坂口 安吾 論

発行者: 14.08.2020

ファルス 、行雲流水、大悟徹底 絶対の孤独、偉大なる落伍者 歴史探訪. しかし安吾は流行作家としての収入があっても全て使い切ってしまい、5月に 税金 滞納により家財や蔵書、原稿料も差し押さえとなる。 国税庁 に腹を立てた安吾は6月に、「差押エラレ日記」、「 負ケラレマセン勝ツマデハ 」を『 中央公論 』に書き、税金不払い闘争を行なった。夏から 飛騨 ・ 高山 地方を旅行し、日本古代への新たな興味を抱く。一方、この頃から 競輪 場に通い出し、 伊東競輪 のあるレースの着順判定(写真判定)に不正があったのではないかと調査、当時の運営団体である静岡県 自転車振興会 を 検察庁 に告訴するという伊東競輪不正告訴事件を9月に起こす。監督官庁である 通商産業省 は「坂口氏の思い違いである」として断定する [41] が、11月にはこれについて書いた「光を覆うものなし」を『新潮』に発表し、その中で再度写真のすり替えによる不正を主張したが、12月に嫌疑不十分で不起訴となった。この時代の競輪は、 チンピラ ヤクザ の巣窟だったという [42] 。.

文学作品は、兄・献吉の影響もあり早くから読んでおり、私立豊山中学校編入後は同級生の 山口修三 、 沢部辰雄 の影響で 宗教 にも目覚める。 谷崎潤一郎 、 バルザック 、 芥川龍之介 、 エドガー・アラン・ポー 、 シャルル・ボードレール 、 アントン・チェーホフ などを愛読した。また、 詩歌 では 石川啄木 や 北原白秋 などを愛読し、 短歌 を作っていた。その他にも、 日本史 に興味を持ち、『 講談 雑誌』を愛読していた。自伝小説『風と光と二十の私と』には、 ボクシング 小説「人心収攬術」の翻訳を、友人Sの名前で雑誌『 新青年 』に掲載したとあるが(結局掲載されなかったのか)、その掲載記事は見当たらない。文学に自信が持てず、豊山中学時代は、野球や陸上競技に熱中、 角力 大会に入賞し、5年次の 年 (大正13年)に第10回全国中等学校陸上競技会( インターハイ の前身)の ハイジャンプ で1メートル57センチの記録で優勝した [14] [2] 。.

この競輪告訴事件の泥沼化により疲れ果て、アドルムを多量に服用し伊東市から離れて、 被害妄想 から 大井広介 邸など転々と居場所を変えることになり、妻・三千代の実家や 石神井 の 檀一雄 宅に居候する。檀一雄の家に身を寄せていた頃、安吾は「 ライスカレー を百人前頼んでこい」と妻に言いつけ、三千代夫人は仕方なく、近所の食堂や 蕎麦屋 (「ほかり食堂」と「辰巳軒」)に頼み、庭に次々と出前が積み上げられていくという「ライスカレー百人前事件」を引き起こす [38] [42] [注釈 10] 。檀一雄はその時の安吾について、「云い出したら金輪際にひかぬから」と語っている [43] [42] 。その後安吾は、 年 (昭和27年)2月末、『現代文學』同人だった 南川潤 の紹介で 群馬県 桐生市 本町2丁目番地の書上又左衛門邸の離れに身を隠す。この頃、この地で 古墳 巡りや ゴルフ をはじめた [2] 。小説の執筆は激減するが、同年1月からは歴史人物譚「安吾史譚」を『 オール讀物 』に連載し、 評論家 として活躍、巷談師を自称する。同月には、 チャタレー裁判 を林房雄らと共に傍聴し、「チャタレイ傍聴記」を『読売新聞』に載せた。6月に「 夜長姫と耳男 」、9月に戯曲「輸血」を『新潮』に発表。10月には、歴史小説「信長」を新聞『 新大阪 』に覆面作家として連載。連載と並行して作者名を当てる懸賞募集も行われ、応募総数通のうち正解は名だった。.

