呪いの元凶は「 大災厄」 の日。

発行者: 05.09.2020

とはいえ、祭壇を上手く使えば本当にハルマになれるかもしれない。 しかしマルバスは「儀式に失敗してハルマになる手段がないと分かってしまうこと」を恐れていた。 本心を打ち明けたマルバスのことを、自分の心に向き合えるハルマ以上に気高く美しい人だとヴィネは断言する。 マルバスがその言葉を受け入れた時、「自分を変えたい」という強い思いに反応した指輪が青く光り、マルバスは再召喚によって天使のような姿に変身した。 実験は凍結されており、祭壇は働かなかったが、ハルマになる希望は捨てないと明るく言うマルバスだった。. そこへマルファスが、エクス・マキナのメンテナンスをしていた職人の居場所を探し出して帰還する。ソロモンがフォカロルのために調査を依頼していたのだった。 マルファスが突き止めたそこは、多種多様な職人が集まることで知られる交易所「クラフターズスタンプ」。 ソロモン、フォカロル、マルファスに興味を持ったキマリスとバルバトスを加え、クラフターズスタンプに向かった一行。 聞き込みの結果、探している職人はここに住んでいない「下請け」だということが判明したが、彼の弟には出会うことができた。そして職人の住まうデオブ村へと案内してもらうことになる。.

そしてついに現れた長男ドネと交戦、やはり押されて寝床へ撤退していくドネを一行が追走する。寝床にはドネの人形に、「ヴィータの生皮」が貼り付けられた物があった。 サイクロプス三兄弟もバルバリッサにメギドになりたいと訴えていた。メギドになるにはヴィータ体になれないといけないというバルバリッサの嘘を信じてヴァイガルドへ渡り、人形にヴィータの皮を貼り付けてヴィータ体を作り出そうとしていたのだった。. 森妖精 エルフ 達が祈りを捧げようとした頃、もう少年の姿はそこにはなかった。.

鉱山の洞窟入口付近では必要な大きさの夜輝石が見当たらなかった。だが掟により奥へは行けないとアガレスが言う。しかしキマリスが奥へ飛び出していってしまい、ソロモンたちは仕方なく追いかける。そこで彼らを待っていたのは、心の弱みにつけ込む強い幻覚だった。洞窟に充満するガスが幻覚を見せていた。 そんな中で幻獣にも襲われ何とか撃退した一行。採掘を断念しようとするが、倒した幻獣が持つツノの欠片こそがフォトンを貯めこんで輝く夜輝石なのだということに気づいた。. 山の中には幻獣が跋扈していたが、それらは襲ってくることもなく人形の様にじっとしていた。しかしソロモンがフォトンを動かした途端に幻獣たちは動き出し、一行はこれを撃退する。そんな中、一際巨大な獣が横切っていったのをバフォメットが目撃した。合流したレラジェの指示に従い隊列を組んで追跡したところ、長い体毛を持つ巨大な猿に似た個体「オーマ」と遭遇する。レラジェが急所を射抜いたがオーマはなお立ち上がり、撤退していった。 オーマはかつてレラジェがこの山に暮らしていた時対峙したもので、育ての親にして狩りの師であるナスノが「逢魔が時の怪物」と呼んでいたのだと言う。ナスノは熊を素手で仕留める程の豪傑だったがオーマとの戦いでは重傷を負い、側にいたレラジェを追い払った後戻ることはなかった。その後オーマを見かけることはなかったためナスノと相打ちになったと思われたのだが、それが今動いている理由は不明だった。.

