宇宙 開発 税金 の 無駄

発行者: 21.09.2020

宇宙開発に関心を持っていただくには、どうすればいいと思いますか? 宇宙への進出は人類の夢なんだ、という過去の発想を止めることです。いまや、宇宙へ行くことは現実なんです。宇宙は新しいフロンティアであり、新しいビジネスチャンスがあるという現実の世界を、人々にわかりやすく説明するべきだと思います。 人と話をするときに、自分に対して好意的な人と、批判的な人とでは話し方を変えますよね。宇宙開発についても同様で、誰もが宇宙に好意的であるわけではないのだから、みんなが宇宙を好きだと思って話しかけてしまってはダメでしょう。ミッションの説明をするときにも、批判的な人と接するように、もっと丁重に説明したほうがいい場合もあると思います。.

専門家が解決した質問 一覧を見る.

知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。. そういうバカげた話はすぐニュースで騒がれますが、いつの間にか忘れられ問題はそのまま。 宇宙の研究の舞台は特殊で象徴的だから失敗も目立ってしまいますが、日本があちこちで 無駄に垂れ流している金額と比較してみれば小さいものだともわかるんですが、 何百億だの何千億だのの桁になると、扱うことが少ないからイメージしにくくて理解されにくい。. コメント お名前. 真山仁 (まやまじん) 小説家 同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、年に、企業買収をめぐる人間ドラマ『ハゲタカ」で小説家デビュー。年に『ハゲタカ』シリーズを原作とするドラマが放映され、大きな反響を呼ぶ。他の著書に『マグマ』『ベイジン』『コラプティオ』『海は見えるか』『当確師』など多数。. プロデューサーとは? いろいろな先端技術を目利きし、資金調達できる人。つまり、その技術が将来的に金になるかどうかを見極め、ビジネスにするための資金調達をするプロデューサーです。資金を集めるためには、投資家に対するプレゼンテーション能力も求められます。国がこのような優秀なプロデューサーにも補助金を出すようになれば、信頼を得られて、さらにお金が集まるでしょう。日本はいまだに、モノには投資するけれどキーマンとなる人には投資しないところが、まだまだなのだと思います。このキーマンも、日本の場合は10人中10人が成功しなければならないと考えがちですが、10人に1人が成功すればいい、つまり9回失敗してもいいから、どれか1つでも世界で一番を獲ればいいと思います。 やはり、新しいもの、競争力のあるものを作ろうとすると、金を惜しまない投資も必要なんです。いずれにしても、日本の人たちに宇宙開発の必要性をもっと理解してもらわなければならないのでしょうね。先ほど申し上げたように、私も以前は日本の宇宙開発のことをよく知らず、否定的でしたから。.

確かに無駄ですね。ベラボウにお金がかかりますからね。 そんな金があるなら、借金返すのに費やせって感じです。. イプシロン打ち上げ日の細かい描写が印象的でした。 イプシロンロケット打ち上げ直後の森田プロマネ(左) 打ち上げが成功した後の記者会見で、森田さんが開口一番、「みなさん、おめでとうございます。イプシロンが打ち上がって、本当に良かったです」とおっしゃったんです。最初は聞き間違えかと思いました。でも明らかに、森田さんはスタッフ全員に向かって「おめでとう、良かったね」と賛辞を送っていたのです。打ち上げが延期された責任は一身に背負い、成功の喜びはスタッフやマスコミ、宇宙ファンとともに分かち合う。これこそがプロマネなのだと感動しました。小説はフィクションですが、宇宙の現場取材で見たことをなるべく忠実に再現したいと思ったので、この森田さんのコメントも小説に入れさせていただきました。.

1 1. 291. w 1 .

