中国古代王朝

発行者: 29.02.2020

国号の 元 は年に定められた。モンゴル帝国第5代ハーンのフビライ(世祖)が大都(北京)に遷都して、中国を支配。年 南宋 を滅ぼし、領域は中国全土からモンゴル本土を含み、朝鮮、チベットをも服属させた。11代で 明 の朱元璋に滅ぼされた。. 中国の思想史において、「道教」という言葉が最も古く用いられているのは、前4世紀頃の成立だと推定される『墨子』の「非儒篇」と、前3世紀頃の成立だと推定される「耕柱篇」においてである。「非儒篇」では、儒者、すなわち当時の孔子の学派の儒学者たちが、自分たちの教を「道教」と呼ぶのは正しくないと批判を行なっている。さらに「耕柱篇」では、墨家の学者が、墨子の教説こそが真正の「先王の道教」であると強調している。「先王」とは中国の最古代の夏・殷・周の三王朝の聖王たちが実践した政治を規範とすることを意味する。儒者は、その規範を早くから「道教」と呼んでいた。しかし墨子の学者たちは、儒者のいわゆる「道教」 「先王の道」 を「似て非なるもの」だと批判して、自分たち墨子の学派こそ真正の「道教」であると強調した。だから、中国の思想史において「道教」という言葉を最初に用いたのは儒家の学者たちであるが、次いで墨家の学者たちが、儒学者の「道教」を批判し是正する意味で「道教」を用いた。墨家のいわゆる真正の「先王の道教」とは、夏王朝の禹王以来の上帝鬼神への宗教的な信仰のことであり、その祭祀の宗教儀礼の誠実な実践を根幹とするものである。墨子の学者は、儒者が、こういう宗教的な根幹を軽視もしくは無視していると見たのである。だからこそ、儒家のいわゆる「道教」が似て非なるものだときびしく批判した。ここでは儒家もしくは儒教が自称する「道教」が、墨子の上帝鬼神、すなわち天神の信仰の立場から否定的に批判されている。.

Previous Reading.

これまで道教は日本の文化に対してほとんどみるべき影響を与えていないと考えられてきた。その大きな理由としては、日本には神代の昔から固有の宗教思想として「神道(しんとう)」があるから受け入れる必要がなかったか、受け入れを拒んだからだとされる。しかし、「神道」という言葉は、その教義の中枢をなす「大神」 天照大神 、「神宮」 伊勢神宮 、「斎宮」や「神器」 三種の神器 、さらに「天皇」「上皇」「紫宸」「大極」などの言葉と同じく、もとは漢語であり、中国古代の宗教思想、つまり道教の用語であった。「神道」という中国語が日本古代で初めて用いられているのは、720年 養老4年 、元正天皇の時代に成った『日本書紀』である。『書紀』で用いられている「神道」の意味は、中国の後漢時代の中頃、山東琅邪 ろうや で成立した「神書」と呼ばれる『太平清領書』 道教の一切経『道蔵』の「太平経」 で多く用いられている用法に近い。.

舜(しゅん)は先の皇帝紐柊 せんぎよく の6代目に当たる人で、姓は有虞(ゆうぐ)名は重華(ちょうか)だとある。頑固な父と口やかましい継母と異母弟に悩まされたが、子としての道を守り弟を愛したと言われる。30歳で朝廷に起用されるが、始めは不徳を理由に起用を固辞したと言う。彼が1年住むと村ができ、2年で町となり、3年で都となったと言う。天体観測により「日月五星」の運行法則を定め、上帝・天神・山川の諸神それぞれに祀りを行ない、諸侯にそれぞれ「公」「候」「伯」「子」「男」の五種の瑞(たま)を授けて任じ(明治の爵位制度「公」「候」「伯」「子」「男」はこれにちなんだもの)、巡行を行ない、度量衡を統一し、刑法を定めた〔朝日百科『世界の歴史』(3)12頁〕。舜は堯の帝位を代行して31年目に61歳で帝位に就いた。その17年後、在位39年で禹を推薦して帝位に就かせた。.