邪本は無事入手したものの、これが作られた意図がまだ明らかでない。ベリトは邪本を読破し、作者の真意を掴もうとする。著者ギガスは追放メギドであり、かつてエリゴスが戦ったことのある相手でもあった。 この本はギガスの思考を忠実に辿れる対話形式の内容となっており、これを読んだ者の中にギガスの人格が立ち上がってくるようになっていた。追放メギドが読めば記憶が覚醒し、そこで読むのをやめれば無事に済むが、普通のヴィータでは為すすべなくこのギガスの人格に呑まれてしまい、狂気に陥ってしまうことから「読むと悪魔になる」と言われていた。 ギガスはメギドラル時代、幻獣たちと共闘するという異端の戦法を取っていた。ギガスは彼らを仲間だと思っていたが幻獣はフォトンを欲していただけだったらしく、追放されたことでその対価を払えなかったギガスを追ってきてしまった幻獣は、ヴィータとして家庭を持ったギガスを襲い、その子を食い殺す結果となった。もし自分が死んでも大地に還った自分の魂を受け継いでしまった者が幻獣に襲われ続ける……という未来を危惧したギガスは、それを終わらせるため幻獣を倒してくれる追放メギドを覚醒させる本を作り、そしてそれが想定を上回る効果をもたらしてしまったのがこの「邪本」だった。 被害を止めるだけでなく、自分に執着し続けるかつての「仲間」を解放してやりたい。同じフォトンとして大地に還れば、メギドと幻獣の区別もなく世界を支える礎になる。全てが一つになるそこは言うなれば「永遠」であり、仲間も家族もそこに居る。ギガスの意識が語ったその言葉を受け入れ、ベリトは彼の願いを叶えてやると宣言する。本を読みきったベリトはソロモンに呼びかけ、自らの意志でリジェネレイトを果たした。.

NieR:Automata 3. AND OR.

一方、クノスペに来てすぐソロモンとはぐれたダンタリオンは迷子として預けられた孤児院で「里帰り」していたアモンと合流。その後二人はベヒモスを連れたライオと遭遇する。ダンタリオンはソロモン探しを諦めてそのままアモン共々キャラバンに同行することを決めた。キャラバンはフーゴの遺品から売れそうな物を回収するためトーターバウムを訪れる。 そしてアモンはライオが金を貯めている目的を聞き出し、彼が自分を虐待していたかつての父だということを確信する。フーゴの身代わりに飲まされた「若返りの薬」の影響で老人と見紛うほどに老いていたが、端々に出る暴力的な口の悪さから勘付いたのだった。ライオもダンタリオンからアモンが「リュカ」と呼ばれていたと聞き、彼が息子であると気づく。そこへ幻獣が現れる。一人キャラバンから離れて行動しているアモンに迫り、ライオはベヒモスとダンタリオンを連れ息子の元へ駆けつけ、間一髪ベヒモスが幻獣を倒す。過去を悔いていたと言うライオは身を削って「息子のための金」を貯蓄しており、せめてもの罪滅ぼしとしてその金をアモンに渡したいと訴えるが、当然アモンは聞く耳を持たず、「殺す価値もない、自分で死ね」とナイフを突きつける。しかしそこに幻獣が現れ、ライオは我を忘れていたアモンを庇って重傷を負う。.
  • しかし 森妖精 エルフ 達がその少年を見て最も驚いた事は、神獣を使役しているであろう事でも、その見事な服装にでも無い。. メギドラルにはそんなトーポに唯一指示を出して従わせることができる獣人のルカオンという蛹体(プーパ)が居た。 トーポを指揮して物理ゲートを掘っているルカオンの所に、足首から下だけでルカオンの身長ほどもある巨大なヴィータ体を持つメギド、ネフィリムがやってくる。ネフィリムは言葉を話せない少女を連れており、この子を逃してやりたいのだと言う。彼女が偶然助けたこの少女は、かつてのネフィリムと同じように研究院に囚われていた「実験台」だった。 助けた自分に依存し離れようとしない少女のために自分も一緒にゲートを抜けたいというネフィリム。押し負けたルカオンはネフィリムと少女をゲートへと送り出した。 少女とヴァイガルドを目指すネフィリム。しかしその巨大すぎるヴィータ体が狭い洞窟内で引っかかり、動けなくなってしまう。ネフィリムは少女を「おいしそうに木の実を食べた」のでキノミと名付け、キノミを一人で先に行かせる。 キノミはネフィリムのために助けを呼ぼうとヴァイガルドへ出たが、蛇に噛まれて倒れてしまう。偶然近くの川を舟で渡っていたサレオスがキノミを発見し助けたところ、キノミがメキドラルから来た「ペクス」であると気づく。キノミに促され洞窟にたどり着いたサレオスはネフィリムを発見した。.
  • 買い出しを終えアジトに戻ったソロモンは、取り乱した様子のバフォメットに突然摑みかかられた。何でもバフォメットの運営する村に付近の山から獣の大群が押し寄せ、経済の要たる塩の交易に支障が出ているらしい。獣退治を頼まれたレラジェと怪我した住人の治療に当たっていたアンドラスが協力して調査を行ったところ、獣の中に一匹だけ幻獣が紛れていた。 レラジェが仕留めたその幻獣には精巧に作られた「機械仕掛けの目」が備わっていた。明らかにヴァイガルドの技術で出来た物ではないと思われる不審な目を持つ幻獣を警戒し、ソロモンは自らも調査に協力することを決める。その場に居たブネ、ガープ、シャックス、それに自分もガープと出かけたいと言うコルソンを加え、一行は山へ向かう。. ある意図からヨルハ型アンドロイドの衣装を黒にした、という記述から安直に首謀者を連想した仮説である。 前作の最終決戦において失われた「黒の書」であるが、実はアンドロイドに姿を変えて「ヨルハ計画」を立案したとすればどうだろう。.