幼少時の炳五は破天荒な性格で知られ、ガキ大将として近所の子供を引き連れ、町内や砂丘、 茱萸 林、異人池で遊び回り、 立川文庫 の『 猿飛佐助 』を愛読し 忍術 ごっこに興じて忍法を研究していた。炳五の 従姉妹 の徳(アサの妹の娘。のちの献吉の妻)によると、ある叔父が「炳五はとてつもなく偉くなるか、とんでもない人間になるか、どちらかだ」と言っていたという [2] [注釈 1] 。小学校での成績は優秀で、ほとんどの科目が10点満点だったが、 県立新潟中学校 (現・ 県立新潟高校 )に入学すると 近眼 で 黒板 の字が読めなくなり、 英語 や 数学 の成績も下がった。家計は遣り繰りがうまくいかずに 差押え を受けていたため、母から眼鏡を買ってもらえず、炳五はその真相が級友に分かるのが恥ずかしく、ほとんど授業に出なくなる。また横暴な上級生への反抗の気持ちも強く学校を休み、放課後の 柔道 などの練習だけ通った。ようやく眼鏡も買ってもらうが、炳五の不注意で黒眼鏡を買ってしまい、友人たちが珍しがって引ったくり、いじっているうちに壊れてしまう。授業が面白くなく、野球漫画を描き、海岸の砂丘の松林で寝転がるなどして過ごし、雨の日は学校近くのパン屋の二階で 歌留多 ( 小倉百人一首 )に興じる。この頃、 谷崎潤一郎 の『ある少年の怖れ』などを読む [10] [2] 。.

父・仁一郎は、「阪口五峰」「七松山人」の号で 漢詩 集の著書『北越詩話』(年)、『舟江雑誌』のある 漢詩人 でもあり( 森春濤 の門下)、 市島春城 (春城)、 会津八一 と親交があった。新潟米穀株式会社取引所理事長、 新潟新聞 社(現・ 新潟日報 )社長なども務め、衆議院議員の 政治家 としては、 大隈重信 のもとで憲政擁護に尽力し、 若槻禮次郎 、 加藤高明 、 犬養毅 、 尾崎行雄 (咢堂)らと政友であった [11] 。安吾は父について、「三流の政事家であった」としている [12] 。10歳年上の長兄の献吉は、後に 新潟日報社 やラジオ新潟(現・ 新潟放送 )の社長などを務めた。母・アサの実家は、新潟県 中蒲原郡 五泉町 大字五泉(現・ 五泉市 本町)の大 地主 ・吉田家であった。吉田一族は皆〈 ユダヤ 的な鷲鼻〉を持ち、特に母・アサの兄( 伯父 )の眼は青く、〈まつたくユダヤの顔で、 日本民族 の何物にも似てゐなかつた〉という [10] 。アサは仁一郎の後妻で、傾いた家計を支えるのに苦労していた。炳五は、5歳の時に生れた 妹 ・千鶴に母親を奪われたという思いが強く、気丈でヒステリックな母から愛されなかったという孤独を抱き、見知らぬ街を彷徨うこともあった [8] [10] 。炳五は、自分ばかり憎み叱責する母に対する反抗心を増し、砂丘に寝転んで光と小石の風景を眺めながら、海と空と風の中にふるさとと愛を感じ、その中にふるさとの母を求めていた [10] 。.

坂口 炳五(さかぐち へいご) 年 10月20日 日本 ・ 新潟県 新潟市 西大畑通28番戸(現・ 中央区 西大畑町 番地). WorldCat Identities BNE : XX BNF : cb データ GND : ISNI : LCCN : n NDL : NKC : xx SUDOC : VIAF : 表示 閲覧 編集 履歴表示.

15 4 [9] [14]. [2] [16]. [2] [ 1] 10 [10] [2] .

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 名前空間 ページ ノート. カテゴリ : 坂口安吾 日本の小説家 日本の随筆家 日本の文明評論家 日本の文芸評論家 日本の推理作家 日本推理作家協会賞受賞者 競輪に関連する人物 東洋大学出身の人物 新潟市出身の人物 年生 年没.
  • 七北数人 は、安吾の「風と光と二十の私と」を始めとする自伝的小説群を解説しながら、「無頼派と呼ばれるにふさわしいデカダンな行状を含みながらも、これほど真面目に生きた人は稀ではないかと思わせられる」として以下のように安吾の作品を評価している [51] 。.
  • 表示 閲覧 編集 履歴表示. ファルス 、行雲流水、大悟徹底 絶対の孤独、偉大なる落伍者 歴史探訪.