チベットでは独立運動が高まったが、政府はこれを運動家に対する拷問など暴力によって弾圧した。このため多数の 難民 がインドへ流入した。. 春秋時代 は 都市国家 の盟主どうしの戦いだった。しかし春秋末期最強の都市国家 晋 が三分割されたころから様子が変わる。その当時の晋の有力な家臣六家が相争い、最初力が抜きん出ていた智氏が弱小な趙氏を攻めたものの、趙氏が農村を経済的ではなく封建的によく支配し城を守りきり、疲弊した智氏を魏氏、韓氏が攻め滅ぼしたことで最終的に晋は 趙 、 魏 、 韓 の三氏に分割され滅亡した。このこともあってそれまで人口多くてもせいぜい5万人程度だった都市国家が富国強兵に努め、商工業が発達し、 貨幣 も使用し始めやがて 領土国家 に変貌しその国都となった旧都市国家は30万人規模の都市に変貌する。また 鉄器 が普及したことも相まって、農業生産も増大した。.

老子は道家の開祖とされる人物であるが、生没年は分からない。その著述と伝えられる書物も『老子』と呼ばれる。老子に関する最古の伝記資料である『史記』の「老子列伝」によれば、姓は李、名は耳 じ)字(あざな)は舛 たん といい、楚の苦県 こけん 河南省鹿邑県 の人である。かつて周の王室図書館(守蔵室)の役人であった。老子は、周室の衰運を見定めるや西方へと旅立ち、途中関(かん)を通った際に、関守の尹喜 いんき の求めに応じて「道徳」に関する書、上下2編を書き残し、いずくへともなく立ち去ったと言われる。しかし、『史記』の記述をそのまま歴史的な事実と見ることはできない。現在では、老子は、孔子(前551年~前479年)にややおくれて、前400年前後の人物とする説や、架空の人格とする説などがあるが、前5世紀に道家思想の先駆的な実践者として老舛(ろうたん)なる人物の存在を推定することができる〔蜂屋邦夫訳注『老子』ワイド版岩波文庫363頁〕。.

12 11 ! 43 .

驚くべき史記の正確性 劉鉄雲と交流のあった羅振玉(ラシンギョク)、そして王国維(オウコクイ)の2人は小屯村を発掘調査し、文字の刻まれた竜骨、青銅器、玉器などを多数発見します。 年辛亥革命勃発。日本への亡命を余儀なくされた2人は日本の学者の協力などを得て、竜骨に刻まれた文字(甲骨文字)の研究と解読に努めました。そしてある事実に到達します。 小屯村は殷王朝末期の都であるということ、甲骨文字で刻まれた殷王の名前と史記「殷本記」に記された殷王の名前がほぼ一致するということでありました。 物的証拠と文献資料の一致によってこれまで伝説とされてきた「殷」王朝の実在が証明されたのです。.
  • 文化大革命は後期になると国内の権力闘争や内乱状態を引き起こしたが、最終的に文化大革命は 年 の毛沢東死去で終結した。文化大革命では各地で文化財破壊や大量の殺戮が行われ、その犠牲者の合計数は数百万人とも言われている。また学生たちが下放され農村で働くなど、生産現場や教育現場は混乱すると、特に産業育成や高等教育などで長いブランクをもたらした。. 羯 (けつ) の石勒(せきろく)が年に建てた国。都はギョウ(河北省磁県)。7世でその臣冉閔 (ぜんぴん)に滅ぼされた。.
  • 甲骨文字には鬼方と呼ばれる強大な異民族を攻撃したときの様子が記されており、動員兵力数万人のうち投入された「媚」は3千人に達したと書かれています。 敵の「媚」を捕らえることは最大級の功績で「蔑暦」と呼ばれたと記されています。敵の「媚」は呪力を封じるために真っ先に殺されました。. この理論を応用したのが「五行相克 そうこく 」である。この理論は、周王朝の「火徳」から秦王朝の「水徳」への王朝の移行を説明するために秦によって利用された。後に漢の劉垢 りゅうきん によって「五行相生説」 水は木を生み、木は火を生み・・・・・)が提唱され、歴代各王朝は相生説に従って自己の徳を定めた。たとえば、北方を異民族に奪われた南宋朝が最初の年号を建炎 炎を建てる としたのは、宋 火徳 の再建という願いがあったからである。ちなみに、この相生説は唐代あたりから一族の命名にも使われ、一族の繁栄と永続という呪術的な意図もこめられるようになった。.