すべてのカテゴリ 政治、社会問題. 記事へのコメント(4) twitter. 真山さんは執筆前の準備に1~1年半の時間をかけると聞きました。宇宙関係の取材はいかがでしたか? 年に行われたイプシロンロケット打ち上げ イプシロンロケットの森田泰弘プロジェクトマネージャをはじめ、ロケット開発に携わる研究者にお話を伺うことができました。森田さんが、「ロケットの打ち上げが話題になっている間はだめだ」とおっしゃったのが印象に残っています。今や飛行機で世界を行き来するのが当たり前となり、飛行機が飛ぶこと自体がニュースになることはありません。同じように、ロケットで人やものを宇宙へ運ぶことが当たり前となる時代を切り拓いていくのが、自分たちの使命だとおっしゃったのです。打ち上げよりも、何のために宇宙へ行くのかということに、もっと目を向けなければならないと伺い、それを小説でも伝えたいと思いました。 また、週刊誌で『売国』を連載中の年に行われたイプシロンロケットの打ち上げも見に行きました。19秒前にカウントダウンが中止になった8月27日と、成功した9月14日、どちらも行っています。当日はマスコミ用の展望席もあったのですが、一般見学席の抽選に当たったので、皆さんの反応を知りたくて、そちらで見ました。第一回目の打ち上げが中止になったときのことは、今でもよく覚えています。自由席なので場所取りで朝早くから行き、望遠鏡を構え、今か今かと打ち上げを何時間も待ちわびていました。ところが、打ち上げ時刻になってもロケットが打ち上がらないのです。そのあとの記者会見で、ロケットの自律点検システムが姿勢の異常を誤検知したためだという理由がわかりましたが、森田さんは「コンピュータが不具合を検知して打ち上げを自動停止したのだから、これは失敗ではなくて、全て成果なのだ」と言いました。そして、普段は失敗を批判するような報道記者たちからも、それに賛同する声があがったのです。私はこの反応に驚きました。それだけではありません。一般の方の反応も、私にとっては驚きでした。.
  • 真山仁 (まやまじん) 小説家 同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、年に、企業買収をめぐる人間ドラマ『ハゲタカ」で小説家デビュー。年に『ハゲタカ』シリーズを原作とするドラマが放映され、大きな反響を呼ぶ。他の著書に『マグマ』『ベイジン』『コラプティオ』『海は見えるか』『当確師』など多数。. 宇宙開発 貧民層 無駄遣い 血税 太陽系 惑星 うちゅう.
  • ハゲタカの小説家というと、多くの人が株式や投資について、詳しくなった作品ですね。私の周りにも、それを真似て色々とデマを仕掛けてくる人が現れました。 でも、このドラマのおかげも数%の助けとなって、公益性の高い技術を守っています。特許法や民法、JAXAの場合は宇宙基本法や国際宇宙条約を予習しておくと面白い話なのでしょうか?.

なぜ宇宙に大金を使うのか

鈴木崇史 中小企業診断士・経営革新等認定支援機関スモールM&Aアドバイザー. このカテゴリの回答受付中の質問 一覧を見る. 研究機関への研究データの提供について Yahoo! 宇宙開発 貧民層 無駄遣い 血税 太陽系 惑星 うちゅう. 確かに無駄ですね。ベラボウにお金がかかりますからね。 そんな金があるなら、借金返すのに費やせって感じです。. 君には向上心てあるかな。人間は向上心がないと犬や猫、獣と同じなのだよ。 福沢諭吉の「学問のススメ」に「ただ飯を食うために生きるのは獣と同じ、獣も飯を食うために生きている。人間の違うところは生活の質をあげたいという向上心があることにある」 宇宙に行きたいという人類の夢も生きる為に必要なことなのです。 わからなければ、自分に置き換えるといいです。質問者さんは学生ですか社会人ですか、ただ飯を喰うためだけに生活をして幸せかな。. 不適切な投稿でないことを報告しました。 閉じる.

JAXA. [ 10 ]. … 0 .