柄谷行人 は安吾の代表作の一つである『 堕落論 』の解説「坂口安吾とフロイト」において、坂口安吾の作品は「エッセイが小説的で、小説がエッセイ的」という特殊な面があり、どんな作家にもあるような代表作というべき純文学的小説がないために、 近代 的な小説を中心として見る戦後の文学史家の価値基準においては、「二流の作家」と見なされてきたと分析し [49] 、実際、坂口安吾は多彩な活動をする一方で、気まぐれに放棄された未完作、未発表作も多く、その烈しい精神の振幅の個性を全的に表現しうる方法論を模索しながらも十全に開花させた純文学においての 長編小説 は書かれることは無かった [1] [注釈 11] 。しかしながら、いわゆる文壇の巨匠や名人と言われるような器用な作家の作品からは得られない特異な魅力のある作家として、広くジャンルを越えて他の多くの作家、創作者からも親しまれている傾向がある [1] [50] 。 奥野健男 は、その安吾の魅力を、他の小説家からは求めることができない「不思議な人間的魅力にあふれている」とし、「ある時は人間の魂の底まで揺がすようなすさまじい感動を、ある時は澄みきった切ないかなしみに似た憧れを与えてくれる」と評しつつ、「失敗作を含めて、坂口安吾の作品の中に、未来の文学へのさまざまな貴重な実験や発想や方法、そして全人的なヴァイタリティをぼくたちは見いだすことができる」としている [1] 。また、文学作品だけではなく、その 歴史小説 や 推理小説 も評価され愛好されている [3] 。.

WorldCat Identities BNE : XX BNF : cb データ GND : ISNI : LCCN : n NDL : NKC : xx SUDOC : VIAF : また、作家同士の交流が多かった無頼派、新戯作派の中でも特に坂口安吾と深い交流があった 石川淳 は自らの随筆『安吾のいる風景』の中で「安吾はよく書き、よく褒めた。褒めるのは自分の書いたものに決まっている。それはもっと、もっとと、自分を先のほうへせきたてる調子のようにもきこえた」と、創作時における安吾の印象を述べている。 さらに、 石川淳 は『この巨大なるもの』と題した以下のような評を安吾の全集に寄せている。. 不連続殺人事件 — アンゴウ - 復員殺人事件(未完) - 投手殺人事件 - 明治開化 安吾捕物帖 - 孤立殺人事件 - 屋根裏の犯人 - 南京虫殺人事件 - 選挙殺人事件 - 正午の殺人 - 心霊殺人事件 - 能面の秘密.

銀座出版社 年 6月 装幀: 原弘 、坂口安吾. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

  • 坂口安吾 - 小説 - 評論 - 原作映画作品.
  • 東洋大学 印度哲学 倫理学 科第二科卒業. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

6 8 226坂口 安吾 論. [38] [42] [ 10] [43] [42] 272 2 [2] 1 6 910. [3] [3] [3]. [11] [12] 10 [10] 5 [8] [10] [10] .

週間記事閲覧ランキング

しかし安吾は流行作家としての収入があっても全て使い切ってしまい、5月に 税金 滞納により家財や蔵書、原稿料も差し押さえとなる。 国税庁 に腹を立てた安吾は6月に、「差押エラレ日記」、「 負ケラレマセン勝ツマデハ 」を『 中央公論 』に書き、税金不払い闘争を行なった。夏から 飛騨 ・ 高山 地方を旅行し、日本古代への新たな興味を抱く。一方、この頃から 競輪 場に通い出し、 伊東競輪 のあるレースの着順判定(写真判定)に不正があったのではないかと調査、当時の運営団体である静岡県 自転車振興会 を 検察庁 に告訴するという伊東競輪不正告訴事件を9月に起こす。監督官庁である 通商産業省 は「坂口氏の思い違いである」として断定する [41] が、11月にはこれについて書いた「光を覆うものなし」を『新潮』に発表し、その中で再度写真のすり替えによる不正を主張したが、12月に嫌疑不十分で不起訴となった。この時代の競輪は、 チンピラ ヤクザ の巣窟だったという [42] 。.

坂口得太郎(曾祖父)、ミタ(曾祖母) 坂口得七(祖父)、ユウ(祖母) 吉田久平(母方の祖父) 坂口仁一郎 (父)、アサ(母) 坂口献吉 (長兄)、千鶴(妹) 村山セキ(五姉)、喜久(姪) シウ、ユキ、ヌイ(異母姉) キヌ、アキ(養女姉、六姉) 七松、成三(次兄、三兄) 上枝、下枝(四兄、七姉).

