中国 武将 ランキング

発行者: 24.09.2020

貂飼い さん. 戦上手なら、天才的な指揮をとった諸葛亮でしょうね。 劉備は彼のおかげで蜀を建国することができました。 一騎打ちなら、呂 布でしょうね。 呂布は腕力が常人よりも遥かに強く、弓術・馬術にも秀でていたため、前漢時代に活躍した李広になぞらえて飛将と呼ばれていました。 三国志でも、常に最強の武将として描かれています。. 史上最も謎多き人物、シェイクスピアの真実は「7人説」にあり?驚きの仮説とは あの有名なシェイクスピアは、実は7人いた!?

おすすめ一覧 歴史上の事件・出来事一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事. 本作は、そうした従来なら統一前の小さな出来事として処理される、秦王前半期についてかなりの割合をさいています。 戦乱をテーマとしていますが、それ以外のひとつひとつの事件に対する描写も非常に細かく、まもなく50巻刊行にも関わらずようやく中華統一へと動き出したばかりなのです。. この手のご質問は過去にも何度かあり、私も何度かお答えしています。 例えば、韓信と郭子儀、韓世忠と戚継光が実際に戦ったわけではありません。そして、例えば白起であれば、同時代に廉頗がおり、この2人の決戦はありませんでしたから、どちらが上、とは一概に言えませんし、騎兵を率いた北朝の将軍が船団を率いた南朝の将軍との勝負に勝っても負けても、それはどちらが優れていた、といえるものでもありません。 そして、私は宋以降はほとんど知りません。 正直ほとんどの意見にケチがつけれてしまうのです。 で、ケチがつくことを承知で一人挙げるとなると、戦上手は唐の李靖に一票です。北で突厥を打ち破り、南で江南平定に活躍した人物です。南北双方で活躍した点、終わりを全うした点で彼を挙げました。 一騎打ちのほうもちょっと説明を要します。中国の将軍、というものは、乱世を除いて、ほぼ知識人です。文人偏重で武人を文人より軽く見るのが伝統で、体を動かすことを軽視していたのが知識人なので実戦ではなく理論を重視したはずです。だから、兵法がもてはやされたと私は考えています。だから、中国内でのうちわの戦いなら、お互いそうだから互角にみえても、異民族が攻めてくると、中華の人の思考の死角になっている戦いを仕掛けてくるので、負ける、というところだったのではないかと思っています。 で、大将というのは基本的に後方から指示を飛ばして先陣にはいないのが基本です。・・・例外はもちろんいて、例外だからこそ歴史に名を残します。普通のことは日記にはかかないのと同じです。 そして、一騎打ちとは技術の進歩にも関係し、鐙が発明されてから数が増えてきた、とお考えください。馬上で踏ん張れないと、めったなことでは一騎打ちなんてできませんし。ですから、南北朝あたりから増えていったということですね。 ですので、私はやはり唐の尉遅恭を挙げます。相手の将を傷つけずに生け捕りにしたこともありますし、生涯戦場でけがをしなかった、とも言われている人物です。 「一騎打ち」ではない個人の身体能力や武術の冴えだと、絞るのがさらに難しくなりますが、冉魏の冉閔、北魏の楊大眼や隋の沈光と麦鉄杖、唐の羅士信といったあたりは凄いです。たぶん、みんなwikiにでてるでしょうから、そちらを参照してください。.

アイコンの説明 知恵コイン 画像投稿. こういう場合は私は郭侃 かくかん をあげます。ちょっと卑怯かな?まあ、Wikiなりなんなりで調べて下さい。 ナイス 0 違反報告.

……. 2 7 1 .