ベストアンサーに選ばれた回答

並び替え:回答日時の 新しい順 古い順 [ 次の10件 ]. 岡正伸 葬儀. 真山さんは執筆前の準備に1~1年半の時間をかけると聞きました。宇宙関係の取材はいかがでしたか? 年に行われたイプシロンロケット打ち上げ イプシロンロケットの森田泰弘プロジェクトマネージャをはじめ、ロケット開発に携わる研究者にお話を伺うことができました。森田さんが、「ロケットの打ち上げが話題になっている間はだめだ」とおっしゃったのが印象に残っています。今や飛行機で世界を行き来するのが当たり前となり、飛行機が飛ぶこと自体がニュースになることはありません。同じように、ロケットで人やものを宇宙へ運ぶことが当たり前となる時代を切り拓いていくのが、自分たちの使命だとおっしゃったのです。打ち上げよりも、何のために宇宙へ行くのかということに、もっと目を向けなければならないと伺い、それを小説でも伝えたいと思いました。 また、週刊誌で『売国』を連載中の年に行われたイプシロンロケットの打ち上げも見に行きました。19秒前にカウントダウンが中止になった8月27日と、成功した9月14日、どちらも行っています。当日はマスコミ用の展望席もあったのですが、一般見学席の抽選に当たったので、皆さんの反応を知りたくて、そちらで見ました。第一回目の打ち上げが中止になったときのことは、今でもよく覚えています。自由席なので場所取りで朝早くから行き、望遠鏡を構え、今か今かと打ち上げを何時間も待ちわびていました。ところが、打ち上げ時刻になってもロケットが打ち上がらないのです。そのあとの記者会見で、ロケットの自律点検システムが姿勢の異常を誤検知したためだという理由がわかりましたが、森田さんは「コンピュータが不具合を検知して打ち上げを自動停止したのだから、これは失敗ではなくて、全て成果なのだ」と言いました。そして、普段は失敗を批判するような報道記者たちからも、それに賛同する声があがったのです。私はこの反応に驚きました。それだけではありません。一般の方の反応も、私にとっては驚きでした。.

Yahoo.

News from Google

現在JavaScriptが無効になっています。 Yahoo! すべてのカテゴリ 政治、社会問題. 知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。. 宇宙開発って、税金の無駄遣いの最たる例ですよね? 人間は、いつまで宇宙に夢見てるんですか? 宇宙開発に使われている血税を使えば、 世界中の貧民層がどれだけ救われるか・・・.

JAXA. [ 10 ]. 22. 101010191. JavaScript Yahoo. 4 twitter.

Focus on the user and all else will follow

そういうバカげた話はすぐニュースで騒がれますが、いつの間にか忘れられ問題はそのまま。 宇宙の研究の舞台は特殊で象徴的だから失敗も目立ってしまいますが、日本があちこちで 無駄に垂れ流している金額と比較してみれば小さいものだともわかるんですが、 何百億だの何千億だのの桁になると、扱うことが少ないからイメージしにくくて理解されにくい。. 記事へのコメント(4) twitter. 不適切な投稿でないことを報告しました。 閉じる.

291? JavaScript Yahoo.

また読む:

ゴースト ライダー アメコミ

初恋 実ら ない

ボーダーラインソルジャーズデイ

エンポリオ 女 ホルモン

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Asuka 22.09.2020 04:18
イプシロン打ち上げ日の細かい描写が印象的でした。 イプシロンロケット打ち上げ直後の森田プロマネ(左) 打ち上げが成功した後の記者会見で、森田さんが開口一番、「みなさん、おめでとうございます。イプシロンが打ち上がって、本当に良かったです」とおっしゃったんです。最初は聞き間違えかと思いました。でも明らかに、森田さんはスタッフ全員に向かって「おめでとう、良かったね」と賛辞を送っていたのです。打ち上げが延期された責任は一身に背負い、成功の喜びはスタッフやマスコミ、宇宙ファンとともに分かち合う。これこそがプロマネなのだと感動しました。小説はフィクションですが、宇宙の現場取材で見たことをなるべく忠実に再現したいと思ったので、この森田さんのコメントも小説に入れさせていただきました。.
Kentaro 29.09.2020 23:44
知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020