堕落論 Discourse on Decadence 作者 坂口安吾 国 日本 言語 日本語 ジャンル 随筆 、 評論 発表形態 雑誌掲載 初出 「 堕落論 」-『 新潮 』 年 4月1日発行・4月号(第43巻第4号) 「 堕落論 」 のち「 続堕落論 」 -『 文學季刊 』年12月1日発行・第2号・冬季号 刊行 銀座出版社 年 6月 装幀: 原弘 、坂口安吾 ウィキポータル 文学 テンプレートを表示 『 堕落論 』(だらくろん)は 坂口安吾 の 随筆 ・ 評論 。坂口の代表的作品である。 第二次世界大戦 後の混乱する日本社会において、逆説的な表現でそれまでの倫理観を冷徹に解剖し、 敗戦 直後の人々に明日へ踏み出すための指標を示した書。敗戦となり、 特攻隊 の勇士も 闇屋 に堕ち、聖女も堕落するのは防げないが、それはただ人間に戻っただけで、戦争に負けたから堕ちるのではなく、人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ、と綴られている。旧来の 倫理 や 道徳 の否定といった次元ではなく、偉大でもあり卑小でもある人間の本然の姿を見つめる覚悟を示している作品である [1] 。 年 (昭和21年)4月1日、雑誌『 新潮 』(第43巻第4号)に掲載され、同年12月1日に続編(のち『続堕落論』)が、雑誌『 文學季刊 』第2号・冬季号の「評論」欄に掲載された [2] 。単行本は翌年 年 (昭和22年)6月25日に 銀座出版社 より刊行された [2] 。文庫版は 角川文庫 、 新潮文庫 などで重版されている。 目次.

同じ坂口安吾の評論である『青春論』と共に『堕落論』を折りにふれ何度も読んだという 檀一雄 は、「安吾のあの強烈な孤独の表情を軸とし、ある時は、わが身に絶望の鞭を加え、また、切ない気持ちで言い知れない勇気を与えられてきた」と述べ [3] 、『堕落論』をはじめとする作品に、「安吾の生活の情熱と思考の表裏一体した真摯な様相」が見られるとし [3] 、その声を、「おおらかな 詩人 の規模を恃し、世俗におもねらない苦行者の精神に燃えていた人の滅びない新しい声であった。また、我々の日常として滅びない新しい声は曲解されやすいものである」と解説している [3] 。.

[ 7] 1618 [24] [2] 89491011 [30] ? 39 1020 - 30 217. [49] [1] [ 11] [1] [50] [1] [3]. 3 [19] [20] 2 [11] 4 坂口 安吾 論 [14] 113 [11].

2410 14 [52] [52] .

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

銀座出版社 年 6月 装幀: 原弘 、坂口安吾.

  • 囲碁の 呉清源 の 岩本薫 との十番碁の第一局、将棋の 木村義雄 が 塚田正夫 に名人を奪われた第6期名人戦の最終局(第七局)、木村と 升田幸三 との三番勝負の第一局、木村が塚田から名人を奪回した第8期名人戦の最終局(第五局)、それぞれの 観戦記 を執筆していて、評価が高い。「勝負の鬼」として十年間不敗だった木村義雄が、年(昭和22年)の第6期 名人戦 で、勝負師根性を捨てたため塚田正夫にて敗北した時の、木村を厳しく批判した『散る日本』は名作として名高く、年に第一期 九段戦 に勝利した 大山康晴 を主人公にした小説『九段』もある。.
  • 堕落論 Discourse on Decadence 作者 坂口安吾 国 日本 言語 日本語 ジャンル 随筆 、 評論 発表形態 雑誌掲載 初出 「 堕落論 」-『 新潮 』 年 4月1日発行・4月号(第43巻第4号) 「 堕落論 」 のち「 続堕落論 」 -『 文學季刊 』年12月1日発行・第2号・冬季号 刊行 銀座出版社 年 6月 装幀: 原弘 、坂口安吾 ウィキポータル 文学 テンプレートを表示 『 堕落論 』(だらくろん)は 坂口安吾 の 随筆 ・ 評論 。坂口の代表的作品である。 第二次世界大戦 後の混乱する日本社会において、逆説的な表現でそれまでの倫理観を冷徹に解剖し、 敗戦 直後の人々に明日へ踏み出すための指標を示した書。敗戦となり、 特攻隊 の勇士も 闇屋 に堕ち、聖女も堕落するのは防げないが、それはただ人間に戻っただけで、戦争に負けたから堕ちるのではなく、人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ、と綴られている。旧来の 倫理 や 道徳 の否定といった次元ではなく、偉大でもあり卑小でもある人間の本然の姿を見つめる覚悟を示している作品である [1] 。 年 (昭和21年)4月1日、雑誌『 新潮 』(第43巻第4号)に掲載され、同年12月1日に続編(のち『続堕落論』)が、雑誌『 文學季刊 』第2号・冬季号の「評論」欄に掲載された [2] 。単行本は翌年 年 (昭和22年)6月25日に 銀座出版社 より刊行された [2] 。文庫版は 角川文庫 、 新潮文庫 などで重版されている。 目次.
  • 影響を受けたもの 谷崎潤一郎 、 芥川龍之介 、 石川啄木 、 北原白秋 、 佐藤春夫 、 正宗白鳥 、 葛西善蔵 、 有島武郎 、 宇野浩二 、 牧野信一 バルザック 、 チェーホフ 、 ポー 、 ボードレール 、 モリエール 、 ヴォルテール 、 ボーマルシェ 、 アガサ・クリスティー 、 仏教 、 説話 、 切支丹 物.
  • 麓(未完) - 輸血.