当然本人は未登場だが、 【モモちゃん】 が欲しがっているという「ドルマゲスのステテコ」なるもので名前のみ登場。. 三兄弟を倒した一行は急いでキマリスを連れて医者の元へ向かったが、オンジは既に息を引き取っていた。オンジが居なければ島に残る意味もないと言い、キマリスはソロモンたちに同行すると言う。 皆から離れて海にやってきたキマリスは、オンジを想って一人泣いた。 察してやってきたウェパルに好きなだけ泣くといいと言われ、思いの丈を叫ぶ。 そしてすっきり元気を取り戻したキマリスは、美味いものを食べに行こうとウェパルを引っ張り走り出すのだった。. プルフラス・復讐の白百合 ( プルフラス ). もしアコールが「ヨルハ計画」首謀者として『ニーア』世界に干渉しているのだとすれば、この「大災厄」や「フォールダウン」を阻止するためかもしれない。 これらの現象は未だ詳細不明であるが、少なくともアコールにとって望ましくないものであることは間違いない。.

放心状態で演奏していたグシオンとアスラを止め異世界から脱出した一行。フェニックスはやはりアントーンの仕業であると確信を深めるが、しかしアントーンは以前フェニックス自身が処刑したはずの人物なのだった。 死人が蘇るはずがない。しかし組曲は演奏され人が死んでいる。他の誰かが演奏者であることも考え警戒していたところ、また曲が聞こえてきた。その時皆から離れ姿が見えなかったアスラに演奏者=犯人である疑いがかかってしまう。他に演奏者が居るか確かめるためアスラはグシオンの見張りのもと隔離される。二人きりになったところでグシオンはアスラに「メギドなんでしょう?」と問いかけた。グシオンはサタナイルから音で感情を伝えるメギドの話を聞いていたのだった。疑いが深まらないようにそのことを黙っていたグシオンに「アスラフィル」はお礼を言う。その時、また曲が聞こえてきた。.

屋敷の中で15体の 八肢刀の暗殺蟲 エイトエッジ・アサシン を率いるソリュシャンが目の前で震えるレエブン侯らへ言葉をかける。. イベント名(メイン報酬) 暴走少女と一つ目幻獣の島 ( キマリス ).

  • 謎に包まれた首謀者の正体であるが、大きな疑問として残るのは「 なぜ機械生命体にヨルハ計画の情報が渡ることを黙認したのか 」という点だ。 そもそもヨルハ計画の目的は 人類軍に属するアンドロイドの戦意高揚を促すためだ。 立案された時点で「ヨルハ計画」の情報をすべて廃棄し、情報偽装を完成させるところまでが計画に含まれている。 にも拘わらず、 なぜ情報が漏洩して拡散するようなことを許したのであろうか。. 一行はアクィエルを圧倒したものの逃してしまう。追った先の広場には彼の姿はなく、代わりにフライパンを持った女性の像が目に付いた。それは年前に街を様々な危機から救ったと伝承されている「フライパンの聖女」の石像とのことであり、吸血鬼に怯える人々は聖女の像に祈りを捧げていた。 その石像を見たソロモンは、その姿がアイムによく似ていることに気がつく。 当のアイムは偶然にもこの街に居た。夕飯の買い出しのために年ぶりに訪れたこの街で不運にもアクィエルに襲われ、古城の地下に多くのヴィータと共に捕まってしまっていた。.
  • 第2形態のほうが登場。 【デスピサロ】 または 【エスターク】 に 【はくりゅうおう】 を組み合わせると生まれる。 全ての能力がバランスよく上昇し、上限も高め。 特にかしこさが高くなるので本編で渇望していた呪文を使うのに向いているが、最初からムチを装備できるので、全体攻撃をさせるのもいいだろう。 配合面ではラプソーン第1形態を生み出すのに必要。 所持スキルは 【ドルマゲス】 。このスキルを上げるとなぜか 【メガンテ】 を覚える。 おそらく石化して爆発し消滅した最期のオマージュと思われる。 余談だが彼には 【ドルマ】 と呪文の名が付いているので 【スカウトQファイナル】 のクリア対象ともなっているが、初代に限り ドルマ ゲスという名前のくせに「ドルマけい とくい」を持っていない。.