漫画『名探偵コナン』カップルたちのおすすめ恋愛シーンを紹介!名言も多数 大人気の長期連載漫画『名探偵コナン』は、ミステリーでありながら、さまざまなキャラの恋愛模様も楽しめる作品です。作者・青山剛昌も「殺人ラブコメ」と称するほで、ラブコメをメインに楽しんでいる読者も多くいます。 今回は 王翦 (おうせん)も秦に仕える将軍。若い頃の功績は不明ですが、秦の中華統一で頭角を表し、趙や燕の都を落とす際に大きく貢献しました。もっとも有名なのが「楚平定戦」で、失敗した李信の後釜として60万の兵を率いて楚を滅ぼすのです。楚の強大さをよく知ったうえでの60万の兵の要請、そして先人の失敗を鑑みたうえでの戦後の迅速な引退は、戦に限らず処世術でも非常に優れた考え方でしょう。.
  • 貂飼い さん. 中国史上最強と思われる武将って誰でしょうか? 戦上手と、一騎打ちの2人お願いし
  • 中国在住で、研究者を目指しています。 好きなジャンルは主に中国古代・中世史ですが、日本史や前職の関係から料理にも関心があります。 研究の傍ら執筆業にも取り組んでおり、本とは離れられない毎日を過ごしています。.

長きにわたる戦乱の世を統一した秦は、斬新な方法で国の体制を固めていきました。 まず秦王が考えたのが、王を超える称号です。伝説の三皇五帝の徳を兼ね備えるいう意味で「皇帝」としました。皇帝は二世、三世と永遠に続くものとしたため、その最初である嬴政(えいせい)は後に「始皇帝」と呼ばれるようになります。 また、皇帝をトップに据え政治・軍事・司法の三権分立、その下に9つの専門機関を置いて皇帝がすべてを管理する中央集権体制を築きます。周王朝のような諸侯の自治を廃止して、全国を郡分けて中央から官吏を派遣する「郡県制」を採用しました。 経済面では、首都の咸陽から馳道(ちどう)と呼ばれる高速道路を築き、諸国でバラバラだった文字・貨幣・度量衡(重さ、長さ、体積)、車輪の幅を統一します。これによって交通、経済、商業が便利になり、制度や法律の制定がより迅速におこなわれるようになりました。 実はこうした一連の改革は、秦が戦国七雄と戦っている時から徐々におこなわれていました。しかし性急であったことから反発を生み、諸子百家の書を尽く焼き捨てさせた焚書(ふんしょ)、法による統治に反対する書生を生き埋めにしたといわれる坑儒(こうじゅ)などが起きます。 万里の長城、兵馬俑の建築など、人民を酷使する工事もあったことから、始皇帝には後世悪いイメージがついてしまうのです。 郡県制の施行を議論した際には、反対派が次のように主張していました。 「郡県制の施行は名案ですが、未だ諸侯の国の民や王族が数多くいる中で一挙に実行するのは反発を招くと思います。」 そしてそのとおりに展開していくのです。始皇帝が全国行脚の途中で亡くなると、彼ひとりで支えていたといっていい秦王朝は、急速に反発を受けることになります。打倒秦を目指して立ち上がった勢力の多くは、かつて秦に滅ぼされた王族またはそれに関係の深い一門でした。 そして始皇帝の建国から僅か15年で、秦は咸陽に攻め込んできた劉邦に降伏。皇帝は自ら王に降格し、まもなく攻め込んできた項羽に滅ぼされて滅亡しました。.

史実では、秦は確かに最終的に中華統一を果たし、現代まで続く中国の基礎を築きました。しかしそれは急速な改革の結果に過ぎず、実際は秦王政が幼い頃から問題ばかりの国だったのです。 本作は、そうした従来なら統一前の小さな出来事として処理される、秦王前半期についてかなりの割合をさいています。 戦乱をテーマとしていますが、それ以外のひとつひとつの事件に対する描写も非常に細かく、まもなく50巻刊行にも関わらずようやく中華統一へと動き出したばかりなのです。 登場人物のほとんどが、『史記』では何をしたのかわからなほどの記述しかありませんが、作者はわずかな事実からそれが記された意味を深く問い続け、キャラクターに人間味を与えています。 また力を入れているのが、「組織」の描写です。作者は普通のサラリーマンだったらしく、多様な人間と交流してきたことによって「人」を学んできました。本作にはかなり多くの登場人物が出てきますが、実社会をよく見てきた作者ならではの組織感、人間味が現れています。 歴史漫画ですが、少年漫画の王道である「勇気」「友情」「勝利」も感じることができ、壮大すぎる世界観をある種の安心感を持って読むことができるでしょう。 いよいよ天下統一に動き出した秦ですが、劣勢になっても諸国はまだ健在。一筋縄では行きません。この困難に信と嬴政はどう立ち向かっていくのでしょうか?まだまだ目が離せません。.

