ゼルダ ブレスオブザワイルド 続編 考察

発行者: 18.07.2020

で、問題なのはミイラガノンの心臓部分を鷲掴みにしている『謎の手』です。 一体この手は何なのでしょうか? 手は実体ではなくどこか思念体のようで、シーカーストーンや遺物に施されている模様も見て取れます。そしてガノンを封印しているのか、はたまた力を吸い取っているのか、どちらとも見て取れるような描写となっています。 謎の手が鷲掴みにしている部分からガノンの怨念があふれ出ているところも気になりますね。. そして次に存在感を放っているのは、幾度か登場する『手』です。この出展映像では、やたらと『手』の描写が多いんですよね。 『繋がり』『掌握』『畏怖』『助力』など様々な印象の手が登場します。.

で、ゼルダ姫はどうしたのかというと、『ガノンドロフ』or『ゾナウ』につかまり人質となります。過去のハイラル王国にも、その時代のゼルダ姫が存在しているはずで、その姫が現代のゼルダ姫に激似。唯一の違いは髪型で、過去のゼルダ姫は長髪、現代の姫はショートヘアーといった感じ。 リンクは過去のゼルダ姫と協力しながら、ハイラルに蔓延る悪と戦い、最終的には現代のゼルダ姫とハイラルを救います。.

このシーン、よく見ると手を開いている時は右手のシルエットで、リンクを掴んだ瞬間、左手に置き換わっています。 私も最初、封印していた右腕と別やんけ!?と驚きました。そして置き換わっていただけに気付いてさらに驚きました。 これはゼルダ製作陣のPVですので意図して作られていると考えています。そして、意図して作られている場合、どのような意味が込められているでしょうか? 握る手が変わる 匿名 年6月12日 ミイラが身につけている服や装飾品には『ゲルド族の紋章』が施されています。そして上半身が裸の状態で存在していることを鑑みると、このミイラは男ではないかと推測できます。 ゲルド族は『女』しか生まれない種族です。しかしゲルド族には年に1度『男』が生まれるという言い伝えがあります。そして生まれた男はゲルドの王になるという習わしもあるようです。 前作の劇中ではガノンドロフはゲルド族の男として生まれ、いつしか厄災ガノンになり果ててしまったと語られています。 以上のことから、このミイラはガノンドロフである確率が高いわけです。.

ハイラル城の隆起 超!まとめ考察 主軸ストーリー メインフィールドは過去のハイラル ハイラルの勢力 過去のハイラルで何が起きたのか おまけ:ゼルダ姫がふたり!?. つまり、物語の中でこの腕が味方から敵に変わる またはその逆? 展開があるのではないかと考えました。 ウナム氏はこの演出をどうお考えになりますでしょうか。.

2 3. - Switch. 613 ! BGMBGM …… BGMBGM BGM BGMBGM .

ティームハリウッドの2人が独断と偏見により選んだネタを面白おかしく調理するブログ、それがハリウッドちゃんねるだ!

前作のフィールドは厄災ガノンによって崩壊させられたハイラルでしたが、 次回作のメインフィールドは過去のハイラルになるでしょう。 つまり、建物や道、はたまた遺跡などが崩壊していない状態のハイラルです。厳密にはもっと古い時代の建造物が増えたりするでしょうがイメージとしては問題ないかと。この設定なら続編でもフィールド探索に新鮮味が出せます。 そして、前作との比較や考察が盛り上がること間違いなしです。. あぁーーーわかります、それ。私もあの長い指や爪のせいで目の錯覚かと笑 余談ですが、「ややこしい」の部分はウナム氏の記事に対してではなく、右腕や左腕など勘違いしやすい点についての言及でした。ご不快に感じさせてしまっていたら申し訳ございません!!! ゼルダの伝説 考察. 目次 考察のカギとなるシーン 1. ゼルダの伝説 30周年記念書籍 第3集 THE LEGEND OF ZELDA BREATH OF THE WILD:MASTER WORKS ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:マスターワークス ゼルダの伝説30周年記念書籍 posted with amazlet.

ミイラ化したガノンドロフ ゲルド族のマーク ミイラガノンを掴む謎の手 2.

MP……. 612 5 1.

ではさっそく考察に入っていきたいと思います。 考察手順としては公開された映像中で、考察のカギとなりそうなシーンをいくつかピックアップし、それぞれのシーンを順番に解説し、最終的にまとめ考察をしていきます。 ピックアップしたシーンは以下の5つのシーンです。 1. 返信ありがとうございます。 左腕かと思いましたが、これ右腕のままですね。右腕の爪がMP関節に見えて錯覚を起こしていたっぽいです。加筆修正したと思ったら実は間違っていたという……過去の状態へ修正します。.

