカルト話が流行っていました。 私は、その手の話にまったく興味はありませんでしたが、女子と話すために、心霊やオカルトの本を読んだり、テレビを見たりしました。 その甲斐あって、女子のグループと会話をす その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた しかし、Tさんは「しょせん夢だろ?」と冷たい対応 なんとしても引き下がれないので必死に何とかしてください!と頼み込むと 「それじゃあ俺の作ったお守りやるからそれを枕元に置いて寝ろ、 そうすりゃ大丈夫だ」とお守りを渡してくれた. 廃線になった路線バスのバス停での事 車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。 当時は親の車を借りて、夜になれば友達とドライブに出掛けていました。 カーステレオを掛けながら、どこか知らない土地までドライブする。 お腹が減ったらハンバーガーを食べ 修学旅行の夜 東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになり […] 続きを読む.

怖い話をしていると霊が寄ってくる 怪を至れば怪至ると言って、怖い話をしていると霊が寄ってくるのだそうです。百話語ると恐ろしいことがあるとされる百物語などは、この法則にのっとって行われているのでしょう。では語らなければいいのかというと、どうも読んでいるだけでも寄ってくるのでは 栃木県にある某廃病院へ一人で行く 今から3年ほど前の話です。私はオカルトや心霊関連に興味があり、考察本や懐疑主義者の本を読みあさっていた頃があります。結論としては、霊など存在しないというものが私の中にありました。確固とした信念のようになっていたので、廃墟に行って霊を呼び出す

10 ITSE 23 301 2… 24 30    34 […].    24 […].

ほんとにあった怖い話をまとめました

果物と亡くなったおじいさん これは、つい最近のお話になります。私と私の霊能力がある友人は、口コミで霊的な相談に乗っています。 そして、これはつい最近来たご相談の不思議なお話になります。 ある時、一人の女性Yさんが、ご相談に見えました。Yさんは、いつも体のあ こんてんつ Home 怖い話 くねくね 猿夢 ヤマノケ 八尺様 おつかれさま 寺生まれのTさん リンク集.

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖 7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になります。 入山規制が解除され、日が長くなってきたと感じるようになった季節のことです。私の親戚が管理をしている廃ホテルに肝試しとして入ること

301 2…    19 […].    37 2 […] .

その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた しかし、Tさんは「しょせん夢だろ?」と冷たい対応 なんとしても引き下がれないので必死に何とかしてください!と頼み込むと 「それじゃあ俺の作ったお守りやるからそれを枕元に置いて寝ろ、 そうすりゃ大丈夫だ」とお守りを渡してくれた. 霊感の強い女友達と「こっくりさん」をした話 私が中学1年の頃なので、30年以上前になりますが今でも不思議な体験で強く印象に残っている出来事があります。 当時、「こっくりさん」が流行っていて休み時間になると、女の子3人が集まって「こっくりさん」をやっていました。私もその参加者の一 女性の霊と夢の中で対話 あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年近くが経過した9月も後半の晩夏の時期でした。 もともと、霊感が一人少し強い方でしたが、前日に友人3人と心霊スポットめぐりをしていました。 おじいさん、霊界へ旅立つ これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、救急車へ乗って病院へ行きました。 すると、祖父は肺炎を患っている事が分かり、人工呼吸器をつけることになったのです。人工呼吸器をつけて意

10 20    24 […]. 3 30 10 .

おばあちゃんが亡くなってから霊が見え始めました 私の心霊系という話には少し違うかもしれませんが、私は3年前に大好きだった祖母が亡くなりました。 それまでは全くって言っていいほど、心霊系の体験などはしたことはありません。 しかし祖母が亡くなって、初めてのお盆の前くらいからよく、祖母の夢 自分が死んだことを理解していなかった祖父 これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡くなってすぐの頃です。 私の兄は、祖父が一番可愛がった孫でした。 その兄が、夜中にうなされることがたびたび起きました。 それも夢の中に祖 神奈川県 会社員 田原 リナ(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼は「ケンジ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は女子校、ケンジは男子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパート […].

24 […] .

また読む:

祖母 認知 症

艦これ アイオワ 声優

オフ ロード バイク 峠 コーナリング

恋愛 小説 完結

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Yukio 10.06.2020 03:47
岡山県 主婦 藤井 愛(38)(仮名) 私が小学校2年生の時の体験談です。 その頃私は、岡山県の山の中に暮らしていました。 隣の民家まで優に200メートルはあるような、正真正銘の田舎です。 学校に通うのも、行きは下り坂なので40分ほどですが、帰りは登り坂を1時間近くかけて毎日通っていました。 ある日 […]. 僕は、わけの分からないまま、家に戻された。 帰ると、みんな笑っている。 そこには死んだはずの祖父もいた。 「この土地には親しい人に化けて出て心を食っちまう小悪党がいるのさ」 どこか物悲しそうに語るTさん。 寺生まれはスゴイ、俺はまたもやそう思った。.
Chiasa 07.06.2020 18:51
夜中のお墓に肝試しに行った時のお話 私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少なかったので、友人たちを誘って夜に肝試しに行こうということになりました。友人たちも心霊スポットや肝試しは好きな方なので、男4人だけで夜のお墓 その途端Tさんが車のボンネットに飛び乗ったかと思うと 「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」 ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見ながらつぶやきはじめた。 このときにはもう手が震えてエンジンなんてかけられなくなってた。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020