この記事が入っているマガジン

中国の建築については、古代の帝王がそこで政教を明らかにしたとされる「明堂 (めいどう)」と呼ばれる建物がある。政治、儀礼、祭祀、教育などの国家の重要な営みはすべてそこで行われた。後代には、「圜丘 えんきゆう 」という天をまつる壇や宗廟や、学校にあたる辟雍 へきよう などに分化していった。明堂は『周礼 しゆらい 』や『礼記 らいき 』などに記されているが、その具体的な規模についてはよく分かっていない。漢の時代には「儒教の殿堂」として徳治政治の拠り所とされた。「明堂」は、さらに意味が転じて、大宇宙を表わす星座の名や房宿のこと、医学では小宇宙を表わす人体の経絡 けいらく や孔穴 つぼ の部位を図示した「明堂図」、道教では体内にある「宮」の名などを意味するようになった〔ネット版平凡社『世界百科大事典』〕。. 詳細は「 倭寇 」、「 日明貿易 」、「 鄭和 」、「 土木の変 」、「 文禄・慶長の役 」、および「 サルホの戦い 」を参照. この記事の内容の信頼性について 検証が求められています 。 確認のための文献や 情報源 をご存じの方はご提示ください。 出典を明記し 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論は ノート を参照してください。 ( 年3月 ).

姫姓。 周 の成王の弟叔虞の後裔という。都は絳 (こう) (山西省侯馬市)。前7世紀後半、文公に至って 楚 を破り 周 を助けて国力大いに振い、領土は河北の南部、河南の北部に及んだ。権臣の力が強まり前年、 韓 ・ 魏 ・ 趙 (三晋)の3家に分割。前年に3家は周の王室から諸侯として認められた。前年、晋の公室は40世約7百年で三国に滅ぼされた。. 神話伝説 ( 三皇五帝 ). 殷が実存するという証拠が見つかったのはある偶然のきっかけでした。 年北京。金文(青銅器や石碑の銘文に刻まれた古代の漢字)を研究する学者であった王懿栄(オウイエイ)はマラリアに悩まされ、マラリアに効くという「竜骨」と呼ばれる漢方薬を服用していました。竜の骨という名前がついていますがもちろん龍の骨などではありません。地中から出土する亀の甲羅や象、犀、牛など獣の骨の化石を中国人は龍の骨であると信じ、薬として飲用していました。 当時、王懿栄の元に劉鉄雲(リュウテツウン)という人物が寄宿していました。 ある日、劉鉄雲は粉にする前の竜骨に目が留まりました。竜骨に何か文字のようなものが刻まれていることに気がついたからです。.

htm 年3月30日 閲覧。.

31 .

また、中国は 年 以降の 世界同時不況 下においても軍事費の増大はとどまるところを知らず、一党独裁を見直す気配もない。ただし 米中関係 は経済的には非常に密接であり、中国はアメリカ国債最大の保有国でもあるため、ロシアと違い露骨な 反米 でない。.

当時祀られていた神々は、山や河などの自然神、王家や部族の首長の祖先神などでした。 あらゆる神々の中で万物を超越しすべてを支配する最高位の神を「帝」または「上帝」と呼びました。 原始的生活からようやく抜け出し始めたこの時代、自然や神々への畏敬と信仰心は現代からでは理解しがたいほど大きかったのです。自然現象から病気にいたるまですべてが神々の御業であり、神々に満ち満ちていた時代でした。. 禹(う)は、黄帝の子孫に当たり、夏王朝の始祖である。堯帝の時代に大洪水がおこり、禹の父の扮 こん が治水にあたって失敗する。堯のあとを継いだ舜帝は、代わりに禹に治水を命じた。禹は益 えき や后稷 こうしよく などの部下とともに天下を経めぐって水を導き、農業などの産業を整備した。衣食を粗末にし、身を粉にして働いたことが禹の徳行として称賛されている〔ネット版平凡社『世界百科大事典』〕。書経の一つで夏・商(殷)・周の記録を孔子が編纂したと伝えられる『尚書』(しょうしょ)によれば、禹は、現在の中国の黄河と長江との間の広大な地域を分けて行政区画を行ない「冀(き)」「?