こういう場合は私は郭侃 かくかん をあげます。ちょっと卑怯かな?まあ、Wikiなりなんなりで調べて下さい。 ナイス 0 違反報告. この手のご質問は過去にも何度かあり、私も何度かお答えしています。 例えば、韓信と郭子儀、韓世忠と戚継光が実際に戦ったわけではありません。そして、例えば白起であれば、同時代に廉頗がおり、この2人の決戦はありませんでしたから、どちらが上、とは一概に言えませんし、騎兵を率いた北朝の将軍が船団を率いた南朝の将軍との勝負に勝っても負けても、それはどちらが優れていた、といえるものでもありません。 そして、私は宋以降はほとんど知りません。 正直ほとんどの意見にケチがつけれてしまうのです。 で、ケチがつくことを承知で一人挙げるとなると、戦上手は唐の李靖に一票です。北で突厥を打ち破り、南で江南平定に活躍した人物です。南北双方で活躍した点、終わりを全うした点で彼を挙げました。 一騎打ちのほうもちょっと説明を要します。中国の将軍、というものは、乱世を除いて、ほぼ知識人です。文人偏重で武人を文人より軽く見るのが伝統で、体を動かすことを軽視していたのが知識人なので実戦ではなく理論を重視したはずです。だから、兵法がもてはやされたと私は考えています。だから、中国内でのうちわの戦いなら、お互いそうだから互角にみえても、異民族が攻めてくると、中華の人の思考の死角になっている戦いを仕掛けてくるので、負ける、というところだったのではないかと思っています。 で、大将というのは基本的に後方から指示を飛ばして先陣にはいないのが基本です。・・・例外はもちろんいて、例外だからこそ歴史に名を残します。普通のことは日記にはかかないのと同じです。 そして、一騎打ちとは技術の進歩にも関係し、鐙が発明されてから数が増えてきた、とお考えください。馬上で踏ん張れないと、めったなことでは一騎打ちなんてできませんし。ですから、南北朝あたりから増えていったということですね。 ですので、私はやはり唐の尉遅恭を挙げます。相手の将を傷つけずに生け捕りにしたこともありますし、生涯戦場でけがをしなかった、とも言われている人物です。 「一騎打ち」ではない個人の身体能力や武術の冴えだと、絞るのがさらに難しくなりますが、冉魏の冉閔、北魏の楊大眼や隋の沈光と麦鉄杖、唐の羅士信といったあたりは凄いです。たぶん、みんなwikiにでてるでしょうから、そちらを参照してください。 ナイス 3 違反報告.

こんにちわ 私は黄忠に一票入れます 60歳を過ぎて関羽と互角! 呂布より強かったかも? ナイス 0 違反報告.

honcierge. ……. 60 0 .

“尽忠報国”を貫く忠義の漢

まずは春秋時代、紀元前年頃に生まれた 孫武 (そんぶ)。元斉の人間ですが、その兵法の巧さを買われて、飛ぶ鳥を落とす勢いの呉王・阖闾(こうりょ)に招聘されます。彼がいた時代、呉は各地を圧迫して大国・楚の都を落とし、斉や晋にも迫り、宿敵である越にも大打撃を与え、春秋末期最強の国になりました. 中国史 1 コロナは中国の研究所 から漏れ なぁーちゃん大好き親父 さん. 人間・始皇帝 岩波新書.

……. 2 0. javaScript JavaScript JavaScript .