もしも手錠ならば、過去に2度封印が解かれたか封印し直したことが分かりますね。 話は変わるのですが、ゼルダは年間トライフォースの力で厄災ガノンを封印し続けた結果、力を使い果たしてしまったということでよろしいのでしょうか? というのも、覚醒したゼルダがガノンドロフ復活に伴う地震で落下するシーンに違和感を覚えました。 3つもトライフォースの力を持ち、覚醒している、最強すぎる姫があんな落下をするとは思えません。.

- Switch posted with amazlet. html chapter-7. - Switch. Line Feedly. 1220…… …… "".

古代の物と思われる遺跡 3. 不気味なBGM 5. はてブ Line Feedly. 古代の物と思われる遺跡 壁の模様と夜光石の結晶 3.

613 1220…… …… ""! 1 PV … JGH. 118. 615 MP…….

あぁーーーわかります、それ。私もあの長い指や爪のせいで目の錯覚かと笑 余談ですが、「ややこしい」の部分はウナム氏の記事に対してではなく、右腕や左腕など勘違いしやすい点についての言及でした。ご不快に感じさせてしまっていたら申し訳ございません!!! で、ゼルダ姫はどうしたのかというと、『ガノンドロフ』or『ゾナウ』につかまり人質となります。過去のハイラル王国にも、その時代のゼルダ姫が存在しているはずで、その姫が現代のゼルダ姫に激似。唯一の違いは髪型で、過去のゼルダ姫は長髪、現代の姫はショートヘアーといった感じ。 リンクは過去のゼルダ姫と協力しながら、ハイラルに蔓延る悪と戦い、最終的には現代のゼルダ姫とハイラルを救います。. 自分も今ゾナウ人が作ったとされる遺跡や例の迷路を調べてるんですが、 ローメイ島地下大量のガーディアンがいる場所の周囲の壁がガーディアンの攻撃で崩れているように見えました。 おそらくここでガーディアンと迷路に避難したゾナウ人が戦ったんでしょうかね。 それと1万年前の戦争を描いた絵右側にシーカー族がハイラル軍から逃げて二つに分離しています。 上は現在のカカリコ村にいるシーカー族の祖先と推測出来ますが問題は下のシーカー族です。 下のシーカー族が逃げている先に槍を持った蛮族みたいな見た目の人物が立っています。 おそらくイーガ団の祖先はゾナウ族だった、もしくはゾナウ族に匿われてたのかもしれませんね。 イーガ団はフィローネ地方に多く生えてるバナナ大好き PVに出て来た地下遺跡と腕がゾナウ人の物だとすると、ハイラル王国への復讐のためにガノンドルフの骸から力を引き抜いて厄災ガノンを生み出していたのかもしれませんね。 もしかしたらあの腕に掴まれたリンクも力を抜かれて弱体化なんてことも… ゲーム的都合上 ちなみにミミズ字の中にゲルド文字のJ・G・Hに当たる文字がある事は確認出来ましたが正直適当なゲルド文字を並べているだけだと思いました。.

or. 613 2?

また読む:

ゴジラ ラドン 合体

満員 電車 小説

満月 まき クッキー☆

次元 連結 システム

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Nari 22.07.2020 20:38
匿名 年6月12日
Shinichi 24.07.2020 14:22
このシーン、よく見ると手を開いている時は右手のシルエットで、リンクを掴んだ瞬間、左手に置き換わっています。 私も最初、封印していた右腕と別やんけ!?と驚きました。そして置き換わっていただけに気付いてさらに驚きました。 これはゼルダ製作陣のPVですので意図して作られていると考えています。そして、意図して作られている場合、どのような意味が込められているでしょうか? 握る手が変わる
Kei 27.07.2020 04:16
過去のハイラルでは主に『ガノンドロフ』『ハイラル王国』『シーカー族』『ゾナウ族』の4つの巨大な勢力が存在しており、各勢力が同盟を組んだり、いがみ合ったりなど、水面下ではどの勢力がハイラルを統治するのか争っている状態です。ここでいう『ハイラル王国』はハイラルを統治している国というよりも、ハイラルに古くから住まう民衆の国というイメージ。 悪の勢力:『ガノンドロフ(独裁)』『ゾナウ族(宗教)』 善の勢力:『 ハイラル王国(民主)』『シーカー族(文明)』 大雑把に勢力を分けるとこういう対立構造になるのではないでしょうか。 この勢力の図に主人公であるリンクが放り込まれ物語が進んでいきます。リンクは流れ的にはハイラル王国に仕えるでしょうが、中立の立場で行動するということも考えられます。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020