らくだ い 魔女 フウカ 熱

発行者: 22.09.2020

続きだよ! そういうとカリンは恥ずかしそうに 赤面しながらうつむいて 「そっ、そうねぇ。フウカちゃんとチトセ君にあげようかしらぁ! ほっ、ほらチトセ君には、いつもお世話になってるしぃ!」 カリンは危うく材料をこぼしそうになった。 [カリン分かりやすいなぁ。] 「そういうフウカちゃんは誰にあげるのぉ?」 「あたし?あたしはねぇ、カリンでしょ、あと・・・」 私の頭にはチトセが浮かんできた。 なっ、何であいつがっ! でも、いつもお世話になってるしなぁ。.

志穂さん 初めまして!

こんにちは! コロンさん、フウカを呼んだのが 誰なのか気になります! 頑張ってください! ではでは、書きます! 「らくだい魔女と永遠の約束」 〜23 蘇る伝説の竜? 他の皆様も、小説頑張ってください。 ボカロ聞いて、嵐聞いて、がんばります。 私事で、すいませんでした。 それでゎ!

沢山のご感想ありがとうございます!! あいさん、アリスさん、なーさん>いつも暖かいお言葉ありがとうございます!! これからも、努力します!!. こんにちわ・・・ いいえ、始めまして・・? 女性っつーのは知ってたんけど・・・。 ほんでわ! ガラガラ・・・・ (えっ!) なんと、そこに居たのは黒の城のキースだった。 「どうして(だ)!」 あたしは、思わず叫んでしまった。 後ろを見ると、チトセも立ち上がっている。 (ど・・・どうしてキースが居るの〜). もちろん、私も謝ります。 お願いします。 あと、言い方なのですが、自分の書いた文を 1度見直してみてください。 書き込んでいるものなので、きつくなってしまっている部分は 直せると思うんです。 お願いします。 ~ここに参加している皆さんへ~ くだらないことで言い争いをしてしまって 誠に申し訳ありませんでした。 半分以上私が悪いので 何か問題があるのなら 私に言ってください。 本当にすいませんでした。.

… … …… … ………… … … …… ! … … !

今日2回目のさるぼぼだよー じゃまた小説!! あーきになる。 もうマリアとななこで書いちゃおうよう 返信.

夢小説こつこつ書きます。

小説ね。 さわやかな風に吹かれ、制服の袖はバタバタと音をたてる。 「1週間トイレ掃除なんてイヤーッ!!! まさか、友希にしてもらえるとは・・・ 本当に、ありがとう! kusanaさん あの、一つ質問なんですけれど、どうしてそんなに 食い掛かってくるんですか? 前の 「うるさいわよ、利理愛! こんにちは! ヒカルです! 小説書きますね。 「らくだい魔女と永遠の約束」 〜2 忠告 〜 チトセ目線 吸い込まれそうなほど黒い 髪と目。 見たこともないような 冷酷な笑み。 まるで別人のような オーラを放っているが、 そこにいるのは 紛れもなく 俺の幼なじみの フウカなのだ。 チ「フウカ・・・・か・・・・?」 フ「他にだれがいるっていうの?」 口調はかわっていないが、 その声は驚くほど 冷たかった。 チ「・・・とにかく、1度先生の所へ・・・」 するとその声を遮るように 洋「フーウーカッ」 と、1人の男が現れて フウカに抱きついた。 チ「なっ!?お前・・・」 なにしてる!!と言おうとしたとき・・・ フ「洋!!来てくれたの!?」 そう言うと フウカは顔を輝かせた。 フウカはあいつを知っているのか!? フ「あっ!チトセ!紹介するねっ!  こっちは洋!あたしの友達!」 洋「チトセ君だね!よろしく〜!」 よく見ると、その洋ってヤツも 髪と目が黒い。 そう思っていると、 カ「チトセく〜ん!」 チ「カリン!?」 振り向くと、さわぎを聞きつけたのか クラスのみんな・・・だけでなく、 学校中のみんなや先生達もいる。 全「フウカ・フウカちゃん・フウカさん!!」 フ「ごめ〜ん!洋!  さわぎがおっきくなっちゃったみたい〜!」 フウカが申し訳なさそうに洋に言う。 洋「ん〜・・・   別にいいんじゃない?   どうせ伝わるんだし。」 フ「あ〜・・・それもそうか!」 チ「・・・おい、なにをしている。」 フ「ああ、うん。実はね、  あたしは、ここに忠告をしにきたの。」 チ「忠告?」 フ「うん。えっとね、  あたし達はまたいつかここに来るよ?  でも・・・・・  そのとき生き残っているのは、  この大陸の一部の人だと思って。」 チ「は?なにいって・・・・」 フ「その答えは今に分かるよ。  じゃあね〜っ!」 そう言うと、フウカは消えた。 チ「どういうことなんだよっ!   フウカ・・・・・っ」 そう叫んだが、 その答えは返ってくるはずもなかった。 とりあえず、今日はここまででっ!.