質問した人からのコメント

周王朝は、商王朝を滅ぼした後、王族や功臣に土地を与えて、自治や世襲を許可する「封建制」を採用しました。周王朝がその宗主として中央を統治するという形をとります。 しかし長い年月をかけてしだいに衰退。紀元前年に異民族の侵略によって第12代・幽王(ゆうおう)が殺害され没落します。翌年新たに擁立された平王(へいおう)が洛邑に遷都、周王朝を再興しました。 しかし諸侯たちの手を借りねばならぬほど衰退した王朝は、政治的な権力を急速に失います。やがて諸侯は、王朝を補佐する「覇者」と呼ばれる立場を争い、各地で戦争を起こすようになりました。この戦乱がおよそ年にわたって続きます。 紀元前年、宋国の仲介で北の大国・晋と南の大国・楚が休戦協定を結ぶことで、一時平和が訪れました。 その後代わって起こったのが、国内での権力争いや下克上です。諸侯国の大臣である卿や大夫が、主君を追い出すもしくは殺害する事態が各国で発生します。 現在の山東省に位置する魯国でも、卿によって国主が国を追い出されてしまいました。これを嘆き、君主による礼を取り戻そうとしたのが、魯国出身の孔子です。彼のほかにも孟子、墨子、荀子など数多くの思想家が現れ、戦乱は諸子百家と呼ばれる思想家たちの隆盛を引き起こしました。 下克上の結果、斉の主君が呂氏(姜氏)から田氏に代わり、晋では本来の主君が韓、魏、趙の三氏に独立を許します。三晋の独立が認められた紀元前年が、一般的には春秋時代の終焉とみなされています。.

知恵袋カテゴリ 一覧を見る. わかりやすい中国史の本おすすめ5選!知っておきたい中国の歴史 今、身のまわりに中国の歴史上の人物や時代を扱った漫画や小説であふれています。それほど中国の歴史には魅力があるということなのでしょう。中国の歴史は長くて把握しづらいですが、興味を持った方がさらに理解を深められるおすすめの

  • JAPAN IDを暗号化するなど、個人を特定することができない情報に処理したうえで投稿内容、投稿日時などの投稿に関する情報を大学、独立行政法人などの研究機関に提供します。 Yahoo!
  • 研究機関への研究データの提供について Yahoo!
  • 覇王と呼ばれ、権力を掌握しながらも敗北した項羽。そして苦しい立場に立たされながらも最後に逆転勝利した劉邦。『史記』はこれを項羽と劉邦の人間性の差と記述していますが、現実はそう簡単に説明しきれるほど単純ではありません。 本書では、『史記』の記述を元に楚と漢の違いを国のシステムから考察し、『史記』に描かれたイメージに隠された意図と、東西地域の差とその統合を目指した漢王朝の成功について論じます。.
  • この手のご質問は過去にも何度かあり、私も何度かお答えしています。 例えば、韓信と郭子儀、韓世忠と戚継光が実際に戦ったわけではありません。そして、例えば白起であれば、同時代に廉頗がおり、この2人の決戦はありませんでしたから、どちらが上、とは一概に言えませんし、騎兵を率いた北朝の将軍が船団を率いた南朝の将軍との勝負に勝っても負けても、それはどちらが優れていた、といえるものでもありません。 そして、私は宋以降はほとんど知りません。 正直ほとんどの意見にケチがつけれてしまうのです。 で、ケチがつくことを承知で一人挙げるとなると、戦上手は唐の李靖に一票です。北で突厥を打ち破り、南で江南平定に活躍した人物です。南北双方で活躍した点、終わりを全うした点で彼を挙げました。 一騎打ちのほうもちょっと説明を要します。中国の将軍、というものは、乱世を除いて、ほぼ知識人です。文人偏重で武人を文人より軽く見るのが伝統で、体を動かすことを軽視していたのが知識人なので実戦ではなく理論を重視したはずです。だから、兵法がもてはやされたと私は考えています。だから、中国内でのうちわの戦いなら、お互いそうだから互角にみえても、異民族が攻めてくると、中華の人の思考の死角になっている戦いを仕掛けてくるので、負ける、というところだったのではないかと思っています。 で、大将というのは基本的に後方から指示を飛ばして先陣にはいないのが基本です。・・・例外はもちろんいて、例外だからこそ歴史に名を残します。普通のことは日記にはかかないのと同じです。 そして、一騎打ちとは技術の進歩にも関係し、鐙が発明されてから数が増えてきた、とお考えください。馬上で踏ん張れないと、めったなことでは一騎打ちなんてできませんし。ですから、南北朝あたりから増えていったということですね。 ですので、私はやはり唐の尉遅恭を挙げます。相手の将を傷つけずに生け捕りにしたこともありますし、生涯戦場でけがをしなかった、とも言われている人物です。 「一騎打ち」ではない個人の身体能力や武術の冴えだと、絞るのがさらに難しくなりますが、冉魏の冉閔、北魏の楊大眼や隋の沈光と麦鉄杖、唐の羅士信といったあたりは凄いです。たぶん、みんなwikiにでてるでしょうから、そちらを参照してください。 ナイス 3 違反報告.