43 .

このクリエイターの人気記事

中国は人権問題でアメリカと対立がある。近年では大国復活への道を歩む ロシア と再び関係強化を強め、さらに ベネズエラ 、 イラン とも友好的であり、さらに人権弾圧国家とされる 北朝鮮 、 ミャンマー 、 スーダン 、 ジンバブエ を支援し、アメリカからの経済制裁中の キューバ とは 貿易 は密接になっている。.

貞人は集団の指導者あるいは神の代弁者として人々を導きました。 有力な貞人のもとに人々は集まり部族が形成され、部族が集合して国となります。部族連合の長、すなわち殷王も貞人の一族であり、祭祀王でありました。. 辛亥革命により清国が消滅すると、その旧領を巡って中華民国(中国)と西蔵( チベット )・外蒙古( モンゴル )・新疆( 東トルキスタン )の各勢力の間で対立が発生した。. 満州事変を受け、中国政府は日本の内満州占領を 国際連盟 に提訴し、 年 3月に国際連盟から リットン調査団 が派遣された。関東軍は同時期に 満州国 を樹立して内満州の中国からの分離を進めたが、 年 2月に国際連盟の総会で付議され成立した最終報告書では、日本の内満州における特殊権益を確認した上で 九カ国条約 の原則に基づき内満州は中国に帰属すると認定された。ただし、日本が最終報告書の成立を不服として 国際連盟を脱退 した為に関東軍は内満州の占領を解かず、日本の内満州における軍事行動は 年 5月に日中間で停戦協定( 塘沽協定 )が結ばるまで続いた。.

5 30. 12 .

宋 末、蕭道成 (しょうどうせい) (のちの高帝)が順帝の禅譲を受けて建てた国。都は建康。年、7世で一族の蕭衍 (しょうえん) ( 梁 の武帝)に滅ぼされた。 北斉 に対し、 南斉 とも呼ぶ。. 隋 の 文帝 は、均田制・ 租庸調制 ・ 府兵制 などを進め、中央集権化を目指した。また同時に九品中正法を廃止し、試験によって実力を測る 科挙 を採用した。しかし、文帝の後を継いだ 煬帝 は江南・華北を結ぶ 大運河 を建設したり、度重なる遠征を行ったために財政が逼迫し、民衆の負担が増大した。三回目の 高句麗 遠征に合わせて農民反乱が起き、 年 に隋は滅亡した。日本の 聖徳太子 から 遣隋使 ( 小野妹子 )が送られた。.

毛沢東は文革の目的をブルジョワ的反動主義者と「実権派」であるとし、劉少奇とその支持者を攻撃対象とした。毛沢東は 林彪 の掌握する軍を背景として劉少奇を失脚させた。しかし、文化大革命は政治だけにとどまることがなく、広く社会や文化一般にも批判の矛先が向けられ、反革命派とされた文化人をつるし上げたり、反動的とされた文物が破壊されたりした。. 江中流域を領有。 周 の武王の時、帝ギョクの子孫の熊繹 (ゆうえき) が封ぜられたと称する。都は郢 (えい) 。前年荘王の時、中原に覇を唱える。強大を誇ったが、前年 秦 に滅ぼされた。.

2 2 .

また読む:

シャルル アンリ・ サンソン

まだ 助かる まだ 助かる マダガスカル

9 16 イベント

ムスタング 戦闘 機

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Teruma 01.03.2020 01:05
張作霖 が 関東軍 に爆殺された後を継いだ 張学良 は国民革命を支持しており、自身の支配していた 内満州 を 国民政府 へ合流させた( 易幟 )。この為に 反日 運動が内満州にも広がったが、日本は 日露戦争 以降に獲得した内満州における権益を維持しようとしていた為にこれに大きく反発した。 年 9月、 満州事変 が起こると、 関東軍 は日本政府(当時、 若槻禮次郎 首相 ・ 第二次若槻内閣 )の意向を無視して大規模な武力行動を行い、内満州を 占領 した。しかし、列強はこれを傍観する姿勢をとったので、日本政府はこの行動を追認した。.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトpeinadoshoy.com へのアクティブなリンクが必要です。 © peinadoshoy.com 2009-2020