しろかさん 友申嬉しいです! 寂しいな・・ さようなら、そして、ア・メーラ!!

  • ひさしぶりに書きます。 〜〜〜〜〜〜〜〜 「キース!」 「フウカ!やぁ偶然だね。」 「う うん」なぜだか自然と顔が熱くなった。 「話しは終わったか。」チトセがイライラしながらキースとの間にわって入って来た。 「用がないならいくぞ。」 「ちょ ちょっとチトセ。」チトセが、あたしの腕をつかみいこうとしたとき 後ろからキースに腕をにぎられた。  ドキ!心臓がはねあがる。 (あれ。なんでこんなにドキドキしてるんだろ) 「ちょっと待って。フウカきみに話しておきたいことがあるんだ。」 「え!なっなに?」 「じつは今ここに ほかの星からきた奴らがいるみたいなんだ。」 「え・・・・」 「いま黒の城のほうで探してる。奴らの目的は、もしかしたらまた・・・」キースは、あたしの髪を見た。 ズキ また髪のこと・・・  「だいじょうぶ きっとみつけるから。」そういってキースはフッと消えてしまった。 「フウカだいじょうぶか?」 「うっうん」そう答えたが心は、重いままだった。 〜〜〜〜〜〜 どうもユリナです。あんまり話し進まなくてごめんなさい。次から進めていきますので。.
  • ww みなさんもダメだし、どんどんお願いします!! って話になっ たの。 「怪談話かよ。俺はそーいう根も葉もない噂話はきらいなんだよ。」 と、チトセ。 「でしょ、こわいんでしょ。」 「べ、べつにこわかねーよ。」 「じゃあ、あたしがしっているとっておきの話をするわ。」 へへーん、これはみんな怖いとおもうな。 「ほんと?

ww             . … … … …… ………… … .

二次創作小説(紙ほか)

うちのとくらべもんにならんわ~ うちの小説どう思う? なんか、かんでしまったような…w まぁ、そんな事よりも… っていうか、赤Tくんとは別の人だよっ! もうしてるけど。 塾いってるの!? お説教とかで」 「ムッ。チトセは黙っててよ」 「おい」 「ん?

かってにあたしのせいにするのやめてくれる!」 するとチトセは、 「ハーーー」っと、わざとらしく、ため息をついた。 (こいつ!! いやならいいです。 チトセ「お前なんてお呼びじゃねーんだ。ぺっ、ぺっ! 一問だけあってる。」 ・・・バカ。 「フウカさん。」 やばっ、あたしじゃん。 点数をかくにんする。ああ、よそうどおりの0点・・・。 みんながよばれてせきにつく。 「今回はとても悪い点数でしたよ。」 と、パティ先生がいった。 そう、だってチトセなんて25点よ! 行がえ・・・ですか。 苦手分野かも・・・・w まぁ、苦手を得意にするのも・・・! それから・・・年は、10才だよ。 ちなみに、今4年生なんだ。 またまた質問・・・しつこいよねー -.

smaile agein 1 3. …… i .

この作品の前後に投稿された作品

ww みなさんもダメだし、どんどんお願いします!! どうしよっかなぁ」 正直今はしたくなかった。すると 「ごめんなさい、私あんまり運動好きじゃなくて・・・みんなで行ってくれる? お説教とかで」 「ムッ。チトセは黙っててよ」 「おい」 「ん? 初登場のSunです! 二次小説の所に作っちゃったけど、雑談専用の部屋を作ったよ! 返信.

ok by.

また読む:

高校 数学 公式 因数 分解

ピッコロ 大 魔王 画像

格闘 家 角田信朗

高校 物理 の 備忘録

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Ryoichi 24.09.2020 02:00
などなど・・ 好きなキャラ:フウカ!
Nari 23.09.2020 20:50
同じ人じゃないんですが・・・。 あと、らく魔女が嫌いならここには参加しないと思います。 嫌いならホームページなんて見に来ないですし。. 沢山のご感想ありがとうございます!! あいさん、アリスさん、なーさん>いつも暖かいお言葉ありがとうございます!! これからも、努力します!!.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020