7 1. JavaScript Yahoo.

春秋戦国時代の概要を簡単に解説

古代中国を舞台とした歴史大作長編漫画で、連載を始めて以来、異例ともいえる不動の人気を誇っています。 漫画界だけでなくビジネス界とのコラボレーション、アニメ化、実写特別映像など進展はとどまるところを知りません。. キングダム 1 ヤングジャンプコミックス. この手のご質問は過去にも何度かあり、私も何度かお答えしています。 例えば、韓信と郭子儀、韓世忠と戚継光が実際に戦ったわけではありません。そして、例えば白起であれば、同時代に廉頗がおり、この2人の決戦はありませんでしたから、どちらが上、とは一概に言えませんし、騎兵を率いた北朝の将軍が船団を率いた南朝の将軍との勝負に勝っても負けても、それはどちらが優れていた、といえるものでもありません。 そして、私は宋以降はほとんど知りません。 正直ほとんどの意見にケチがつけれてしまうのです。 で、ケチがつくことを承知で一人挙げるとなると、戦上手は唐の李靖に一票です。北で突厥を打ち破り、南で江南平定に活躍した人物です。南北双方で活躍した点、終わりを全うした点で彼を挙げました。 一騎打ちのほうもちょっと説明を要します。中国の将軍、というものは、乱世を除いて、ほぼ知識人です。文人偏重で武人を文人より軽く見るのが伝統で、体を動かすことを軽視していたのが知識人なので実戦ではなく理論を重視したはずです。だから、兵法がもてはやされたと私は考えています。だから、中国内でのうちわの戦いなら、お互いそうだから互角にみえても、異民族が攻めてくると、中華の人の思考の死角になっている戦いを仕掛けてくるので、負ける、というところだったのではないかと思っています。 で、大将というのは基本的に後方から指示を飛ばして先陣にはいないのが基本です。・・・例外はもちろんいて、例外だからこそ歴史に名を残します。普通のことは日記にはかかないのと同じです。 そして、一騎打ちとは技術の進歩にも関係し、鐙が発明されてから数が増えてきた、とお考えください。馬上で踏ん張れないと、めったなことでは一騎打ちなんてできませんし。ですから、南北朝あたりから増えていったということですね。 ですので、私はやはり唐の尉遅恭を挙げます。相手の将を傷つけずに生け捕りにしたこともありますし、生涯戦場でけがをしなかった、とも言われている人物です。 「一騎打ち」ではない個人の身体能力や武術の冴えだと、絞るのがさらに難しくなりますが、冉魏の冉閔、北魏の楊大眼や隋の沈光と麦鉄杖、唐の羅士信といったあたりは凄いです。たぶん、みんなwikiにでてるでしょうから、そちらを参照してください。.

7 1 2 0.

また読む:

伝説 の オナニー

黒子 の バスケ 赤司 夢 小説

神様 の 言う とおり 168

月蜥蜴 スキってイってるじゃん

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Shika 29.09.2020 00:29
王翦 (おうせん)も秦に仕える将軍。若い頃の功績は不明ですが、秦の中華統一で頭角を表し、趙や燕の都を落とす際に大きく貢献しました。もっとも有名なのが「楚平定戦」で、失敗した李信の後釜として60万の兵を率いて楚を滅ぼすのです。楚の強大さをよく知ったうえでの60万の兵の要請、そして先人の失敗を鑑みたうえでの戦後の迅速な引退は、戦に限らず処世術でも非常に優れた考え方でしょう。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020