[2]. [1] [1] [4] [5]. [3] [3] [3]. [2] [ 1] 10 [10] [2]. FARCE. 221 [2] [46]. - - - - .

カテゴリ : 坂口安吾 日本の小説家 日本の随筆家 日本の文明評論家 日本の文芸評論家 日本の推理作家 日本推理作家協会賞受賞者 競輪に関連する人物 東洋大学出身の人物 新潟市出身の人物 年生 年没. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 影響を受けたもの 谷崎潤一郎 、 芥川龍之介 、 石川啄木 、 北原白秋 、 佐藤春夫 、 正宗白鳥 、 葛西善蔵 、 有島武郎 、 宇野浩二 、 牧野信一 バルザック 、 チェーホフ 、 ポー 、 ボードレール 、 モリエール 、 ヴォルテール 、 ボーマルシェ 、 アガサ・クリスティー 、 仏教 、 説話 、 切支丹 物. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

- - - - - UN-GO - -. 62 3 [ 3] [19] 9 10 [2] [ 4] .

また読む:

東京 グール リゼ

ゾロナミ 裏 小説

バージニア・ ウルフなんかこわくない みんなのシネマレビュー

アウル・ クリーク橋の一事件 映画

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Arakan 15.08.2020 02:18
柄谷行人 は 週刊読書人 号に掲載された自らの著作である坂口安吾論の刊行インタビューの中で、 無頼派 について「「無頼」という言葉は、一般に考えられているようなものではなく、「頼るべきところのないこと」(『 広辞苑 』)です。つまり、それは他人に頼らないことです。その意味では、いわゆる ヤクザ は無頼とはほど遠い。組織に依存し親分に従い、他人にたかるのだから。その意味で、安吾はヤクザではなく、まさに「無頼」だった。太宰はそうではない。「無頼」であれば、そもそも 共産党 に入党しないし、転向もしない。彼は頼りっぱなしの人だった。自殺するときまで、他人に頼っている。そういうものを「無頼」とはいいません。言語の本来の意味では、「無頼派」は安吾だけだったと思います。最初に読んだときから、自分には安吾が性に合っていた。」と評している。. 同年8月、歴史小説「真書太閤記」を『知性』に連載開始。「信長」と対をなし、 豊臣秀吉 を描いた作品である(未完)。10月に 法要 のため、初めて妻と息子を連れて新潟に帰省し、幼少時代の地を歩く。11月に行きつけの 浅草 の お好み焼き 店「染太郎」で、知人たちと食事をし、トイレに立つ時に熱い 鉄板 に手をついてしまうという「染太郎 火傷 未遂事件」を起こす [45] 。ジュっと音がして焼けた安吾の手のひらを、すばやく 氷 で冷やして手当をしてくれた店の女主人に感謝した安吾は、「テッパンに手をつきてヤケドせざりき男もあり」という 色紙 を贈った [45] 。12月には、「安吾日本風土記」の構想のために九州の 宮崎県 日向 に赴き、 高千穂神社 を訪れた [2] 。『中央公論』編集長・笹原金次郎によれば、安吾は 庶民 の声を綴ろうと、「日本全国歩こう。地方を廻って、古老から話を訊くんだ。日本人の、全く新しい歴史を書きたいんだ」と意欲を持って、「安吾日本風土記」に臨んでいたとされる [2] 。.
Yoshie 19.08.2020 11:16
関東大震災 のあった 年 (大正12年)11月2日に父・仁一郎が細胞 肉腫 、後 腹膜 腫瘍 で死去(64歳で没)。戸塚を離れ、 池袋 などを転々と引っ越し、 年 (大正14年)から兄と 荏原郡 大井町 字元芝(現・ 品川区 東大井 )に転居。本当は山に入って暮らすことを考えていたが、父の財産管理で10万円の借金があったことから、3月に豊山中学校を卒業後は 代用教員 になることを決心し、 荏原郡 世田ヶ谷町 の荏原尋常高等小学校(現・ 若林小学校 )に採用され、その分教場(現・ 代沢小学校 )の代用教員となり、5年生を担当する。分教場主任の家に 下宿 し、月給は45円であった。生徒への教育方針は「温い心や郷愁の念を心棒に強く生きさせる」ことで [15] 。優しいが怖い先生だったという [14] 。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020