Whotwi未登録ユーザー

トーポを手がかりにゲートがある洞窟付近までたどり着いたソロモンたち。トーポを狙う幻獣を倒したところで、サレオスと遭遇する。サレオスの助言で体を普通のサイズにすることができたネフィリムとキノミも一緒だった。サレオスに案内された洞窟内のゲートを指輪で封印し、保護したキノミをユフィールに診てもらうため近くの街へ移動することになる。 一方、メギドラルの理術研究院長コシチェイは被験体を二つも逃がしたことに業を煮やしていた。コシチェイはキノミの処分とネフィリム回収を命じ、残虐で知られる4体の蛹体「ジェノサイド・フォー」を放った。 そのうちの一体、青杖のガラジオスはトーポが好物であり、匂いを嗅ぎつけてソロモンたちに接近する。任務をすっかり忘れて私欲で襲いかかるガラジオス。ソロモンたちはこれを撃退するが、言葉を話す蛹体なら交渉ができないかと思案している隙に逃げられてしまう。.

目次 『ニーアオートマタ』攻略設定資料に基づいた考察 「ヨルハ計画」首謀者の正体は? 関連記事. 鉄人形を調査していた一行の前に、普段とは違う姿をしたゼパルが現れ、斬りかかる。 そこへゼパルの伝言により町に来ていたフラウロスも現れる。 ゼパルは過去の因縁の相手とケリをつけるつもりだったが逆に洗脳されてしまったらしく、人形を回収して逃げてしまう。 情報を求め次の町へ向かう途中の森で、一行は先に行ったフラウロスが幻獣に襲われていたところに遭遇する。 更にそこへゼパルが現れ、洗脳が解けたフリをしてフラウロスを襲い、致命傷を負わせた。 もはや回復の手立てがない傷だったが、突然ソロモンの指輪が反応。 フラウロスを「再召喚」することで救出し、フラウロスは新たな姿と能力を得た。.

NieR:Automata 2BA2. SMS .

いまブロマガで人気の記事

森の奥で「クリス・マウス」に進化した幻獣を倒したソロモンたちだったが、ネズミ幻獣の増殖は止まらない。そこでソロモンの指輪が青く光り、再召喚の時を告げる。ソロモンはアモンを再召喚することで呪いの指輪から最後のフォトンを奪い、アモンが瞬く間に幻獣を葬ると共に、指輪はボロボロになって崩れ雪のように吹き飛んで消えた。生まれ変わったアモンは「赤の他人」としてライオに別れを告げる。その後、役目を失った金で孤児院にプレゼントを配るライオの姿があった。 こうして事件は収束し、一行はアジトへ帰った。クノスペで楽しめなかった代わりにアジトで降魔祭を開催しようというヴィネの提案で、ウェパルやグラシャラボラスが準備に動き出す。 ソロモンは表に出て、思わぬ寒さに身を震わせた。空から雪が舞い始めていた。.

街に到着したソロモン一行は幻獣を撃退しながら傭兵団との合流を目指す。そこで多くの被害が生じている街の姿を見たアイムは、胸の内に燃える「怒り」を自覚する。 その「怒り」がリジェネレイトを誘発した。幻獣に破壊された聖女像の下に再召喚されて降り立ったアイムは、新たな力で次々と幻獣を蹴散らしていく。 援護のために召喚されたフラウロスとヒュトギンは若干置いてけぼりにされつつも、アイムに加勢して戦い始める。. ソロモンたちは王都襲撃を指揮している「目的意識」を持った幻獣を探しに森へと入った。 そこへ髪にメギドを宿した少女サラが現れる。奇妙な幻獣ブラブナを追うサラを怪しんだ一行は彼女の後を追う。すると同じくブラブナを追いかけるプルフラスと再会した。 ブラブナはサタナキアの作り出した幻獣の餌だとプルフラスが言う。それを知ったソロモンたちは王都襲撃と無関係ではないかもしれない可能性を考え、プルフラスに協力し、サタナキアを探すことになる。.

  • 第1回考察 において、ヨルハ計画を主導していたのは機械生命体ではないかという仮説を述べている。 しかしこれは誤りであり、本作ディレクターのヨコオタロウ氏自身の口から 「アンドロイド側と機械生命体が裏で繋がっていることはない」とはっきり否定されている。 本編中で明かされる通り、人類軍司令部 人類会議 が実際には存在しない組織であり、強いて言えば月面の人類サーバーが計画の司令部に当たるということだ。 アンドロイドと機械生命体の戦争を取り仕切る上位組織のようなものも存在しない。.
  • これにより多くの 森妖精 エルフ 達が命を拾う事になるのだが、運よくその少年の姿を目にする事の出来た者達は口々に真なる王の出現を口にした。.
  • 以下の記事では関連した情報を取り扱っています。 『ニーア』世界の年表とおもな出来事 設定資料に隠されたメッセージについて.
  • 前作『NieR Replicant』開始以前の時系列では、あるアンドロイドと4人のレプリカントによって「レギオン」が壊滅され、世界を浄化したとある。 計画の首謀者との関連性は定かではないものの、この時点から世界の歴史にかかわる存在が『オートマタ』でも生き残っているのであれば、重要参考人であることに疑いの余地はない。.

HTML convert time: 0? EX 4. 212 DQMB2L8312 1 .

ニーアオートマタ クリア感想 人の定義とは

激突の末に和解し、安心したのもつかの間。 誤解に気づき、アマイモンを止めるため奔走していたジニマルが、 大型の幻獣と混ざり怪物と化してしまう。 ジニマルが倒した幻獣の魂が行き場をなくし、ジニマルの仮初めの現身に入り込んだのだ。. ぬいぐるみに占領されたという街に赴いたソロモン一行は、 その元凶たる「フォルマウスの4冥王」の名を冠するメギドたちと遭遇する。 魂なき軍団の王・コルソン、蒼海の滅王・ジニマル、死を紡ぐ策王・アマイモン。 彼らはメギドラルの中央議会と反目する勢力であり、かつてはガープもその一員だった。 彼らはガープを、ガープは彼らを互いに「裏切り者」と呼び、闘志を顕にする。 だがそれは中央議会の罠だった。 4冥王の力を恐れた中央議会は、その力を削ぐため情報操作によって ガープと彼らを仲違いさせ、不意打ちのようにガープを追放したのだ。 激突の末に和解し、安心したのもつかの間。 誤解に気づき、アマイモンを止めるため奔走していたジニマルが、 大型の幻獣と混ざり怪物と化してしまう。 ジニマルが倒した幻獣の魂が行き場をなくし、ジニマルの仮初めの現身に入り込んだのだ。 一縷の望みを懸けてジニマルを倒すも、壊れた肉体は元に戻らない。 誰もが諦めかけた状況で、ソロモンはジニマルの魂を足がかりにメギドラルから彼女のメギド体を引き寄せ、召喚に成功する。 元よりソロモン王と同盟を結ぶためにヴァイガルドを訪れていた4冥王は、ジニマルの救出の恩もありソロモンに力を貸すことに決めた。.

町は悪夢だけでなく食糧難にも見舞われており、 町長の息子アランと隣村の村長の娘エリスの結婚でもって食料配給を活発化させる計画が動いていた。 ところがアランには幼馴染にして想い合う相手フィオナがいた。 フィオナはエリスの親友でもあり、3人はそれぞれの幸せを考えながらも町人の皆のために望まぬ結婚を敢行しようとしていたのだった。. 配合方法や使い道は前作と同じ。 【他国マスター】 がこいつとレオパルド、 【ゲモン】 というパーティを率いていることがある。DQ8でゆかりのあったメンバーである。 新たに 【新生配合】 で 【ギラ系のコツ】 を習得。 また、 【メガボディ】 化で 【ヒャドブレイク】 、 【ギガボディ】 化で 【AI2回行動】 を覚える。.

…BD….

また読む:

ちっぽけ な 役者

キン肉 マン ミート

ゴールデン ボンバー エピソード

北斗の拳 転生 設定判別 朝一

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020